正月SP VS嵐のBABA嵐に木村拓哉が初参戦!関ジャニ横山裕らも

NO IMAGE

木村拓哉(47)がついに、2020年1月3日、フジテレビ「VS嵐」(木曜日PM7:00)放送のお正月3時間スペシャル(金曜日PM6:00)に出演することが、5日、同テレビ番組で発表されました。

SNSでも「BABA嵐にキムタク初参戦」と歓喜のツイートが後を絶ちません。

木村拓哉は「VS嵐」に初出演し、人気のコーナー「BABA嵐」こと「ババ抜き最弱王対決戦」に初参戦。

「BABA嵐」には、関ジャニ∞横山裕(38)も参戦します。

誰がジョーカーを引き当てるのか。

最後まで残るのは誰なのか、楽しみですね。

「BABA嵐」のルール

BABA嵐は、簡単に言うとトランプのババ抜きで、最も弱い人を決めるゲームです。

ルールは簡単で、最初、誰かがジョーカーを持っています。

そして、順番に、トランプを引いていきます。

最後まで残った人が、最も弱い「最弱王」になります。

単純なゲームですが、嵐のメンバーとゲストが死闘を繰り広げ、盛り上がります。

昨年の「最弱王」は

昨年は、予選2組目にドラマ「ブラックペアン」(TBS系)で、二宮和也と共演していた葵わかなが登場しました。

葵わかなは、二宮の印象をスタッフに「優しい」と話したら、「意外とそういう面もあるんですね」と言われたと明かし、スタジオは爆笑に。

最も盛り上った予選3戦目は、嵐のメンバー、大野智、相場雅紀、ゲストのディーン・フジオカ滝沢カレンが参戦。

過去4回「最弱王」になったことのある相場は、「神社に必勝祈願に行くようになってから負け知らずになった」と言うが、今回は収録前に行けなかったと言っていた。

「先週行ったから大丈夫」と言っていたが・・・・

桜井翔は、「相場くんならやっちゃいそう」と相場の負けを予想したが、予想に反して最初にカードが1枚になったのは相場。

「BABA嵐」では特別ルールがあって、ジョーカーを持つ人のみが、プレイヤー同士の手札を強制的に交換できる「シャッフルタイム」を発動できる。

このルールが、相場が最後の1枚になった時に発動して、その結果、相場は手持ちのカードが3枚に。

一方、手元にジョーカーが回ってきた大野。

一旦、ジョーカーが手から離れたが、相場の手を通って再び大野の元に戻ってきましたが、それを相場がまた引き当て、その後6連続でジョーカーが移動することに。

その中で、滝沢が勝ち抜け、最後は大野と相場の一騎打ち。

「もうイヤだ!」と嘆く相場。

最終的に大野が勝ち抜け、相場が「最弱王」に。

この2人の死闘は、ネットでも大盛り上がりでした。

今年の「最弱王」は

毎年、嵐とゲストが繰り広げる死闘は、爆笑と熱がこもり、大盛り上がりを見せます。

今年は木村拓哉が初参戦で、早くもツイートでは歓喜の声が上がっています。

さらに、関ジャニ∞横山裕も参戦。

果たして、誰が「最弱王」になるのか、今から楽しみです。