国内で感染症を予防するには!バス運転手が新型コロナウイルスに感染

厚労省は、2020年1月28日に開いた緊急会見で、「新型コロナウイルスの日本人の感染者が初めて確認されたと発表しました。

感染が確認されたのはバス運転手で、奈良県に住んでいる武漢渡航歴が無い60代の日本人男性で、中国湖北省武漢市からのツアー客からうつったとされています。

国内で感染した「新型コロナウイルス」、感染症を予防するにはどうしたらよいのかまとめてみました。

国内初、バス運転手が新型コロナウイルスに感染

感染したバス運転手は、8日〜11日に、中国の武漢市から来たツアー客を、大阪から東京方面の空港まで乗せています。

バス運転手には、武漢市の滞在歴はありません。

その後、12日〜16日に、別の武漢市からのツアー客を、東京から大阪まで乗せたということです。

14日に、悪寒や咳、関節の痛みが出てたので、17日に奈良県内の医療機関を受診しましたが、その時は検査結果で異常が見つかりませんでした。

経過観察になりましたが、22日に症状が悪化。

25日に再度受診すると、肺炎の症状が確認されて県内の医療機関に入院しました。

28日に検査の結果、「新型コロナウイルス」に感染していることが確認されました。

厚労省は、ツアー客からうつったとみていて感染経路を調べています。

人から人に感染したのは、国内で初の事例。

日本人の感染者が確認されたのも初めてです。

また、28日には、日本を訪れた武漢市の40代の男女2人も「新型コロナウイルス」に感染していることが確認。

男性は20日に来日し、その時は症状がありませんでしたが、22日から体調不良を訴え、26日に愛知県内の医療機関を受診して肺炎の診断を受け、現在、入院しています。

女性は今月21日に来日し、22日から北海道を観光していましたが、27日に北海道の医療機関で肺炎の診断を受け入院。

これで、国内で確認された感染者は、7人となりました。

国内で感染症を予防するには(予防対策)

感染症を予防するには、手洗いを頻繁に行いましょう。

ただ、水で洗うだけでなく石鹸で手首から指先や、指の間、爪の間までよく洗いましょう。

特に外出した後は、必ず手を洗うようにしましょう。

また、外出した後や咳をした後に、口や目、鼻などに触る前には手洗いを徹底して行いましょう。

武漢市の人や、武漢市に滞在歴がある方に接触して、咳や発熱などの感染症と思われる症状が出たときは、すぐ医療機関へ連絡し、マスクを着用して受診しましょう。

まとめ

国内で日本人の感染者が確認されたのも、人から人に感染した事例も初めてで、動揺が広がっています。

Twitterでも国内感染が話題になって、不安な声が上がっています。

早めの対応で、拡大が縮小されるのも願うばかりです。