Googleアナリティクス4プロパティとは?旧GAとの違いを徹底解説

最近「Google Analytics」から、Google アナリティクス 4 プロパティをおすすめするメールが届きませんか。

しかし、Google アナリティクス 4 プロパティはどのようなものなのでしょう。よく分かりませんね。

ここでは、Google アナリティクス 4 プロパティとはどんな機能をもち、旧GAとの違いを徹底解説しています。

今後、ユニバーサルアナリティクス(UA)から移行するようですので、今のうちしっかり理解しておきましょう。

 

 

目次

Google アナリティクス 4 プロパティとは
旧Google アナリティクスとの違い
1.Webサイトとアプリをまたがった計測
2.計測方法がイベント方式になった
3.機械学習の導入
4.レポートの設計が大幅にリニューアル
5.プライバシーに配慮した計測
まとめ


a

Google  アナリティクス 4 プロパティとは

Google アナ リティク4 プロパティ(GA4)とは、2020年10月14日にリリースされた最新版のGoogle アナリティクスです

2019年にリリースした「アプリ+ウェブ プロパティ(β版)」が、改良されたものです。

以前のバージョンが、ユニバーサルアナリティクス(UA)というものです。

今後は、GA4プロパティがデフォルトのGoogleアナリティクスになると、正式にアナウンスされていますが、UAが使えなくなるかは、まだわかりません

サイト運営者は、徐々に使い慣れていく必要があるでしょう。

 

旧Google アナリティクスとの違い

Google アナリティクス 4 プロパティと旧Google アナリティクスとでは、さまざまな違いがありますが、ここでは、5つの違いを説明します。

 

① Webサイトとアプリをまたがった計測
② 計測方法がイベント方式になった
③ 機械学習の導入
④ レポートの設計が大幅にリニューアル
⑤ プライバシーに配慮した計測

a

 

Webサイトとアプリをまたがった計測

これまで、ユニバーサルアナリティクスではWebサイトのデータしか取得することができませんでしたが、GA4ではWebサイト、アプリの両方を分析可能となりました。

Google アナリティクス 4 プロパティは、「データストリーム」という新しい項目が追加されました。

「iOSアプリ」「Androidアプリ」「ウェブ」に分かれていて、3つの中から該当の項目を選択して、データ計測を行うことができるようになりました。

 

計測方法がイベント方式になった

Google アナス リティク4 プロパティでは、セッションごとの計測ではなくイベントごとの計測に変わりました。

これまでのGoogleアナリティクス(UA)では、「ページビュー」の表示が計測の基本単位でした。

GA4では、計測方法としてイベントが用いられるようになりました。

GA4では、PV(ページビュー)もすべて「イベント」として計測されます。

イベント計測になった一番の要因は、スマホ利用者げ増えたことにあるようです。

 

機械学習の導入

Google アナス リティク4 プロパティに機械学習が導入されたことで、「サイトにアクセスしたユーザーが購入する可能性が高い確率」「サイトにアクセスしたユーザーがサイトやアプリから離脱する可能性が高い確率」が予測が出来るようになりました。

「購入の可能性」では、過去 28 日間に、サイトにアクセスして操作を行ったユーザーによって、今後 7 日間以内に特定のコンバージョン イベントが記録されるか予測することが可能です。

「離脱する可能性」では、過去 7 日以内にサイトやアプリで操作を行ったユーザーが、今後 7 日以内に操作を行わないで予測することが可能です。

「収益予測」では、過去 28 日間に操作を行ったユーザーが、今後 28 日間に達成する購入型コンバージョンによって、どれくらい収益が見込めるか、総収益を予測することが可能です。

 

レポートの設計が大幅にリニューアル

Google アナス リティク4 プロパティでは、レポート画面がリニューアルされて、レイアウトが変わりました。

メニュー名や表示される表やグラフのレイアウトが大きく変わりました。

シンプルな構造になり、「レポート」と「分析」に分かれていて、旧GA(UA)より分かりやすくなっています。

 

プライバシーに配慮した計測

Google アナス リティク4 プロパティは、GDPR(EU一般データ保護規則)やCCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)のデータ規則に対応しています。

それだけでなく、トラッキング防止機能のあるITP(Intelligent Tracking Prevention)などにも配慮してあります。

ユーザーの個人情報保護の意識が高まっており、プライバシーの保護は世界中の企業などが強化しているため、Googleアナリティクス4プロパティでもプライバシー配慮に対応した仕様となっています。

 

 

まとめ

Google アナリティクス 4 プロパティと旧GAとの違いは、実際に使ってみないと分かりにくところがあります。

新しい Google アナリティクス 4 プロパティにアップグレードすることは簡単にできます。

集計前のデータである「生データ」も取得出来るなど、さまざまなメリットもあるので、新しい機能を使ってみたい方は、アップグレードしてみましょう。