「相棒シーズン18」あらすじのまとめ!ネタバレやキャストなど

テレビ朝日・東映の制作で放送されている「相棒」は、視聴率の高い人気の刑事ドラマです。

「相棒シーズン18」は、2019年10月9日から2020年3月までの放送を予定していますが、ネタバレやキャスト、あらすじなどをまとめてみました。

番組を見逃した人に分かりやすいようにストーリをまとめ、さらに、次回の予告のあらすじなども掲載しています。

「相棒シーズン18」17話「いびつな真珠の女」

放送日:2020年2月26日(水)

第17話「いびつな真珠の女」のあらすじ

両手の親指が切断された女性の絞殺体が、郊外の空地で発見されました。

捜査一課は犯行の手口から、これまで2人を殺害している「指切り男」と判断。

2年ぶりに現れたと、警戒を強めました。

その後、遺体の喉の奥に「バロックパール」と呼ばれるいびつな形の真珠が発見されて、その事に右京(水谷豊)は不審に思ったのでした。

その一方で、亘(反町隆史)は突然、弁護士の連城建彦(松尾諭)から「会いたがっている人がいる」との連絡を受け、東京拘置所に向かいました。

待っていたのは、未決囚の連続殺人犯・遠峰小夜子(西田尚美)

小夜子は「平成の毒婦」と呼ばれ、かつて刑務所にいながら人身を操り、右京さえ翻弄した危険な存在でした。

亘は最大限の警戒をしながら、小夜子に対面しました。

しかし、そこで彼女が口にしたのは、思ってもみないこと。

一度見た人の顔を忘れない、相貌認識能力に長けている小夜子。

彼女が言うには、知人の中に女性の指に異常な執着を持つ男がいて、さらに亘の大切な人が行方不明になる夢を見たと。

そして、ここで話したことは右京に内緒という条件をつけたのです。

亘は、そこで嫌な予感がしました。

以前、事件を通じて知り合ったキッチンカーの店主・新崎芽依(朝倉あき)から、久々にメールが来たのですが、その後、連絡が途絶えてしまっていたのでした。

その件に、小夜子がかかわっているのではないかと思ったのですが、はぐらかされるばかり。

その頃、右京は指切り男の事件を調べ続けていました。

そこで、周辺に真珠に繋がる話がいくつも出てくることに、何か理由があるのではないかと推理したのでした。

亘は、気づかぬうち小夜子の術中にはまっていき…

現在の猟奇殺人と過去の因縁が交錯!

過去の真珠に繋がる話とは

やがて事件は予想しない事態に発展!

キャスト:西田尚美 朝倉あき 松尾諭

「相棒シーズン18」第16話「けむり~陣川警部補の有給休暇」

放送日:2020年2月19日(水) 2月12日の放送はお休みです。

第16話「けむり~陣川警部補の有給休暇」のあらすじ

ケアハウスの理事長が殺害され、現場の痕跡から「けむり」と呼ばれる連続窃盗犯の関与が浮上。

「けむり」というのは、たばこの吸い殻以外、現場に何の痕跡も残さず、煙のごとく姿を消す窃盗犯の事です。

警察が20年以上追っても、いまだ捕まえることができない伝説的な存在として知られている「けむり」を陣川(原田龍二)も、以前からけむりを調べていました。

経済事件を担当する捜査二課の刑事になった陣川ですが、、今回の「強盗殺人」には違和感を覚えていました。

右京(水谷豊)や亘(反町隆史)と一緒に捜査がしたいと、特命係に押しかけます。

陣川は、「けむり」が狙うのは、あくどい稼ぎをしている闇金や反社の事務所だけだと言う。

そして殺人を犯したのには何か深い理由があるはずだと。

その夜、陣川に、右京と亘は、決起集会という名目で陣川行きつけの「あおびょうたん」という居酒屋に連れて行かれました。

陣川はその店の、理沙(飛鳥凛)という従業員を、運命の人と信じ込んでいるようで。

そのはしゃぎぶりに、常連客の重蔵(小倉一郎)が、そそくさと引き揚げていきました。

陣川の惚れっぽさは相変わらず。

そんな中、「けむり」の犯行と思われる、新たな窃盗事件が発生!

伝説の窃盗犯「けむり」をめぐる事件は、二転三転!

陣川は「運命の人」理沙を守るため、特命係と対立!?

一見、単純そうな殺人事件の背景には、驚きの隠された真実が!

彼らを待ち受けていたのは、あまりにも切ない真実だった。

キャスト:原田龍二 飛鳥凛 小倉一郎

ネタバレ

常連客の重蔵が犯人とされ連行されるが、証拠は故意に重蔵が残したものとされ犯人は別に。

その一方で陣川は、事件が解決したらプロポーズすると理沙に宣言。

しかし、今回の殺人事件は、16年前の事件が関係していること判明。

そして16年前の事件に、理沙の父親が関与。

そのことで理沙が殺人事件の犯人と疑われ、陣川は理沙の潔白を証明しようと動きます。

理沙は自分が犯人と言いましたが、しかし、「あおびょうたん」の板前の「タガワセイヤ」が犯人。

「タガワセイヤ」は、理沙の父親を殺した犯人の息子でした。

ですが、理沙の父親を殺した本当の犯人は、理事長の「ヤマクラ」

理沙がその真相を「タガワセイヤ」に伝え、理沙が知らないうちに彼が理事長に会いに。

そして、もみ合っているうちに理事長を誤って殺してしまったのでした。

理沙は、これまで辛い思いをして生きてきた彼をかばって自分が犯人と右京達に言ったのでしたが、その時は既に「タガワセイヤ」は逮捕されていました。

最後に理沙が連行されるとき、陣川にこう言いました。

「プロポーズされたのは嬉しかった。でもタイプじゃなかった」と。

結局は、またもやフラれたのでした。

「相棒シーズン18」第15話「善悪の彼岸〜深淵」

放送日:2020年2月5日(水)

第15話「善悪の彼岸〜深淵」

右京(水谷豊)は、再来日しあ南井(伊武雅刀)の行動を注視。

東京・山手線沿線で相次いで起きている殺人事件が、かってロンドンの地下鉄で発生した連続殺人「逆五芒星事件」と多くの類似点があることに気づきます。

そんな中、品川で警邏中の巡査が射殺される事件が発生。

右京と(反町隆史)は、その事件も「逆五芒星事件」酷似していたため、南井が逆五芒星事件をなぞっているのではないかと考えます。

原宿の転落死、日暮里の絞殺、品川の射殺に続く「第四の事件」は、何としても防がなければならないと右京と(反町隆史)は動きます。

右京は、ロンドンの事件の場所と被害者を照らし合わせます。

その結果、池袋近辺にある大学の女性学長が次のターゲットではないかと推理。

右京の進言に従って、警察は女性学長の警護にあたるが…

南井の最終的なターゲットが、右京の現相棒である亘ではないかと推測した右京。

そこで、ある行動に出て…?

相次いで起こる事件は、南井から右京への挑戦状なのか!?

最後のターゲットとして、、右京の現相棒である亘に魔の手が!

右京vs南井、天才vs天才の対決

衝撃のラストに向けて、戦いはさらに加速します!

キャスト:伊武雅刀

「相棒シーズン18」第14話「善悪の彼岸〜ピエタ

 放送日:2020年1月29日 (水)

第14話「善悪の彼岸〜ピエタ

伊丹(川原和久)たちが、原宿で身元不明の変死体の捜査に乗り出す。

事件と思われた変死体は、その後、事故と断定されます。

そんな中、犯罪者に私刑を下している疑惑がある南井(伊武雅刀)が、特命係に現れます。

南井は、スコットランドヤード時代の右京(水谷豊)の元相棒

この2年間、右京は南井が連続殺人や犯人の自殺に関与していることを疑いながら、証拠をつかめずにいました。

右京は、今度こそ逮捕しようと南井の周辺を調べ始めました。

南井は、自身のルーツともいうべき場所をめぐっていることは分かるのですが、その目的は何なのか見当がつきません。

一方、亘(反町隆史)は、南井と共に来日したと思われるマリア(石田ニコル)という女性と接触。

亘は、彼女が南井に操られて罪を犯すのではないかと推測。

今回は、危機感を募らせます。

そんな矢先に、都内の下町で、女性の絞殺死体が発見!

右京は、原宿の変死体とその絞殺死体には、ある共通点が存在することに気づくが…

右京の元相棒、南井は、裁きの賢者なのか悪辣な殺人者なの、果たして…

都内で次々に発生する事件に、驚きの共通点が!?

右京が最強の宿敵、南井との「最終決戦」に臨む!

キャスト:伊武雅刀 石田ニコル

まとめ

2019年10月9日に放送された、「相棒シーズン18」第1話「アレスの進撃」は。視聴率16.7%。

2020年2月19日(水)に放送の「相棒シーズン18」第16話「けむり」は、陣川(原田龍二)が登場して、Twitterでも話題になっています。

「相棒」シリーズが更新される毎に、ネタバレやキャスト、あらすじ、次回の予告のあらすじなどを追記していきます。