羽生結弦が四大陸選手権男子SPで世界最高得点を更新!結果(得点)

2020年2月7日に、韓国、ソウルでフィギュアスケートの四大陸選手権が男子ショートプログラム(SP)が行われました。

羽生結弦選手は、自身が持つ世界最高得点を更新する111.82点で首位に立ち、圧倒の演技を見せました。

9日のフリーで、新バージョン名プログラム「SEIMEI」で主要国際大会の完全制覇を目指しますが、羽生結弦さんの四大陸選手権男子SPの演技や得点、その他の選手の結果も振り替えってみましょう。

羽生結弦が四大陸選手権男子SPで世界最高記録111.82点

フィギュアスケートの四大陸選手権は、羽生結弦さんにとって4度目の出場。

男子ショートプログラムで、五輪2連覇(ソチ、平昌五輪の2大会連続金メダル)を達成した、平昌五輪の演目に変更。

「バラード第1番」で、ショートプログラムに挑みました。

冒頭の4回転サルコーを鮮やかに決め、トゥーループ、3回転トゥーループに成功。

トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も、鮮やかに決めました。

スピン、ステップもオールレベル4と圧巻の演技でした。

羽生結弦さんが、主要大会で金メダルを手にしていないのはの四大陸選手権のみ。

四大陸選手権は過去3度出場しましたが、2011、2013、2017年と全て2位でした。

「自分らしく滑れる」という五輪プログラムで、男子初の「スーパースラム」を目指し、世界最高得点111.82点。1.82点

ルール改正前の2017年に世界歴代最高得点をマーク、四大陸選手権でSP曲「バラード第1番」で、新ルールでの世界最高記録も更新しました。

圧巻の演技に会場は大歓声に包まれ、大量のくまのプーさんが投げ込まれました。

9日のフリーでは、名プログラム「SEIMEI」の新バージョンで、主要国際大会の完全制覇の期待が高まっています。

四大陸選手権男子SPの結果

四大陸選手権男子SPの結果順位と得点

1位 羽生結弦(日本・ANA)     111.82(技術点63.42・演技構成点48.40)

2位 金博洋(中国)         95.83(技術点54.23・演技構成点41.60)

3位 ジェイソン・ブラウン(米国)  94.71(技術点48.81・演技構成点45.90)

4位 キーガン・メッシング(カナダ) 94.03(技術点50.82・演技構成点43.21)

5位 鍵山優真(日本・星槎国際高横浜)91.61(技術点52.39・演技構成点39.22)

6位 チャ・ジュンファン(韓国)   90.37(技術点48.49・演技構成点41.88)

7位 友野一希(日本・同大)     88.22(技術点50.36・演技構成点37.86)

8位 樋渡知樹(米国)        88.09(技術点49.77・演技構成点38.32)

四大陸選手権とは

四大陸選手権とは、ヨーロッパを除く国と地域から参加するフィギュアスケートの国際大会の事です。

英語では「Four Continents Figure Skating Championships」、アフリカ、アジア、アメリカ、オセアニアの4つの大陸の選手が出場資格を持ちます。

1998年ー1999年シーズンに創設され、各国持ち回りで、毎年1月もしくは2月に開催されています。

第1回大会は、1999年2月にカナダのハリファックスで開催されました。

国際スケート連盟のランキング算出用ポイントにおいて、ヨーロッパフィギュアスケート選手権と同等の大きな国際大会。

国際スケート連盟が主催する、ISUチャンピオンシップスの1つです。

まとめ

羽生結弦選手さんがフィギュアスケートの四大陸選手権、男子ショートプログラム(SP)で世界最高得点の111.82点を更新!

Twitterでも話題になり、絶賛の声が上がっています。

東京オリンピックでの完全制覇も期待が高まり、さらなる躍進が楽しみですね。