フィギュアスケートの男子世界最高得点の歴史!SPとフリーの結果・得点

フィギュアスケートは、スポーツの中でも人気の高く、開催されるごとに話題になり盛り上がりを見せます。

そこで、フィギュアスケート男子シングル、世界最高得点ランキングを、ショートプログラム(SP)、フリー、総合得点の3つに分けてまとめてみました。

どの選手が何位で、得点は何点なのか、世界最高得点を更新した年月日、大会など、一目で分かるように詳細を掲載してあります。

フィギュアスケートの世界最高得点とは

フィギュアスケートの世界最高得点は、国際スケート連盟(ISU)が指定した得点のみが対象となっています。

なので、対象外の大会で世界最高得点を出したとしても、その得点は世界新記録として認められないんです。

オリンピック、世界選手権、四大陸選手権、グランプリシリーズ、欧州選手権、チャレンジャーズシリーズ、国別対抗戦対象大会が対象大会

国際スケート連盟は、英語名でISUと略し、フィギュアスケートやスピードスケート、ショートトラックスピードスケート、シンクロナイズドスケーティングなどのスケート競技を統括・運営する国際競技連盟です。

1892年にオランダのスヘフェニンゲンで設立され、現在はスイスのローザンヌに本部に置いています。

男子世界最高得点 ショートプログラムの結果・得点

男子ショートプログラムの結果・得点

2020年2月 羽生結弦                   111.82点 四大陸選手権

2015年12月  羽生結弦               110.95点 グランプリファイナル

2014年2月    羽生結弦               101.45点 ソチオリンピック

2013年12月  羽生結弦                  99.84点   グランプリファイナル

2013年3月 パトリック・チャン(カナダ)98.37点    世界選手権

男子世界最高得点 フリーの結果・得点

男子フリーの結果・得点

2019年12月  ネイサン・チェン(アメリカ)  224.92点 グランプリファイナル

2017年4月 羽生結弦            223.20点 世界選手権

2015年12月 羽生結弦            219.48点 グランプリファイナル

2011年4月 パトリック・チャン(カナダ) 187.96点 世界選手権

2011年4月 小塚崇彦           180.79点 世界選手権

2008年2月 高橋大輔           175.84点 四大陸選手権

男子世界最高得点 総合点の結果・得点

男子世界最高得点 総合点フリーの結果・得点

2019年12月 ネイサン・チェン(アメリカ)     335.30点 グランプリファイナル

2015年12月 羽生結弦               330.43点 グランプリファイナル

2011年4月  パトリック・チャン(カナダ)   280.98点 世界選手権

2008年2月  高橋大輔             264.41点 四大陸選手権

2006年2月  エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)258.33点 トリノオリンピック

まとめ

国際スケート連盟(ISU)が指定した大会以外で世界最高得点を出した選手もいますが、残念ながらそれは世界最高得点とは認めれず、歴史にも残りません。

得点だけ見ていると、この選手は世界最高得点なのにと思うかもしれませんが、そのような世界的ルールがあります。

フィギュアスケートの男子世界最高得点の歴史を見てみると、日本の選手が、ショートプログラム、フリー、総合得点の3種で、いかに素晴らしい結果を残してるか分かりますね。

これからも、世界新記録を塗り変えていくことを期待しましょう。