新玉ねぎとは?普通の玉ねぎとの違い(栄養素・カロリー)

春になると、新玉ねぎがスーパーなどで見かけるようになります。

新玉ねぎは春にしか出回りませんが、そもそも新玉ねぎとはどういうものなのでしょうか?春玉ねぎとは言いませんね。

ここでは、新玉ねぎとは何で、一般的な玉ねぎの違いを、特徴、カロリー、栄養素から分かりやすく説明しています。

 

 

目次

1.新玉ねぎとは?
2.新玉ねぎが出回る時期はいつ?
3.新玉ねぎと玉ねぎの違い
4.新玉ねぎと玉ねぎの特徴
5.新玉ねぎと玉ねぎの栄養素の違い
6.新玉ねぎと玉ねぎのカロリーの違い
7.新玉ねぎと玉ねぎの美味しい食べ方
8.まとめ

a

新玉ねぎとは?

春になると、出回るのが新玉ねぎです。

スーパーの野菜売り場で、普通の玉ねぎと並んで見かけるようになります。

玉ねぎには、黄玉ねぎ、白玉ねぎ、赤玉ねぎ、小玉ねぎなどの種類があります。

新玉ねぎとは、黄玉ねぎや白玉ねぎを、収穫後に乾燥させずにすぐ出荷されたものです。

 

新玉ねぎが出回る時期はいつ?

新玉ねぎが、出回るのは3~5月です。

普通の玉ねぎは年中通して出回っていますが、新玉ねぎは時期が限られています。

 

新玉ねぎと玉ねぎの違い

新玉ねぎと玉ねぎは同じです。

種類が違うわけではありません。

普通の玉ねぎは約1ヶ月間ほど乾燥させてから出荷したもので、新玉ねぎは乾燥させずに出荷したものです。

一般的に、玉ねぎが収穫させる時期は春です。

普通の玉ねぎは乾燥させて保存性を高めてあるので、1年中スーパーなどで出回っています。

 

新玉ねぎと玉ねぎの特徴

新玉ねぎと玉ねぎは、見た目や味に違いがあります。

 

新玉ねぎの特徴

  • 表面の皮が薄く白い
  • 表面の皮や中身が柔らかく水分を多く含んでいる
  • 甘みがある

 

普通の玉ねぎの特徴

  • 表面の皮が茶色
  • 身がしまってしっかりとしている
  • 辛味がある

a

 

新玉ねぎと玉ねぎの栄養素の違い

新玉ねぎと玉ねぎの栄養素は、ほとんど変わりません。

 

玉ねぎの100g当たりの栄養素

栄養素 可食100g当たりの成分量
炭水化物 8.8g
たんぱく質 1.0g
食物繊維 1.6g
ビタミンC 8mg
カリウム 150mg

 

玉ねぎには、ビタミンやミネラルなどの一般的な成分はほとんど含まれていませんが、それ以外の栄養が含まれています。

代表的なものが、硫化アリル、ケルセチン、アリシンです。

硫化アリルは、玉ねぎ特有のニオイや辛味のもととなっている成分です。

血液の凝固を抑制する働きがあり、動脈硬化などの予防に役立ちます。

アリシンは硫化アリルの一種で、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

ケルセチンは強い抗酸化作用を持っていて、生活習慣病の予防、抗ガン作用、アンチエイジングにも効果が期待できるといわれています。

a

 

新玉ねぎと玉ねぎのカロリーの違い

新玉ねぎと玉ねぎは、カロリーはほとんど同じです。

玉ねぎの100g当たりのカロリーは37kcalで、糖質量は、7.2gです。

GI値は30で、低GI食品です。

 

低GI食品については、こちらのサイトで詳しく説明しています。

a
関連記事

血糖値とダイエットには深い関係があります。 血糖値が急上昇すると、余った糖を中性脂肪に変えるインスリンが過剰分泌されて、太りやすくなります。血糖値を上げない食べ物は、ダイエットにも効果的なのです。 ここでは、血糖値を上げない食べ[…]

 

新玉ねぎと玉ねぎの美味しい食べ方

新玉ねぎと玉ねぎは、その特徴を生かした美味しい食べ方があります。

 

■ 新玉ねぎの美味しい食べ方

新玉ねぎは甘くて美味しいです。

辛味がないので、水にさらす必要がなく、そのままでいただけます。

新玉ねぎは、サラダにして食べるのがおすすめです。

 

美味しい新玉ねぎのレシピは、こちらのサイトで紹介しています。

a
関連記事

春の旬の野菜、新玉ねぎは甘くて美味しいです。 人気でとっても美味しい、新玉ねぎのレシピを紹介します。シンプルで、新玉ねぎの素材を生かしています。 新玉ねぎのサラダ、ホイル焼き、スープなど誰でも簡単に作れます。  […]

 

■ 玉ねぎの美味しい食べ方

一般の玉ねぎは、炒めると甘みが増して美味しいです。

炒め物や煮物、天ぷらにしても美味しいです。

カレーやシチュー、煮込み料理など、様々な料理に使用できます。

a

まとめ

春にしか食べられない、新玉ねぎは甘くて美味しいです。

しかし、長く保存できないので、早めに食べるようにしましょう。