キャンプ初心者おすすめ簡単設営で機能抜群テント6選!テントの選び方も紹介

テントの選び方を失敗すると、せっかくのキャンプが台無しになってしまうことがあります。楽しく快適なキャンプをするためには、どんなテントを選べばよいのでしょうか。キャンプの上級者になると選び方が分かりますが、キャンプ初心者になると、どんなテントがあって何を基準に選んでいいか分かりません。

そこで、キャンプ初心者が分かるように、テントの種類や選び方をまとめてみました。具体的にどんなテントを選んでいいのか、簡単に設営できて機能に優れたテントも紹介しています。

初心者向きの、4つのシーズンに適応したテントです。防寒、防水、防風の機能に着目しています。

 

 

目次

1.キャンプ初心者のテントの選び方
1.キャンプを選ぶ時の5つ注意点
1-1.テントの大きさ・高さ・重量
1-2.テントの機能性
1-3.設営のしやすさ
1-4.居心地のよさ
1-5.テントの価格
2.キャンプテントの種類

2.簡単設営で機能抜群キャンプテント6選
1.4つのシーズン(春、夏、秋、冬)対応キャンプ用テント
1-1.GeerTop2~4人用
1-2.VADI-LIDSO ワンポールテント 4人用
1-3.O Quick Pine 3 ワンタッチテント 3人用
1-4.Boundless Voyage テント 2人用
1-5.GeerTop テント 2人用 スカート付き
2.冬用外張りテントカバー(冬キャンプ専用)
2-1.ダンロップ テント用 冬用外張

3.キャンプ場、シーズン、キャンプサイト選びも大事

4.キャンプ初心者は最初は無理をしない

a

キャンプ初心者のテントの選び方

キャンプ初心者になると、何を基準に選んでよいか分かりませんね。

まずは、5つのポイントに注意しましょう。

 

キャンプを選ぶ時の5つ注意点

まずは5つのポイントを押さえて、後はデザインや形など、気に入ったテントを選びましょう。

 

テントの大きさ・高さ・重量

テントの大きさ、高さ、重量に注目しましょう。

 

テントはゆとりがある、少し大きめのサイズがいいです。

 

ラリ
どうして、大きめのサイズがいいの

 

3人で使用するなら3~4人用でもいいのですが、4~5人用の方が、様々な道具を置けてゆったりと過ごせます。

テントは動きやすいように高い方がいいのですが、高すぎると強風を受けやすいです。

でも、少しかがんで歩けるぐらいの高さは欲しいですね。

 

ラリ
高さは、最低限どれくらいあった方がいいの

 

135㎝以上は、あった方が望ましいです。

最後に、重さも大事です。

軽量のテントを選びましょう。

6kg以下だと、女性でも設営しやすいです。

✔ テントはゆとりのある大きささで、歩きやすい高さ、設営しやすい重さを選

 

テントの機能性

テントは、機能性の優れものを選びましょう。

 

防水、防風、防寒の機能があると、春、夏、秋、冬の4つのシーズンに対応できます。

 

キャンプ初心者は、最初は、どの季節にも対応できるテントを選んだ方が無難です。

 

設営のしやすさ

設営のしやすいテントを選びましょう。

テントを張るのに慣れない方は、説明書があってもなかなか設営に苦労するものです。

サッと、ワンタッチで張れるテントもあります。

 

自信のない方は、簡単に設営できるテントを選びましょう。

 

居心地のよさ

テントの中で快適に過ごすには、居心地のよさは大事ですね。

団らんや、食事をしたり、眠ったり・・・

実際にお店に行って、テントを見てから買った方が望ましいです。

 

テントの価格

テントの価格は、安いものから高いものまで様々です。

登山専用やブランド品は、高いもので10万以上するテントもあります。

でも、キャンプ用のテントは、そんなに高くなくても機能が優れた品があります。

 

2万~3万で充分です。

 

1万代でも、機能の高いテントがあります。

 

ラリ
テントは機能が良くてや設営しやすいのがいいんだね

 

キャンプ初心者はテントの選び方も注意した方がいいですが、その他に、キャンプサイトもAC電源サイトや区画サイトを利用した方が快適に過ごせます。

 

AC電源サイトについては、こちらのサイトで詳しく紹介しています。

 キャンプ場のAC電源サイトとは!3分でわかるメリットと活用法

a

関連記事

AC電源付きサイトとは、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。でも、AC電源付きサイトって何って、思ったことはありませんか。言葉から分かりそうで、いまいち分からない。 そこで、AC電源サイトとはどんなサイトでどういうメリットや活[…]

a

 

キャンプテントの種類

テントに、大きく3つの種類があります。

 

ドーム型テント、ワンポールテント、2ルームテントの3種類です。

 

ドーム型テントは一番よく見かける、メジャーなテントです。ワンポールテントは三角の形で、ポールで押し上げるだけで設営できます。2ルームテントはサイズが大きいものが多いです。

 

ラリ
どんなテントなのかな。

 

ルル
3つのテントは、特に形に特徴があるよ。

 

ドーム型テント

 

ワンポールテント

 

2ルームテント

a

 

簡単設営で機能抜群キャンプテント6選

キャンプ初心者が簡単に設営できて、機能に優れているキャンプ用のテントを紹介します。

テントを選ぶ時に参考にして下さい。

 

4つのシーズン(春、夏、秋、冬)対応キャンプ用テント

どの季節でも使用できるキャンプ用テントです。防水、防風、防寒の機能があります。

 

GeerTop2~4人用(18,999円

軽量で組み立て簡単。

4人用テントの総重量、約4㎏。

1人で数分で、テントを簡単に設営できます。

四隅のコーナーに、防水性と耐久性を強化。

メッシュ付きの換気窓が付いていて、睡眠中の通気を確保つつ、蚊や虫の侵入を防ぐことができます。

 

VADI-LIDSO ワンポールテント 4人用(13,990円)

二重構造で蚊帳付き。

UV-CUT加工、撥水加工が施されています。

オックスフォード素材で、摩擦に強く、酸、アルカリ、虫、カビなどの害を受けづらいです。

ポールはアルミニウム製。

丈夫で軽いです!

 

QEEDO Quick Pine 3 ワンタッチテント 3人用(15,800円

ドイツの高級アウトドア用品。

ヨーロッパでは評価の高いブランドです。

縫い目には密閉防水加工を施しています。

側面に換気窓があって、通気、換気に配慮した設計。

虫よけネット付きで、夏も快適に過ごせます。

 

Boundless Voyage テント 2人用(19,900円

2kgで超軽量。

冬の季節も考慮に入れて、設計されています。

寒さの厳しい雪上キャンプでも使用可。

天窓付きで、通気性も維持するだけでなく、景色を楽しむことができます。

 

GeerTop テント 2人用 スカート付き(11,899円)

 

総重量3kgで、超軽量。
キャンプ初心者でも、1人で簡単にテントを設営できます。
高い防水性能とUVカット。
冬に使用できるスノースカート付き。
4シーズン、春、夏、秋、冬のキャンプだけでなく、ハイキング、登山などにも使用できます。
ラリ
すごく寒い冬には対応できるのかな?
ルル
そんな時には冬用のテントカバーを使用すればいいよ

a

 

冬用外張りテントカバー(冬キャンプ専用)

冬の寒さ対策に、テントの上に張る冬用外張りです。

 

ダンロップ テント用 冬用外張(44,550円 )

テント本体をすっぽりと覆い、保温性と耐風性を大幅に向上させます。
スノースカートがしっかりと雪や風を防ぎ、寒さを防止。
テント内の居住性も維持。
テント本体の機能性を損なうこともありません。

 

キャンプ場、シーズン、キャンプサイト選びも大事

キャンプ初心者はテントだけでなく、キャンプ場や季節、キャンプサイトも選びましょう。

設備が整っているキャンプ場で、過ごしやすいシーズン。キャンプサイトは、区画サイトやAC電源ありのサイトが快適に過ごせます。それでも、自信のない方や心配な方は、設備が充実している別荘感覚の宿泊施設もおすすめです。

 

キャンプの知識やお役立て情報・一覧は、こちらのサイトで紹介しています。

a
関連記事

キャンプではさまざまな知識が必要とされます。初心者や慣れない人は、情報や知識なしでキャンプに行くと失敗して、せっかくのキャンプが台無しになることもあります。 ここでは、キャンプに役立つ情報や知識をまとめています。いわゆる、情報サイトで[…]

 

全国のキャンプ場は、こちらのサイトで詳しく紹介しています。人気が高くておすすめです。

a
関連記事

日本全国には、キャンプ場が多くあります。 全国の中でも、特に人気の高いおすすめのキャンプ場をまとめて紹介しています。 北は北海道から、南は宮崎までのキャンプ場一覧・情報サイトです。目的のキャンプ場がいち早く見つかります。 […]

 

バーベキューに関しての情報サイトです。バーベキューがより楽しくなる便利グッズ・食べ物・おやつなどを紹介しています。

a

関連記事

バーベキューは、家族や友達、仲間と楽しむ憩いの場でもあります。 ここでは、バーベキューが一段と楽しくなる、食材、お菓子、デザート、飲み物、便利グッズなどを紹介している情報サイト・バーベキューのまとめ一覧です。 また、バーベキュー[…]

 

キャンプ初心者は最初は無理をしない

キャンプ初心者は、最初は張り切り過ぎないことです。1泊して、アウトドアの雰囲気を味う程度にしましょう。まずは、慣れることが大事です。

春や初夏、秋の始まりが一番、過ごしやすい季節です。慣れたらソロキャンプも楽しめます。