風邪の時にお風呂に入っていい、ダメ?症状や温度や入り方が重要

風邪の時に、お風呂に入っていいのか悩んだことはありませんか。風邪の時にお風呂に入ってはダメだという事を聞きますが、本当なのでしょうか。

風邪の時にお風呂に入っていいのか、だめなのか調べてみると、それにはお風呂の入り方が関わっていることが分かりました。また、風邪の症状にもよります。

風邪の時に入ってもいいお風呂の入り方とは?お風呂に入る時間帯や、温度、注意すべき点。どんな風邪のj症状の場合にお風呂に入ったら駄目なのか、まとめてあります。

 

風邪の時のお風呂は?

風邪の時のお風呂は入っていいのか、駄目なのか、入り方によって違います。間違った入り方をすると悪化しまうことがあります。

風邪の時はお風呂に入っていい、だめ

風邪の時に、お風呂に入っていいです。

以前は、風邪の時にお風呂に入ってはいけないと言われましたが、それには理由があります。

風邪を入った後に湯冷めが原因で、風邪が悪化する可能性があるからです。

お風呂から上がった後、脱衣所が寒くて身体が冷えてしまうということがあったのですが、今は暖房が効いていて、室内が暖かく湯冷めすることがなくなりました。

ただ、風邪の症状によっては、入ってはいけません。

では、どんな時にお風呂に入ってはいけないのでしょう。

どんな時に風呂に入ってはだめ

風邪のひきはじめや軽い症状の時には、お風呂に入ってもOKです。

でも、熱があったり、だるさや倦怠感などひどい風邪の時はお風呂に入るのはやめましょう。

風邪を悪化させたり、入浴中に倒れてしまう危険性もあります。

風邪のときのお風呂の効果

風邪の時にお風呂に入ると、体温が上昇し血行もよくなります。

代謝もよくなり、免疫力もアップするのです。

お風呂から上がった後は、湯冷めしないように脱衣所は暖かくしておきます。

温まった身体が冷めないように、しっかりと暖かい服を着ます。

 

 

風邪の時のお風呂の入り方

風邪の時の、正しいお風呂の入り方を説明しています。風邪をひいていない時でも、風呂の入り方は同じです。

お風呂に入る時間帯

お風呂に入る時間帯は、昼でも夜でも構いません。

暖かい昼間がいいようにも思えますが、今は暖房があるので、入った後湯冷めをしないことが大事です。

室内を温めてから、入りやすい時間帯にお風呂に入りましょう。

お風呂の温度

お風呂の温度は40度位がいいです。

熱すぎるお風呂は、風邪で体力の弱っている体にはおすすめできません。

また、長風呂もよくありません。

たちくらみやめまいなどを起こす可能性があります。

 

お風呂に入る前と出た後は水分補給

お風呂に入ると、汗をかいて体内から水分が失われます。

入る前と出た後は、水分補給をしましょう。

冷たい水ではなく常温のお水を飲みましょう。

さらに、白湯だと、内臓の動きをよくしたり血流が良くなったりします。

 

まとめ

高熱があるなど、風邪の症状が重い場合はお風呂に入ってはいけません。しかし、風邪のひきはじめや軽い症状の場合は、お風呂に入ることは免疫力をアップさせます。

そして、お風呂に入ったら後、湯冷めさせないことがポイントです。お風呂に入る前に部屋を暖めておきます。あと、お風呂上りには、常温のお水で水分補給をしましょう。