七夕にはどんな飾りを飾る!短冊や笹飾りの意味や由来も解説

毎年、七夕を楽しみしている人もいるのではないでしょうか。子供と一緒に鶴を折ったり、短冊に願い事を書いたり大人も楽しめる年中行事です。

七夕のお飾りというと短冊ですが、それ以外にも七夕のお飾りはありますね。折鶴や吹き流しなど。七夕の日に、笹に飾るお飾りにはどんなものがあるか紹介しています。

また、夏のイベントである七夕は、お飾りを笹につるしますね。なぜ、笹に飾りを吊るすのでしょう。七夕の笹飾りの意味や由来、さらに、短冊に願い事を書く意味や由来も調べてまとめています。

 

笹飾りや短冊の意味・由来

七夕の日は笹の葉にお飾りをつるしますが、これには意味があるのです。短冊に願い事を書くのもそれには由来があり、現代に伝わっているのです。そこらへんを説明していきましょう。

七夕の由来

七夕は中国の行事や伝説と、日本の年中行事があわさってできたと言われています。

中国
織女と牽牛の七夕伝説
乞巧奠(きこうでん)

日本
禊の行事・棚機(たなばた)

笹に飾りを吊るすのはなぜ?意味や由来

七夕というと、笹に飾りつけをしますね。

でも、どうして笹なんでしょう。

笹は昔から神聖なものとして扱われてきたました。

冬の厳しい寒さに耐え、真っ直ぐ育つ生命力が備わっていることから、生命力と神秘性を兼ね備えたものとされてきました。

笹は、神様や先祖が宿る依り代とも言われています。

昔からあらゆる神事に使われていました。

そんな神聖な笹は、願い事を飾るのに相応しいものとされて用いられてきたのです。

 

短冊に願い事を書くのはなぜ?意味や由来

七夕というと、短冊に願い事を書いて笹に飾りますよね。

短冊に願い事を書くのは、中国の乞巧奠(きっこうでん)という行事が由来と言われています。

乞巧奠は、糸や針の仕事を司る織女に対して、機織りや裁縫の上達を織姫星に願う年中行事でした。

7月7日に五色の糸や金銀の針を供え、星に祈りを捧げていたそうです。

これが日本に伝わり、日本の年中行事、棚機(たなばた)融合し宮中行事になります。

奈良時代に、宮中の節会 (せちえ) としてとり入れられました。

当時は貴族たちの間で供え物をしたり、里芋の葉にたまった夜露を集めて墨を摺って、梶の葉に和歌をしたためて祀っていたそうです。

 

短冊に願い事を書く事になった由来、意味は

乞巧奠の五色の糸と梶の葉が、笹飾りの始まりと言われています。

現在のように七夕に笹飾りをし、短冊をつるして願い事をするようになったのは江戸時代

江戸時代は寺子屋が増えたことから、習字や習い事の上達を願う行事として親しまれ、短冊に願い事を書くことが広がっていったと言われています。

短冊の5色の意味

短冊に使用される「五色」は、中国伝来の陰陽五行説に基づく「青・赤・黄・白・黒」の五色のことです。

陰陽五行説とは、陰陽説と五行説が結合した思想です。

五行では、木・火・土・金・水の五要素が世界のあらゆるものを構成する基礎と考えられていました。

その五要素に配当され色が、青・赤・黄・白・黒です。

 

青:木

赤:火

黄:土

白:金

黒:水

 

七夕の飾り

七夕の飾りには、願いが込められています。1つ1つに思いを込めて笹に飾りましょう。

七夕の飾り

短冊
五色の短冊に願い事を書いて飾ります。織姫と彦星の伝説から、恋愛の願いことを書くこともよくあります。

折鶴(千羽鶴)
家族が長生きしますように 願います。

吹き流し
紙風船や五色のテープを貼り付けたくす玉など。織姫にちなみ、裁縫や機織り(はたおり)が上手になりますように

網飾り
豊漁になるように大漁を願います。また、網で引き寄せることから、幸運を引き寄せられますように

財布(巾着)
折り紙を巾着の形に折って飾ります。お金が貯まりますように願います。

神衣・紙衣(かみこ・かみころも)
折り紙や和紙で作った着物のこと。裁縫が上達することを願います。災いや身代わりとしての意味もあります。

輪飾り
みんなの夢がつながりますように

屑籠(くずかご)
折り紙で折った、くずを捨てる籠を笹につるします。整理整頓ができますように、物を粗末にしませんようにに願います。

星飾り
願いが叶いますように。

織姫と彦星
織姫と彦星のように、いつまでも仲良くいられますように

関連記事

七夕の日には短冊に願い事を書いて笹につるしますが、短冊には色があるのを知っているでしょうか。五色の色が基本になっていて、それぞれ意味があるのです。 短冊の五色の色にはどんな意味があって、どんな願い事を書けばよいのでしょうか。また、恋愛[…]

関連記事

毎年、子供たちが楽しみにしている七夕。いつも、何気なく行っていますが、七夕は地域によっては7月に開催されたり、8月に開催されたり、統一されていません。七夕って、本当はいつなのでしょうか。 そこで、正しい日付はいつなのか、調べてみました[…]

 

まとめ

七夕の日は、笹飾りに短冊を飾って願い事をしましょう。織姫と彦星にあやかって、恋愛の願いを書くのもいいですね。

意外と知らないかもしれませんが、七夕の行事食はそうめんです。七夕の日は短冊に願い事を書いたり、折り紙で鶴を折ったり。笹の葉に飾って天の川に向かって願い事をしましょう。