夏マスクは熱中症になりやすい!熱中症とコロナのマスク対策

新型コロナウイルスの感染予防には、手洗い、うがい、そしてマスク着用とされています。ただ、マスクは暑い夏にはどうでしょう。

夏のマスクは、熱中症のリスクを高めると言われています。でも、新型コロナウイルスの感染予防にはマスクは必要。夏場のマスク対策はどうすればよいのでしょうか。

そこで、熱中症とコロナの夏のマスク対策についてまとめてみました。特に、小さいお子さんと高齢者は、この2つには気を付けなくてはいけません。暑い夏を熱中症にならず、新型コロナにも感染しないように、しっかりと予防、対策をしましょう。

 

夏のマスクの危険性

夏のマスクは熱中症になりやすい

最近の暑さは異常です。

夏でなくても5月の中旬から、30度を超してきます。

普段はマスクの使用は何ら問題はないですが、夏のマスクは危険性が伴います。

夏場はマスク内に湿気がこもり、体内に熱がこもりやすくなります。

暑苦しく、息苦しいです。

医師ら団体が、「熱中症のリスクを高める」と表明しています。

新型コロナウイルスの感染予防対策として、多くの人がマスクの着用を続けている今、夏場はどうすればよいのでしょうか。

 

子供やお年寄りは得に危ない

特にお年寄りは、マスクによる加湿でのどの渇きを感じにくくなるため、水を飲まなかったり、熱中症に気づくのが遅くなったり、熱中症のリスクが高くなるとされています。

医会によると、乳児は呼吸器の空気の通り道が狭いため、マスクを着用すると呼吸がしにくくなり、心臓の負担になるそうです。

マスクそのものによる窒息のリスク、マスクで体内に熱がこもり熱中症になるリスクも高まるそうです。

日本小児科医会は5月25日に、2歳未満の子どもにはマスクは必要ないと発表しました。

 

熱中症と新型コロナのマスク対策

3密以外ではマスクを使用しない

新型コロナウイルス対策には、マスク着用が必要!

熱中症対策には、マスクは着けない!

これでは、矛盾してしまいます。

新型コロナウイルス対策と熱中症対策を両立させるには、マスク使用はどのようにすればよいのでしょう。

新型コロナでは3密(密閉、密集、密接)が感染リスクが高いです。

個々の判断になりますが、それ以外の場所ではマスクをとり、その時は人との接触を避けるなどの対策法があります。

 

熱中症対策をしながらマスクを着用

いつもと同じように、こまめに水を飲んで熱中症対策をします。

また、マスクをしているとのどの渇きを感じない場合が多いので、忘れずにこまめに水分補給をすることです。

体内に熱がこもりやすいので、暑さや息苦しさを感じたら、少し外して休んだり。

ただ、密な環境ではやめましょう。

マスクを外した時には、人と近くで話したりしないようにします。

夏の暑い時は必要以外は外出をせず、涼しい室内にいることです。

 

熱がこもらない涼しいマスクを使用する

夏のマスク対策は、涼しい素材で作られた接触冷感のマスクをおすすめします。

吸湿冷感加工がされていて、熱がこもらないので暑い日でも冷んやり

感染予防にも熱中症対策にもなって、快適につけられます。

 

 

まとめ

マスクは新型コロナウイルス感染予防には必需品ですが、熱中症にはリスクを高める危険なものです。

夏のマスク対策は一人一人の判断にもよりますが、暑い夏場はできるだけ外に出ないこと。感染リスクが高い、マスクを着けなくてはいけないような3密の場所には行かないことです。今年の暑さも厳しいですが、無事に乗り切りましょう。