法事と法要の違い!法事、法要とは種類や流れも1分で分かるように解説

法事と法要は混同されやすいです。同じと思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、法事、法要とは何か、法事と法要の違いを分かりやすくまとめてみました。大事な法要には、初七日、四十九日、一周忌、三回忌、七回忌があります。

亡くなってから何日後、何年目に行う行事なのかも、一目で分かるように一覧表にしています。

 

法要・法事とは

法事とは

法事とは、四十九日法要など故人を供養する儀式の他、その後の会食を含んでいる行事の事です。

儀式である法要の準備をするにも、お墓参りや一番最後に行う会食の段取りまで必要となります。

お坊さんに読経していただいて、法要後の会食までを含めたものを言います。

法事の中に、法要も含まれています。

 

法事の流れ

 

1.施主、遺族、その他の参列者が入場、着座

2.僧侶入場

3.法要開始(僧侶読経)

4.親族焼香

5.法話・僧侶退場

6.施主の挨拶

7.会食

8.施主の挨拶・閉式

 

 

法要とは

法要とは、故人を偲び、冥福を祈るために行う大切な行事です。

お坊さんに読経していただきます。

法要は「追善供養(ついぜんくよう)」とも言われます。

仏教では、亡くなってから一定の日数、年数で法要を行います。

 

中陰法要

法要の種類 読み方 亡くなってからの日数
初七日 しょなのか 命日も含めて7日目
二七日 ふたなのか 命日も含めて14日目
三七日 みなのか 命日も含めて21日目
四七日 よなのか 命日も含めて28日目
五七日(三十五日) いつなのか(さんじゅうごにち) 命日も含めて35日目
六七日 むなのか 命日も含めて42日目
七七日(四十九日) なななのか(しじゅうくにち) 命日も含めて49日目
百箇日 ひゃっかにち 命日も含めて100日目

 

年忌法要

法要の種類 亡くなってからの年数
 一周忌  命日から満1年目
三回忌 命日から満2年目
七回忌 命日から満6年目
十三回忌 命日から満12年目
十七回忌 命日から満16年目
二十三回忌 命日から満22年目
二十七回忌 命日から満26年目
三十三回忌 命日から満32年目
三十七回忌 命日から満36年目
四十三回忌 命日から満42年目
四十七回忌 命日から満46年目
五十回忌 命日から満49年目
百回忌 命日から満99年目

 

命日とは

命日とは、人が死亡した日をいいます。

 

とは

法要の年数は「数え歳」で計算します。

無くなった年を一とします。

三回忌は、満二年となります。

ただし、「満一年目」は二回忌とは言わずに「一周忌」といいます。

 

 

法要と法事の違い

法事と法要の違い

法事と法要の違いは、会食があるかないかです。

 

法事:法要とその後の会食を含む

法要:死者の冥福を祈る行事

 

法要と会食がセットになった、仏教の儀式のことを法事といいます。

法要が終わった後の食事のことを、お斎(おとき)いいます。

 

 

まとめ

法事は法要も含めた、会食もある行事です。お坊さんにお経をあげてもらい、故人の冥福をお祈りします。

法要の種類は、亡くなってからの日数と年数を間違いやすいです。大事な法要・法事は前もって確認し、準備をするようにしましょう。