七五三は何歳の時に何をする?参拝する月日や服装なども説明

七五三をしたいけれど、七五三って何歳の時にやればいいのか迷う方もいます。また、七五三の歳の数え方には、数え年と満年齢があります。数え年と満年齢、どちらの歳で行えばいいかなど。

そこで、七五三は何歳の時に行うもので、参拝する月日はいつ、何をする行事なのか。七五三の母親、父親、女の子、男の子の服装などもまとめています。

七五三は家族で神社に参拝に行きます。七五三に関して迷った時の豆知識として、お役立てください。

 

七五三に関して

七五三とはどんな行事

七五三は子どもの成長を祝う行事です。

平安時代に公家の間行われていた儀式が、始まりと言われてています。

江戸時代になってからこの儀式が武家政権に伝わり、「七五三」と呼ぶようになりました。

七五三は何歳の時にする

七五三は3歳、5歳、7歳のときに行う行事です。

数え歳に行うのが正式ですが、現代では、数え年、満年齢のいずれで行っても構わないとされています。

今は、満年齢で行うのが一般的なようです。

女の子と男の子では七五三を行う年齢が違う

七五三は女の子と男の子では、行う歳が違います。

 

数え年では

数え年3歳(満2歳の年):女の子
数え年5歳(満4歳の年):男の子
数え年7歳(満6歳の年):女の子

 

満年齢では

満3歳になる年:女の子
満5歳になる年:男の子
満7歳になる年:女の子

 

数え年とは

数え年とは、生まれた年を「1歳」とし、正月(1月1日)迎えるごとに、1歳年齢が増すという数え方です。

例えば12月31日が誕生日の場合、翌日の1月1日には「2歳」となります。

満年齢は生まれた年を「0歳」とし、誕生日を迎えるごとに1歳年齢が増すという数え方です。

七五三の参拝時期・月日

本来、七五三のお祝いは11月15日に行われます。

「11月15日」の由来は、天和元年11月15日に、徳川徳松の健康を祈った儀式が行われたため、11月15日に祝うようになったという説があります。

とはいえ、参拝は必ずしも、11月15日でなくてはいけないということはありません。

11月15日当日に参拝したり、11月15日の前後に参拝したり

また、10月~11月の土日祝日などに参拝を行う方も多いです。

 

 

七五三では何をする

神社に参拝する

七五三は、ご家族で神社に参拝に行きます。

中には、お孫さんの七五三に、おじいちゃんおばあちゃんも付き添っていくこともあります。

晴れ着を着て行くのが一般的です。

神様に子供の成長を報告し、感謝、今後の健やかな成長をお祈りします。

 

神社でご祈祷してもらう

神社では七五三のご祈祷が行われます。

最近では祈祷を依頼せず、、神社への参拝だけで済ませるご家庭も増えています。

七五三のご祈祷は、予約制のところもあれば、申し込みをされた順に行う神社があります。

七五三のご祈祷を希望される方は、神社に確認した方が良いでしょう。

記念写真を摂る

七五三は、ご家族で記念写真を撮るのが一般的です。

記念撮影は参拝の前や、参拝後。

また、当日は慌ただしく、忙しくてできない場合は、後日、別の日にゆっくり撮る人もいます。

お祝いする

七五三は参拝が終わった後は、レストランで食事会をしたり、家でお祝いをしたりします。

レストランなどでは、七五三のお祝いメニューを提供してるところもあります。

家で子どもの好きな料理を作ったり、お祝いの仕方はご家庭によってそれぞれ違います。

 

七五三の服装

七五三の母親の服装

七五三では、母親は和服を着る方が多いです。

着物は、七五三の場合、訪問着、色無地、付け下げが良いとされています。

洋装なら落ち着いた色で上品なものを選びましょう。

七五三の父親の服装

七五三の父親の服装は、和装の場合は羽織に着物か羽織に袴です。

洋装の場合は、ビジネススーツ、白いシャツとネクタイで大丈夫です。

七五三の場合、両親は和装か洋装で統一するのが一般的です。

七五三の女の子の服装

七五三の女の子の服装

七五三の3才の女の子は、「三つ身」の着物を着ます。

着物の上からは被布(ひふ)を羽織ります。

七五三の7才の女の子は、「四つ身」の着物を着、帯を締めます。

 

七五三の男の子の服装

七五三の男の子の正装は、羽織袴です。

お宮参りの初着でも良いです。

羽織袴や初着を持ち合わせていない場合、レンタルでも大丈夫です。

七五三の着物レンタルショップは下の記事を参考にして下さい

関連記事

七五三の着物は、レンタルする人が多いです。レンタルするなら、着物の種類や色、柄も豊富で、できるだけ安いのがいいですね。 そこで、東京で七五三の着物をレンタルできる、おすすめの着物レンタルショップを紹介します。中には、着付け無料、写真撮[…]

 

 

まとめ

七五三は、数え年、満年齢でもどちらでも行っても構わないです。参拝する月日は、本来は11月15日です。

でも、今は11月15日当日、11月15日の前後、10月~11月の土日祝日などに参拝したりとさまざまです。ご家族でお祝いするので、ご都合の良い日にゆっくり参拝するのが良いでしょう。