キャンプサイトの種類と違い!1分でわかる選び方のポイント

キャンプ場には様々なサイトがあって、キャンプ初心者や慣れていない人はどのサイトにしたらよいのか迷うのではないでしょうか。

そんな方に、キャンプサイトの種類とそれぞれの違いをまとめてみました。選び方にもポイントがあるので、迷わずにキャンプ場やサイトを選ぶ事ができるようになります。

誰でも1分でわかりやすいように解説しているので、あなたにあったキャンプサイトを選んでアウトドアを楽しみましょう。

 

キャンプサイトとは

 

ラリ
キャンプでよく聞くサイトって何?

 

キャンプサイトとは、キャンプに行ったときテントを張る場所、スペースの事です。

キャンプ場によっては、さまざまな種類のサイトがあります。

細かく設定されているキャンプ場もあるんです。

 

サイトの種類

サイトの種類は大きく分けて区画サイトとフリーサイトの2つがあります。

区画サイトを細かく分けると、一般的に言う「区画サイト」と「オートサイト」の2つ。

だから、サイトの種類はフリーサイト、区画サイト、オートサイトの3つともいえます。

ここの解釈は人によって違っていて、サイトの種類は2つだといったり4つだという人もあります。

それだけサイトの種類は、沢山あるんです。

ここでは3つとさせていただき、説明していきますね。

 

ラリ
それで、3つのサイトはどこが違うの

 

サイトの種類ごとの違い

フリーサイト、区画サイト、オートサイトの3つにはそれぞれ特徴があります。

フリーサイト

フリーサイトはその名のごとく、自由にテントを張れるサイトの事です。

決められた敷地内ならどこでもテントを張るので、キャンプ場が混んでいたら、隣との距離が近くなってしまうこともあります。

プライベートな空間が保たれているサイトではないと認識しましょう。

 

区画サイト

区画サイトとは、決められた敷地の中で、テントを張るスペースが割り当てられてるサイトの事です。

キャンプ場によって違いますが、1区画100㎡となっていると、100㎡がテントを張るスペースです。

隣との距離がある程度保たれているので、その分プライベートが保たれます。

 

オートサイト

オートサイトとは、区画サイトに車を乗り入れてテントを張れるサイトの事です。

キャンプ場に行ったら決められた場所に車を止めて、サイトに行かなければいけませんが、オートサイトはサイトに車を止められるんです。

 

ラリ
そうするとサイトによって料金が違うんだろうね。

ルル
その通り!料金表は確認しないとね。

サイト別の料金の違い

3つのサイトは、料金が違ってきます。

一番安いのはフリーサイト。

プライベートが保たれていない分、安くなります。

次に高いのは区画サイトで、一番高いのはオートサイトです。

 

ラリ
そうすると何をポイントに選べばいいのかな?

ルル
サイトを選ぶポイントがあるから大丈夫だよ。

 

キャンプサイトを選び方・ポイント

キャンプサイトの選び方のポイントは、誰と行って、どう過ごすかです。

キャンプ場を正しく選ぶことも、ポイントになります。

 

誰と行く

カップルで行く場合は、フリーサイトはおすすめできません。

2人だけの時間を楽しみたいなら区画サイトかオートサイトなのですが、一番おすすめはコテージなどの宿泊施設です。

グループなどの仲間、友達と行ってワイワイ、ガヤガヤ、楽しみたいならフリーサイトでもOK

ただし、マナーは守りましょう。

家族で行くならどのサイトでもいいのですが、車ごと止められるオートサイトが無難。

車からキャンプ用品を運んで、キャンプサイトまで運ぶのは大変。

キャンプ用品をほとんどレンタルするのだといいのですが、レンタル料がかかりますよ。

そして、家族だと、一家団らんの一時を過ごしたいものですね。

また、子供連れのご家族ならば、お子さんの年齢によってもサイトの選び方は考えた方がいいです。

中学生以上の大きいお子さんならいいのですが、小さいお子さんがいるなら、やはりコテージなどの宿泊施設でしょう。

 

キャンプ場での過ごし方・楽しみ方

キャンプ場でどう過ごすかによっても、選び方は違ってきます。

テントを張って準備ができたら、すぐ遊びに出掛けてほとんどテントに居ないのだったら、フリーサイトでもいいですね。

ただし、混んでいるキャンプ場だったら、お隣さんと近くなる場合があり、マナーの悪いお隣さんだったら楽しいキャンプも台無しになってしまいます。

混み状況も事前に確認した方が良いでしょう。

大型連休は混むので注意しましょう。

テントで過ごす時間が多い場合は、区画サイトかオートサイトの方がいいでしょう。

でも、キャンプ場によってはフリーサイトも大丈夫ですので、そこらへんは後で説明しますね。

 

キャンプ場の選び方

キャンプ場の選び方は大事です。

選び方を間違うと、キャンプが楽しく過ごせなくなってしまいます。

マナーの悪い人が多かったりするキャンプ場もあります。

管理が良くできてないんですね。

混み具合もポイントです。

春休みやゴールデンウイーク、夏休みなどの大型連休は一番混みます。

週末や連休なども多いです。

シーズンを外れた平日は比較的空いているので、混んでいない日を選んでいくのもいいですね。

 

ラリ
いろんなキャンプ場があるんだね
ルル
そう!キャンプ場選びは大事だよ。
キャンプ場を選ぶのもポイント。予め情報をキャッチして正しく選びましょう。
追記
キャンプサイトを選ぶにあたって、もう一言いうならば予算ではないでしょうか。
事情によって、これだけの予算でキャンプを楽しみたいっていうこともありますよね。
予算内によっては、一番安いフリーサイトを選ばざるを得ない!
その場合は、やはりキャンプ場を良く選んで決めること。
それと、混んでいない時期や日時にキャンプに行くことですね。
関連記事

キャンプに慣れている人なら、1泊のキャンプに使う費用はこのくらいが妥当と分かりますが、キャンプ初心者や慣れていない人はちょっとわかりませんね。 そこで、家族でキャンプに行った場合、キャンプにかかる費用はどれくらいか、1泊の平均予算をま[…]

キャンプサイトにはさまざまな種類がある

 

ラリ 
キャンプサイトの種類って3つから選べばいいんだね
ルル
そうでもないんだよ!他にもいろんなタイプのサイトがあるんだよ

 

AC電源付きサイトっていうのを聞いたことはありませんか。

電化製品を使えるサイトの事です。

区画にコンセントが付いているんです。

ラジオやドライヤーなどを持って行くと、それを自分のテントで使えるんですね。

便利な分、AC電源がないサイトに比べて利用料金がお高くなっています。

最近、人気が高まっているのがペット同伴OKのサイトです。

ペットとお泊りできるんです。

キャンプ場によって料金は違いますが、一般のサイトより高いです。

キャンプ場、キャンプサイトは正しく選んで快適に

キャンプは街から離れて、楽しく過ごせる場所です。

家族や仲間、カップルとの思い出つくりにもなりますね。それには、キャンプサイトやキャンプ場は、正しく選びことが大事。そのためには、事前の下調べは入念に行うことがベストです。

キャンプサイトの選び方が分かったところで、早速キャンプに行ってみませんか。

子供連れの家族におすすめ子供が遊べるキャンプ場

関東 関西 東海 九州

人気がある温泉付きのキャンプ場

関東 関西 九州

綺麗なコテージのあるキャンプ場

関東 関西 東海 九州 北陸

人気がある温泉付きのキャンプ場

関東 関西 九州

綺麗なコテージのあるキャンプ場

関東 関西 東海 九州 北陸

口コミで人気のあるおすすめのキャンプ場

山梨 千葉 愛知 静岡 長野 岐阜 北海道 群馬 神奈川 埼玉 宮崎 滋賀 熊本 栃木

コロナウイルス感染予防対策ができているキャンプ場

全国

キャンプ関連記事

キャンプ平均予算 キャンプ場の選び方 キャンプ混雑時期 キャンプの楽しみ方 キャンプのシーズン 宿泊施設の種類 AC電源サイトとは 虫除け対策 冬・防寒グッズ 冬・暖房器具 コロナウイルス感染回避 コロナウイルス感染対策 春・服装と暖房器具 調理器具 調理電化製品  テントの選び方