結婚式費用の負担額は?自己負担、両家の負担割合の決め方

結婚式の費用の負担額は、どのように決めているのでしょう。これから結婚式を予定する方、結婚を考えている方にとっては知っておきたい内容です。

結婚式の費用の負担額の割合は、どのように決めたらよいのか。両家の負担額の割合は? 自己負担はどれくらいになるのか、まとめてみました。

結婚式はそれぞれ両家の意向や家の事情、新郎新婦の状況の違いなど様々な要素が絡み合っています。結婚式の費用の負担額の割合は、なかなか決まらないこともあります。どのような決め方があるのか、負担額の割合の決め方を多い順に並べてみました。

 

結婚式にかかる費用

結婚式にかかる費用の総額の平均、相場はどれ位になるのか。また、新郎新婦が自己負担はいくらになるのか、算出しています。

結婚式にかかる費用は平均いくら?

結婚式にかかる一般的な総額費用の平均は、約300万円程度と言われています。

披露宴を行わず、挙式だけなら10~20万円程度です。

平均は約300万円ですが、結婚式の費用は招待する人数や会場、結婚式のスタイルの内容によって変動するので約300万円~400万円程度が相場とも言われています。

しかしこの金額は全国平均で、実際は400~450万円かかることもあります。

また、結納や新婚旅行代などの費用も入れると、450万円以上になります。

結婚式の相場は、個人差や地方によっても金額が違ってきますね。

その金額を全て新郎新婦が負担するかというと、そうではありません。

いただいたご祝儀を結婚費用にあてるので、ご祝儀の金額を差し引いた額になります。

 

新郎新婦の費用負担額は

結婚式でゲストの方々からいただくご祝儀は、一般的に3万円が相場と言われています。

 

結婚式のゲスト数×3万円 = ご祝儀の総額

結婚式にかかる総額費用 - ご祝儀の総額 = 新郎新婦の負担額

 

実際に数字を当てはめてみましょう。

 

結婚式にかかる総額費用を350万円

結婚式のゲスト数を70人と設定すると、ご祝儀の総額は210万円

350万円 - 210万円 = 140万円

 

この金額を新郎新婦で負担しなければいけませんが、親が負担してくれることが多いです。

約7割が、親から100万以上の結婚費用を援助してもらっています。

となると、新郎新婦の負担額は、親からの援助額を差し引いた金額になります。

ただし、この負担額は結婚式の費用なので、その他に新婚旅行費などもかかりますね。

親からの援助がない場合は、全て新郎新婦が自己負担しなくてはなりません。

 

 

結婚式の費用、負担額の割合の決め方

結婚式の費用を負担する割合は、どのように決めているのでしょうか。理由も含めてまとめています。

両家で折半する分担方法

結婚式の費用の負担割合は、両家で折半することが多いです。

両家で同じ金額を分担、負担する方法です。

ただし、結婚式の内容によってはそうもいかないことがあります。

招待するゲストの数が両家で、かなり違いがあった場合など

一般的に、招待客は新郎側が多く、衣装代は新婦側にかなりの金額がかかったりします。

また、片方の親が結婚式の金額を負担できない家の事情があったりすることもありますね。

このような事情がない限り、両家で折半する額が決まったら、負担する費用について両親と話し合いましょう。

仕事をしていない新婦の場合は、両親が全て負担してくれることが多いです。

 

新郎、新婦の貯蓄、資産等で両家の負担割合を決める(新郎が多く負担する)

結婚式の費用の負担割合が、男性側が多くなるケースもあります。

一般的に男性の場合は仕事をしています。

相手の女性が仕事をしていない場合、男性が多く負担することがあります。

また、男性の方が給料が高く貯蓄がある場合など

ただし、一方的に新郎側で決めるのではなく、新婦側の意向や希望もあるので、両家で話し合うことが大事です。

 

新郎、新婦にかかる金額で両家の負担割合を決める(新婦が多く負担する)

新婦は衣装代にお金がかかります。

また、家を離れる娘に、最高の結婚式をさせたいという強い希望を持っている新婦の親もいます。

衣装代にもお金をかけたいという、強い希望を持っていたりもします。

そのようなことで、新婦側が多く負担することもありますが、新郎側にもお金がかかる要素があったりとする場合もあるので、結婚式の項目ごとに、どれくらい費用がかかるのかまとめておくと良いでしょう。

最終的には、両家でよく話しあって、負担額の割合を決めましょう。

 

招待人数の割合で負担額を決める

新郎側と新婦側の招待客の人数で、負担額を決める場合があります。

極端に招待客の人数が、両家で違う場合です。

ゲストのおおよその人数を決めて見積もります。

そこからそれぞれの負担額を算出しましょう。

結婚費用の負担割合はどのパターンが多い

結婚式の費用の負担割合はどのパターンが多いのか、多い順から並べました。

 

1.両家で折半する(新郎側=新婦側)

2.新郎新婦が自己負担(新郎=新婦)

3.新郎側が多く負担する(新郎側>新婦側)

4.新婦側が多く負担する(新郎側<新婦側)

5.招待客の人数で負担額を決める

 

一番多いのが両家で折半で、次に多いのが自己負担です。

新婦側が多く負担するのは、10%未満

よほど招待客人数に違いがない限り、招待客の人数で負担額を決めることはないようです。

 

 

 

新郎新婦が自己負担する場合の負担額割合は

新郎新婦が自己負担する場合は同額で分担するか、男性が多く負担することが多いです。

女性が仕事をしていなかったり貯蓄が少なかったりすると、男性が全て負担することもあります。

また、新婚旅行に行く場合も、同額か男性が多く負担することが多いです。

一般的に、結婚式の費用負担額は、男性の割合が大きいです。

結婚が決まった時点で2人で話し合い、親と相談し、そして両家で話し合って決めていきましょう。

まとめ

結婚式の費用の負担額割合の決め方で一番多いのは、両家で同額を分担する方法です。しかし、そうならないケースもあります。

もめごとになならないためにも、項目ごとに費用をまとめて、両家で話し合うことが大事です。