結婚式で安い時期、高い時期は?各月のメリット、デメリットも紹介

結婚式には費用がかかります。できるだけ、費用を安くで抑えたいですね。

結婚式場は高い時期と安い時期があります。各月によって結婚式場の金額が変わってきます。そこで、結婚式費用を安くしたい方に、安い時期、高い時期、また各月ごとのメリット、デメリットも紹介します。

どの時期に上げた方が安くてかつ良い式を挙げられるのか、役立つ情報となっています。

 

結婚式で安い時期・高い時期

結婚式のオフシーズンとハイシーズン

結婚式には、オフシーズンとハイシーズンがあります。

利用者が多い時期は料金が高く、少ない時期は料金が安くなります。

物価と同じで、需要者が多いと高く、需要者が少ないと安くなるのです。

結婚式場が高くなる時期と、安くなる時期はいつなのか見ていきましょう。

結婚式が安い時期は

結婚式場が安くなる時期は、夏と冬です。

夏の7月、8月、冬の12月、1月、2月がオフシーズンとなります。

寒さ暑さの厳しい時期は、結婚式を挙げる人が少ないです。

また、夏はお盆、冬は年末年始を避ける人が多いです。

夏の結婚式を避ける理由

夏の7月、8月は暑くて、結婚式に来られる招待客も大変。

遠方から来られるゲストだと尚更です。

またお盆休みや、ゲストの夏休みやなどと重なることもあり、避ける方が多いようです。

冬の結婚式を避ける理由

寒さが厳しい冬は、特に雪が降る地域では避ける傾向にあります。

12月と1月は年末年始の忙しい時期でもあり、忘年会や新年会など行事も多いこともあって避けられます。

 

結婚式が高い時期は

結婚式場が高くなる時期は、です。

3月、4月、5月、秋9月・10月・11月がハイシーズンとなります。

春や秋は過ごしやすく、天候も安定して結婚式を挙げる人が多いです。

春のゴールデンウイーク、秋のシルバーウィークなどの大型連休は結婚式には人気です。

春の結婚式が人気の理由

春の季節は気候がよくて過ごしやすく、一番人気のある季節です。

暖かくなってくる季節は、結婚式の準備もしやすいです。

秋の結婚式が人気の理由

秋は暑さも和らぎ、晴れた日が多く人気がある季節です。

1年の中で結婚式が、最も多い時期です。

10月、11月を予定されている方は、早めに予約することをおすすめします。

 

 

オフシーズンとハイシーズンの金額の差

結婚式場の金額は多い時期の11月と少ない時期の8月と比べると、式場によっても違いますか約80万程の違いが出てきます。

また、結婚式場では利用客が少ないと値引きする場合もあります。

さらに、安い金額で式を挙げられます。

時季だけでなく日付、曜日、時間帯でも変動

日付や曜日、時間帯によっても結婚式場の金額が変わってきます。

縁起の良い日である「大安」「友引」は人気のある日です。

また、土曜日の午後や日曜日の午前が、結婚式場は混雑します。

お日柄を気にしないなら、仏滅だと激安です。

式場によっては、値引きや特典があることもあります。

 

各月のメリット・デメリット

3月の結婚式

3月頃から結婚式のニーズが増えてきます。

それに伴って、結婚式場の金額が上がってきます。

3月は移動の時期でもあり、学生のお子さんを持つ家庭は受験シーズンでもありますね。

でも、暖かくなってくる季節でもあり、まだ金額がピークになる手前です。

季節も良く、費用も抑えたい方におすすめです。

4月の結婚式

4月は人事異動で避けられるように思います。

また、子供がいる家庭は入学式などもありますね。

しかし、3月よりも気候が良くなり気温も上がって、結婚式には好まれるようです。

お花見のシーズンでもあり、花々が咲き誇ってくるこの時期は結婚式のシーズンでもあります。

5月の結婚式

5月は、一年の中でも希望する人が多い人気の月です。

費用もお高くなります。

ですが、シーズンの5月でも、ゴールデンウィーク割引プランのある結婚式場があります。

ゴールデンウィークの中日の平日は、費用が安くな傾向があります。

6月の結婚式

6月になると5月より利用者が落ちてきます。

日本では梅雨の時期にあたるため、5月と比べると避けられる傾向にあるようです。

それでも「ジューンブライド」といって、ヨーロッパでは「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」とされる月で人気があります。

4月や5月より比較的安く設定している会場が多くあるので、探してみましょう。

7月の結婚式

夏の暑さが厳しくなってくる時期です。

夏休みも始まる季節で避けられる傾向があります。

ただ、費用が1月、2月に次いで、とにかく安いです。

8月の結婚式

暑さがピークになる時期で、お盆とも重なり利用者も少なくなります。

真夏限定のお得なプランを用意している式場もあるので、費用を節約したい方にはおすすめです。

9月の結婚式

9月になると暑さも落ち着いてきます。

まだ暑い日がありますが、だんだんと利用者が増えてくる季節です。

10月に入ると式場が一段と高くなってくるので、費用を抑えたい方は高くなる前の9月が良いでしょう。

10月の結婚式

秋の10月は結婚式が多い時期です。

晴れた日も多く、過ごしやすいです。

1年前から予約が埋めっていることも!

他の月よりも、予算を多めに見積もっておくのが良いでしょう。

11月の結婚式

11月も10月と同じく、結婚式が多い時期です。

既に埋まっていることが多く予約を取りにくいです。

他の月よりも高く設定している会場が多いので、費用がかかることを念頭におきましょう。

12月の結婚式

12月に入ると寒くなってくる季節です。

クリスマスのシーズンや、後半になると年末休暇に入ります。

この時期は避ける人が多く、会場も安くなります。

1月の結婚式

1月はお正月やなど、何かと行事の多い季節です。

また寒さも一段と厳しくなってくる季節で、結婚式を挙げる人は少ないです。

ただし、費用は激安になります。

2月の結婚式

2月は、得に雪の降る地域では避けられる時期です。

一年の中でも結婚式の費用を抑えやすい、安い月といえます。

割安なプランを用意している式場もあるので、お得に挙げられるということがあります。

 

 

まとめ

結婚式場の費用は安い時期と、高い時期があります。ただし、各月によって、それぞれメリットとデメリットがあるので、どの時期を選んだらよいのか比較して選びましょう。

また、結婚式場が安くなるのは、お日柄や曜日、時間帯にもよります。結婚式の費用を節約したい方は、時季だけでなくそこらへんも検討して決めましょう。