アナリティクスで記事ごとのPV・滞在時間・直帰率はどこで確認する

Googleアナリティクスは、サイトの集客にとって重要な解析ツールです。

初心者の方は、使い方が分からなくて戸惑うことがあります。

Googleアナリティクスでも、特におさえておきたい重要な指標は、定期的に確認する必要があります。

記事ごとのPVや滞在時間、直帰率などをチェックして、サイトの改善に役立てましょう。

 

 

目次

1.Googleアナリティクスで記事ごとにアクセス数を確認する
2.記事ごと、期間や日付ごとの各指標
2-1.ページビュー数
2-2.ページ訪問者数
2-3.平均ページ滞在時間
2-4.直帰率
2-5.離脱率
3.Googleアナリティクスで最低限おえておくべき数字
4.Googleアナリティクスでサイト全体のアクセス数を確認する
5.まとめ

a

Googleアナリティクスで記事ごとのアクセス数を確認する

Googleアナリティクスは、Googleが提供するWebページのアクセス解析ツールです。

サイトを運営者にとって、アクセス数を増やすのに重要なデータを表示させて分析できます。

アナリティクスは多くの機能が備わていますが、初心者にとって、どこで何を見ていいのか分からず困ってしまうことがあります。

まずは、アナリティクスの基本をおさえましょう。

期間や特定の日で、記事ごとのPVを確認してみましょう。

 

 

1.「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」をクリックします。
2.①の日付を変更することで、期間や特定の日付のPVを調べることができます。

3.日付をクリックするとカレンダーが表示されるので、ここで日付を指定できます。

a

 

記事ごと、期間や日付ごとの各指標

アナリティクスの「すべてのページ」で特定の日付で、表示させてみましょう。

 

 

日付は同じ日付を指定すると、その日のデータが表示されます。

 

 

 

日付を指定すると、解析された結果が表示されます。

記事ごとのPVも表示されます。

どのようなデータなのか説明していきましょう。

 

ページビュー数

読者ページを表示した、合計の回数のことです。

一人が複数回、同じページを表示した場合も、その都度カウントされます。

読者が、Aページ→Bページ→Cページ→Bページ→Aページ といったように、サイトを閲覧した場合は、ページビュー数は5とカウントされます。

 

ページ別訪問数

 

ページ別訪問数とは、特定のページが1回以上閲覧されたセッションの数です。

例えば、Aページのセッションの数、Bページのセッションの数のことを指します。

セッション数は読者がサイトを訪問した回数のことで、訪れてから出ていくまでを1セッションとして数えます。

読者があるページを閲覧して、30分操作をしなかった場合は、セッションは途切れて、新しいセッションとして数えます。

30分以内に操作したら、セッションが継続しているとみなします。

日付が切り替わった時も、セッションは途切れます。

例えば、ページを3回閲覧して操作をしなかったとしましょう。

30分以内で操作を開始して2回閲覧した場合は、セッションは1でPVは5です。

30分経ってから操作を開始して2回閲覧した場合は、セッションは2でPVは5です。

 

平均ページ滞在時間

平均ページ滞在時間とは、読者がページを閲覧した平均時間ことです。

概要の平均ページ滞在時間は、「全ページビューの合計滞在時間/全ページの合計ページビュー数」です。

 

直帰率

直帰率とはサイトにアクセスして、最初に表示したページから、サイト内の他のページに移動せずに離脱された割合です。

計算の対象となるのは、そのページで始まったセッションだけです。

 

離脱率

離脱率とはいろいろなページを回遊して、そのページがセッションの最後のページになった割合のことです。

例えば、ページA→ページB→ページC→ページBと閲覧して、ページBでサイトを離脱した場合は、ページBが最後のページになります。

a

 

Googleアナリティクスで最低限おえておくべき数字

Googleアナリティクスでは、「PV」「平均ページ滞在時間」「直帰率」は重要です。

この3つは、意識してチェックしましょう。

PV数が少ない、平均ページ滞在時間が短い、直帰率が早い場合は、記事を改善しましょう。

記事の質を高めたり、サイトの表示速度を上げたり、SEO対に取り組んで、検索順位を上げるようにします。

定期的にアナリティクスで確認して、サイトの改善に役立てましょう。

 

Googleアナリティクスでサイト全体のアクセス数を確認する

サイト全体のアクセス数は、Googleアナリティクスの概要から確認できます。

 

 

1.「行動」→「概要」をクリックします。
2.日付を指定することで、その期間や特定の日付の各指標を確認することができます。

 

PVやページ表示回数などが、一目で分かります。

a

 

まとめ

サイトの運営者にとって、一番気になることは記事ごとPVでしょう。

PVが下がると気が気でありませんね。

特に、急激にPVが下がったり、逆に急上昇した時は気を付けましょう。

原因を突き止めるて、対処する必要があります。