3分でわかるPV数・セッション数・ページ訪問者数の違い(図解)

Googleアナリティクスは便利なツールですが、初心者の方は使い方が分かりにくいことが多いです。

サイトを運営されている方は、基本となるアクセス数はしっかりとおさえておきましょう。ここでは、Googleアナリティクスの基本となるPV数・セッション数・ページ訪問者数の違いを解説しています。

3分で理解できるように、図で分かりやすく説明しています。Googleアナリティクスは、定期的に確認するようにしましょう。アクセス数ぼ日々の変化をチェックして、サイトの改善に役立てましょう。

 

 

目次

1.Googleアナリティクスとは
2.PV数(ページビュー数)とは
3.セッション数とは
4.ページ訪問者数とは
5.まとめ

a

Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクスは、Googleが無料で提供しているアクセス解析ツールです。

サイトにどれくらいの数アクセスしたか、どれくらいの時間滞在したかなどを確認することができ、サイトの改善に役立ちます。

アナリティクスにはさまざまな機能がありますが、まず基本をおさえましょう。

アクセス数はアナリティクスの左のメニューから「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」で、確認することができます。

では、基本となるPV数・セッション数・ページ訪問者数の違いを、図を用いて説明していきましょう。

 

PV数(ページビュー数)とは

PV数はページビュー数ともいいます。

サイトを開いた回数のことを指します。

ウェブサイトが複数ページで構成されている場合、それぞれのページを開くごとにカウントされます。

例えば、トップページ・会社概要ページ・グループ企業ページで成り立っている場合、トップページ→会社概要ページを閲覧して、そこでサイトを閉じたらPV数は2です。

また、別のページを見て、また同一のページに戻って閲覧した場合は、同じページの分もカウントされます。

トップページ→グループ企業ページ→トップページのPV数は3です。

同一のページを「再読み込み」「最新の情報に更新」した場合も、カウントされます。

例えば、開いているページを2回更新したら、最初に開いたのが1とカウントされ、更新した2回分を足してPV数は3となります。

 

【例1】

例1の場合のPV数は2です。

 

【例2】

例2の場合のPV数は4です。

 

【例3】

例3の場合のPV数は4です。

a

 

セッション数とは

セッション数とは、ユーザーがサイトを訪れた回数の事です。

ただし、ユーザーがあるページ閲覧して操作しなかった場合は「30分ルール」があります。

ページを閲覧して30分以上操作しなかった場合は、セッションが途切れたとされます。

30分以内の場合は同じセッションとみなされます。

日付が変わった場合も、セッションが途切れたとされてカウントされます。

5月12日の11時55分にサイトを閲覧し、操作しなかったとします。

5月13日の0時5分に操作をしたら、セッションが途切れてたとされます。

 

【例1】

例1の場合のセッション数は1です。

 

【例2】

例2の場合のセッション数は1です。

 

【例3】

例3の場合のセッション数は2です。

 

同じサイトのページを複数タブで開いている場合は、1セッションとしてカウントされます。

タブの切り替えて、ページA→ページBと閲覧しても1セッションです。

同一ブラウザで開いている場合も、同じセッションとして扱います。

「Google Chrome」と「Internet Explorer」など、違うプラウザで開いている場合は、別セッションとしてカウントされます。

スマホとPCで同じサイトを見ている場合でもカウントされ、セッション数は2です。

a

 

ページ訪問者数とは

セッション数とページ別訪問数は、間違えやすいです。

ページ別訪問数とは、ある特定のページが1回以上見られたセッション数のことをいいます。

ユーザーがページAを閲覧し、ページを移動してページAに戻ってきてもページAのページ別訪問数は1とカウントされます。

 

【例】:同じ日にユーザー1とユーザー2が同じサイトを閲覧した場合

 

 

この日の、ページBのページ別訪問数は2です。

 

「ユーザー1」が1、「ユーザー2」が1で、ページ別訪問数は合計2となります。

「ユーザー1」」は3回ページBを閲覧していますが、1とカウントされます。

また、この日のPV数は「ユーザー1」が5、「ユーザー2」が3で、合計8です。

ちなみに、操作していない時間が30分を超えていなかったら、セッション数は2です。

a

 

まとめ

Googleアナリティクスを活用している人は多いですが、各指標の意味がよく分からないという人もいます。特に、セッション数とページ別訪問数は誤解しやすいです。

どのページにどれくらいの人が見ているか、正しい分析ができません。Googleアナリティクスは期間や特定の日付でも、アクセス数が分析できます。

また、ユーザーがどのくらいの時間、そのページを見ていたかも分かるので、滞在時間が短いと改善する必要があります。PVが突然上がったり、下がった場合は要注意です。原因を探る必要があります。サイト運営者は、常にPVなどの変化をチェックすることが大事です。