Gmailでフォント・文字色などの書式設定を変更する方法

Gmailで新規メールを作成すると、初期の文字色、フォント、サイズは決まっていますが、デフォルトの書式設定を変更することができます。

ここでは、Gmailで文字色、フォント、サイズ、配置などの変更、「配置」「インデント」「番号付きリスト」「箇条書き」などの設定を紹介しています。

絵文字を挿入することで、さらに表現豊かなメール文が完成します。

 

 

新規メールを作成する

Gmailで新規メールを作成してみましょう。

GmailはGoogleアカウントを持っていれば、誰でも使うことができるフリーメールです。

持っていない方はGoogle アカウントのログインページに移動して作成しましょう。

 

1.Gmailを開いて左上の鉛筆マーク「作成」をクリックします。

 

2.「新規メッセージ」が表示されます。宛先、件名、本文を入力します。宛先(To)は主にやりとりする相手のメールアドレスを設定し、必要に応じて「Cc」「Bcc」にメールアドレスを入力しましょう。「Cc Bcc」をクリックすると入力欄が表示されます。

「Cc」は、メール内容を確認してほしい人のアドレスを設定し、「Bcc」は、他の送り先にメールアドレスが表示されないのが特徴で、複数の取引先に同じメールを送付する時などに設定することが多いです。

 

3.「送信」をクリックするとメールが送信されます。

 

新規メールの書式設定をする(フォント・文字色・太さなど)

「新規メッセージ」の本文の書式設定を変更することができます。

 

送信ボタンの横にある、書式設定オプション「A」をクリックすることで書式設定を表示・非表示に切り替えることができます。

書式設定の内容

「元に戻す」「やり直す」

「フォント」を変更できます。

文字のサイズを「小」「標準」「大」「最大」から選択できます。

左から「太字」「斜体」「下線」を設定できます。

「背景色」「テキストの色」を変更できます。

配置を「左揃え」「中央揃え」「右揃え」に設定できます。

「番号付きリスト」を設定できます。

「その他の書式設定オプション」の▼をクリックします。

上から「書式をクリア」「取り消し線」「引用」「インデント増」「インデント減」「箇条書き」になります。

 

書式設定ではありませんが、書式設定の下にある「絵文字を挿入」☺をクリックすると絵文字が挿入できます。

 

まとめ

Gmailでメール文に強調や色やマーカーをつけると、相手に内容が伝わりやすくなります。

あまり装飾しすぎるとうるさくなるので、使いすぎは禁物です。