アドセンス審査に不合格!再申請方法と合格するポイントを解説

アドセンス審査に申請したら、数日で結果が返ってきます。一発で合格する人もいますが、何度も落ちてしまう人もいます。

ここでは、アドセンス審査に不合格になった時の、再申請方法を紹介しています。
また、アドセンス審査に合格するためのポイントも説明しているので、初心者の方や不合格になった方は、ぜひ、参考にしてください。

 

目次

1.アドセンス審査の再申請について
1.再申請できる回数は何回まで?
2.アドセンス審査に不合格した時の再申請方法
3.アドセンス審査に不合格した時の修正チェックポイント

2.アドセンス審査に合格するポイント
1.記事数
2.文字数
3.画像
4.PV
5.投稿頻度
6.質の高い記事を書く
7.アフィリエイトのリンク・他の広告を外す
8.お問い合わせ先・プライバシーポリシーを設定する
9.アドセンスポリシーに違反していない
10.独自ドメイン&有料テーマ

3.まとめ

a

アドセンス審査の再申請について

アドセンスの再審査の申し込みは簡単です。

しかし、再申請する前に落ちた原因を追究して、記事を修正する必要があります。

 

再申請できる回数は何回まで?

アドセンス審査に申請したのに、不合格だった!

どうしよう!と思いますが、大丈夫です。

アドセンス審査には、再申請できます。

しかも、制限はなく何回でも再申請できます。

 

アドセンス審査に不合格した時の再申請方法

アドセンスの再申請は、アドセンスのページにログインします。

不合格になると、次のような画面が表示されます。

このページから、再審査の申請ができます。

 

 

1.「ウェブサイト」のボックスに、再審査するログのURLを入力します。

2.「コンテンツの言語」の▼をクリックして、「日本語 – 日本語」を選択します。

3.「保存して次へ」をクリックします。

 

以上で、再審査の申請は完了です。

審査の結果が出るまで待ちましょう。

 

アドセンス審査に不合格した時の修正チェックポイント

何が原因で落ちたのか、チェックする必要があります。アドセンスの審査に不合格した時は、再度、自分のブログを見直してみましょう。

アドセンスの審査に合格する基準は、はっきりと明確にされているわけではありません。

さまざまな説がありますが、目安はあるので、修正してから再審査に申請しましょう。

 

合格するために基準となるチェックポイント
① 記事数
② 文字数
③ PV
④ 投稿頻度
⑤  画像
⑥ 質の高い記事を書く
⑦ アフィリエイトのリンク・他の広告を外す
⑧ お問い合わせ先・プライバシーポリシーを設定する
⑨ アドセンスポリシーに違反していない
⑩ 独自ドメイン&有料テーマ

a

 

アドセンス審査に合格するポイント

アドセンス審査に一発で合格する人もいますが、何度も落ちてしまう人もいます。

私は今まで不合格になったことはなく、全て一度で合格しています。

審査結果は、1~2日で合格通知がきています。

その経験から、合格ポイントを説明していきます。

 

記事数

合格に必要な記事数は20~30記事と言われてきましたが、最近では、そんなに記事数が多くなくても合格できるようです。

10記事以下でも合格したと言う人もいるようですが、初めてアドセンス審査に申請する方には、あまりおすすめしません。

10記事以上は、書くことをおすすめします。

ただし、内容の薄っぺらな記事では合格できないので、内容の詰まった記事を書きましょう。

不合格になった方は、記事数を増やして再審査に申し込みましょう。

 

文字数
文字数は、2,000文字以上を目安に書きましょう。
文字数は関係ないと言う人もいるようですが、1,000文字以内では、受からないという説が多いです。

1記事2,000~3,000文字くらいでOKです。

私も、アドセンス審査に申請した時の記事は、全て2,000文字以上でした。

a

 

PV

PV数は関係ないようです。

私は1日200~300PVくらいで、申請しました。

というか、申請する時は記事数も少ないし、書いてから1ヶ月未満なので、PVが少ないのは当たり前と思って、気にも留めていませんでした。

 

投稿頻度

記事は、できるなら、毎日書いて投稿した方が良いでしょう。

しかし、時間がない方は、毎日書けないということもありますね。

次の投稿まで2日・3日以上空くといったように、投稿頻度が低くならないようすれば大丈夫です。

 

 画像
オリジナルの画像であれば、挿入してよいです。
無料写真素材・フリー素材サイトの画像も貼っていいです。
しかし、芸能人の写真など、他のサイトから切り取った画像は外して審査に出しましょう。
アイキャッチの画像も同様で、著作権に違反するような画像は外しましょう。
質の高い記事を書く
記事は質の高い、内容の詰まった記事を書くようにしましょう。
読者が読んで、専門的知識など、得られものがあるクオリティの高い記事にします。
誤字、脱字にも気を付けます。
また、読んでいて、なんだか内容が分からない、おかしいな文章もあります。
記事のタイトルも、キーワードを入れることだけを考えていると、へんなタイトルになってしまうことがあります。
書き終えたら、タイトルと記事を一度は目を通して、おかしくないか確認しましょう。
a
アフィリエイトのリンク・他の広告を外す
アフィリエイトリンクや他の広告は、外した方が良いでしょう。
アフィリエイトリンクを貼っても、審査に通ったという人もいるようですが、初めての方は、Amazonなどのアフィリエイトリンクは貼らない方が無難です。
お問い合わせ先・プライバシーポリシーを設定する

「プライバシーポリシー」は設定した方が良いでしょう。

プライバシーポリシーは、固定ページで作ります。

「お問い合わせ先」も、サイトの信頼性に関わってきます。

設置した方が良いでしょう。

 

アドセンスポリシーに違反していない
アドセンスポリシーに違反していないことは、アドセンス審査の合格には絶対条件です。

「アダルトコンテンツ」「誹謗中傷の内容」「コピーコンテンツ」などが挙げられます。

誰でもやってしまいがちなのが、「コピーコンテンツ」です。

他のサイトからコピーした内容を、そのまま記事に貼りつけることです。

自分の言葉で書きかえると良いのですが、そのままの文章を記事に使用するのはNGです。

 

独自ドメイン&有料テーマ

アドセンス審査には独自ドメインを取得しなければいけません。

無料プログでは、アドセンスの審査に申し込むことが出来なくなりました。

また、本気で稼ぎたいなら、有料テーマを使用することをおすすめします。

有料テーマは「SEO対策」「デザイン性」「機能性」などが、無料テーマよりも充実しています。

無料テーマから移行することもできますが、デザインが崩れたりすることもあるそうです。

 

アフィリエイトを始めると、毎月の収入が気になってきます。

実際に、アフィリエイトはどれくらい稼いでいるのでしょうか?

実は、約3割は収入がないのです。

 

アフィリエイトの平均月収・経過年数・作業時間などは、こちらのサイトで詳しく説明しています。

 アフィリエイトは稼げないは本当?稼ぐ人の平均収入と割合

a

関連記事

アフィリエイトを始めようと思っている人にとって、アフィリエイトで稼ぐことができるのかは、気になることでしょう。 アフィリエイトは稼げないということを聞きますが、このことは本当なのでしょうか?そこで、ここでは、アフィリエイトで稼ぐ人の1[…]

a

 

まとめ

アドセンス審査は以前より厳しくなっていると言われますが、合格することは決して難しいことではありません。

消去法になりますが、不合格となる要素がなく、質の高い記事ならば合格できます。

記事数、内容など原因が見当たらない場合は、アドセンスポリシー違反を疑ってみましょう。

再度、自分の記事を入念にチェックしてみましょう。