Outlookで添付ファイルや画像のサイズを圧縮・縮小する方法

Outlookで送信ができない場合、添付ファイルや画像のサイズに原因があることがあります。

Outlookに添付するファイルや画像のサイズには上限があります。

サイズが大きいときは小さくしてから送信しましょう。

 

 

目次

1.Outlookの添付ファイル容量の上限
2.Outlookの添付ファイルを圧縮する方法
3.Outlookの画像のサイズを小さくする方法
4.画像のサイズを確認する方法
5.まと

Outlookの添付ファイル容量の上限

Outlook ではファイルのサイズに制限があるので、上限を超えると送信できません。

Outlookや Gmail などのファイルの容量の上限は 20 MB です。

20 MBを超える画像やファイルは、サイズを小さくする必要があります。

また添付できるファイルの数は100個程度ですが「ファイルサイズの合計」に注意です。

ファイルサイズは「1MB」ぐらいを上限にした方がいいでしょう。

Outlookの添付ファイルを圧縮する方法

Outlookに添付する前にファイルを圧縮する方法です。

 

 

1.添付したいファイルのあるフォルダを開いて、ファイルを選択します。

2.右クリックをして「送る」を選択し、「圧縮 (zip 形式) フォルダー」をクリックするとファイルが圧縮されます。

a

 

Outlookの画像のサイズを小さくする方法

ファイルだけでなく画像のサイズが大きいと送信できます。

画像を添付する前に縮小してみましょう。

 

1.添付したい画像のあるフォルダを開いて、画像を選択します。

2.「共有」タブをクリックをして「電子メール」を選択します。

 

3.「添付ファイル」のダイアログボックスが表示されるので、ピクチャのサイズからサイズを選びます。ここでは「中」のサイズを選びましょう。

4.「予想合計サイズ」が1MB以下になるサイズを選択し、「添付」をクリックすると画像のサイズが縮小されます。

a

 

画像のサイズを確認する方法

画像のサイズが分からない場合は、簡単に確認できます。

 

1.画像を選択して右クリックし、「プロパティ」を選択します。

2.プロパティのダイアログボックスが表示されるので、画像のサイズを確認できます。

画像サイズ: 画像の大きさで画素数(ピクセル数)で表します。
ファイルサイズ: データファイルの大きさで容量(ビット数やバイト数)で表します。 
a

Outlookにはハイパーリンクを挿入できます。ハイパーリンクを文字にする方法はこちらのサイトで紹介しています。

 Outlookでハイパーリンクを文字にする方法!文字色も変更

関連記事

OutlookでURLをそのまま貼り付けると、簡単にリンクが作成されますが、URLをそのまま表示させたくない場合があります。 また、URLが長いと見栄えも悪いですね。 ここでは、Outlookでハイパーリンクを文字にする方法を紹[…]

まとめ

ファイルや画像を複数する場合は、ファイルサイズの合計を確認してから送信しましょう。

あらかじめできるだけ小さくしてから添付することをおすすめします。

画像や写真を圧縮するソフトもあるので、特定のサイズにしたい場合はサイズ変更できるソフトやツールを活用しましょう。