キャンプ1泊の予算は家族で行くと平均いくら?どんな費用がかかるの

キャンプに慣れている人なら、1泊のキャンプに使う費用はこのくらいが妥当と分かりますが、キャンプ初心者や慣れていない人はちょっとわかりませんね。

そこで、家族でキャンプに行った場合、キャンプにかかる費用はどれくらいか、1泊の平均予算をまとめてみました。どんなものに費用がかかるのか分かります。

メインとなる費用は、やはりキャンサイト利用料金です。でも、宿泊施設を利用するとそれよりもっとお金がかかります。ここでは、宿泊のタイプとその料金の違いについても説明しています。

 

キャンプにかかる費用はいくら

 

ラリ
キャンプに1泊平均どれくらい使っているんだろう?
家族でホテルや旅館に泊まるのと違って、そんなに予算はかからないと思いがちですが、意外とかかるものですよ。
ちなみに我が家、3人家族で昨年キャンプに行ったときの、宿泊料金を除いた1泊の費用です。
夫と子供の3人で行きました。換算しています。

 

食費       6,000円
ガソリン代    4,000円
高速代      5,000円
入浴料      1,800円
レジャー費用   5,000円
その他      2,000円
総計       23,800円

 

ざっと宿泊料金を除いただけでも、約2万かかっています。
キャンプに行くと絶対にかかる費用は、キャンプサイト利用料と食費ですね。あとシャワー代くらい・・・。
毎年、家族キャンプに行きますが、やはりいつも1泊の平均予算はキャンプサイト利用料を除いて2万くらいです。
それぞれの事情にもよりますが、家族でキャンプに行く場合は、これぐらいは予算が必要になってきます。

 

1泊にかかる費用はキャンプサイト利用料以外に2万!利用料を含めると3万の予算は必要

 

ラリ
結構かかるんだね。

 

でも、これでもかからない方かも・・・
観光に行ったり、体験イベントに参加したり、遊園地のアトラクションなど、有料の乗り物に乗ったりしたらもっとかかります。
それに、一番、キャンプに行って費用がかかるのはサイト使用料ですね。
さらに、キャンプサイトを利用するのではなく宿泊施設を利用すると、もっとお金がかかります

 

ラリ
キャンプサイトと宿泊施設って料金が違うの?

 

ルル
大分違うね

 

では、キャンプサイトと宿泊施設について説明していきますね。

 

キャンプにはさまざまなキャンプサイトや宿泊タイプがある

 

ラリ
宿泊のタイプって?

 

キャンプ場に行くと、テントを張って泊まるサイトの他に、宿泊施設が用意してあるキャンプ場もあります。

テントを張って泊まるサイトには、フリーサイトやオートサイトなどがあります。

宿泊施設とは、ロッジ、ケビン、バンガロー、コテージなどのことです。

これらの利用料金は、それぞれ違ってきます。

まず、サイトの利用料金から説明していきましょう。

 

サイトごとに料金が違う

キャンプ場にある主なサイトは、オートサイト、フリーサイト、区画サイトなどがあります。

区画サイトはその名の通り、区画で区切られたサイトのこと。仕切られた中にテントを張るので、ある程度、隣との距離が保たれます。

フリーサイトは区画がないサイトの事です。その点、キャンプ場が混んでいると、隣との距離が近くなってしまうこともあります。

オートキャンプ場は、そのままサイトに車を乗り入れて車を止めておけるサイトの事で、区画された個人用テントサイトです。

 

ラリ
そうなんだ!そうすると料金も違ってくるんだろうね。

 

ルル
その通り!快適にキャンプできるサイトが高くなるんだよ。

 

キャンプ場によっても違いがありますが、一般的に、フリーサイトが一番安くなります。

次に区画サイトが高く、一番高いのはオートサイトになります。

でも、区画サイトとオートサイトは、細かい設定によっても料金が違ってくるんです。

また、AC電源付サイトはAC電源がないサイトより高くなります。

サイトの場所によっても料金が違いますね。

同じ区画サイトでも場所が分かれていて、場所によって料金が違うんです。

 

ラリ
そうなんだ!

 

例えば、テントを張る場所によって眺望が違ったりすると、眺めの良いサイトの方が料金が高くなっています。

フリーサイト

1泊は、2,000円~5,000円程度

5,000円もかかるところはあまりないですが、キャンプ場によっては設置されている施設や設備など違うので、最大5,000円とさせていただきました。

区画サイト・オートサイト

1泊は、5,000円~7,000程度

キャンプ場の細かい設定によって違ってきますが、そこはキャンプ場に問い合わせてしっかりと詳細を聞く必要があります。

行ってみたら、金額に似合わず設備が悪かったとならないようにしましょう。

気持ちよく快適にキャンプをするには、前準備としてそのキャンプ場の事を調べるのも大事です。

口コミなども参考になります。

キャンプ場の評価や人気度も調べてみましょうね。

次に、ロッジ、バンガロー、ログハウス、コテージなどの宿泊施設の1泊の予算は平均いくらなのか調べてみましょう。

 

関連記事

キャンプ場には様々なサイトがあって、キャンプ初心者や慣れていない人はどのサイトにしたらよいのか迷うのではないでしょうか。 そんな方に、キャンプサイトの種類とそれぞれの違いをまとめてみました。選び方にもポイントがあるので、迷わずにキャン[…]

 

テント以外にも宿泊施設がある

キャンプで楽しみなのは、バーベキューなどのアウトドア食事をしたり、テントで寝ることなどもありますが、最近ではテントを張らない、そのまま泊まれる宿泊施設も人気です。

特に、子供連れの家族、カップル、キャンプ初心者に人気です。

小さいお子さんがいると、テントを張ったり食事の準備だけでなく、子供の面倒も見なければいけません。

ママさんは大変!

我が家も、家族でコテージに泊まったとき、周りのコテージも全て子供連れのご家族でした。

キャンプ初心者も、テントをどうやって張ったらいいのか、そこから悩んでしまいますね。

キャンプ場では、常備テントやスタッフの人が手伝ってくれるサービスもありますが、大概、その場合料金が高くなります。

どちらかというと、キャンプ初心者で自信のない人は、宿泊施設の利用をおすすめします。

せっかくキャンプに行ったのに、楽しくなかったなんてならないようにしましょう!

 

ラリ
それで、宿泊施設って1泊どれくらいするの?

 

ルル
テントと違って高くなるよ。

 

設備が充実しているだけ、料金がテントサイトよりも高くなります。

宿泊施設の種類によっても違ってくるので、1泊平均どれくらいなのか説明していきますね。

 

宿泊施設の種類ごとに料金が違う

キャンプ場の宿泊施設には、ロッジ、ケビン、バンガロー、コテージ、トレーラーハウス、グランピングなどがあります。

一般的に、ロッジは建物と簡易設備のみ。

コテージは生活必需品があらかじめ用意されている宿泊施

例えば、バス、トイレ、キッチン、冷蔵庫などの設備が完備されています。

ほぼ手ぶらでも泊まれるだけの設備が充実しています。

トレーラーハウスも、設備が整っています。

グランピングは、最近人気が高まっている高規格キャンプです。

いたりつくせりのサービスで、宿泊施設の中で一番料金が高いです。

一言でいえないのがケビン、バンガローなどです。

キャンプ場によっては、コテージとほぼ同じように設備が整っているバンガローもあります。

それによって料金が違ってくるので、予め設備等を確認して、料金と妥当か確かめましょう。

 

ラリ
それで、平均どれくらいで泊まれるの

 

設備簡易のロッジタイプとと、設備充実のコテージタイプで平均費用を調べてみました。

ロッジタイプ

1泊は、1万~1万5千円

キャンプ場の平均をとるとこれくらいですが、シーズンによって料金が違ってくるキャンプ場もあります。

春休みやゴールデンウイーク、夏休みなどの大型連休はお高くなるので、この平均予算を超えるキャンプ場もあります。そこら辺は確認しましょう。

コテージタイプ

1泊は、1万5千円~3万5千円

コテージの1泊の平均予算はこれくらいですが、細かい設定があるキャンプ場もあるので注意しましょう。規定に人数より増えたら、1人に着く追加料金が撮られることも。

 

ラリ
キャンプに行くときは確認することが大事なんだね。

 

予算に合ったプランでキャンプを楽しもう

キャンプは快適に楽しみたいけれど、キャンプにかける予算も大事ですね。サイトや宿泊施設にはさまざまな種類があるので、前もってきちんと確認しておくのが大事です。

平均どれくらいするのか分かっていると、料金を聞いても妥当なのか判断が付きますね。キャンプを予算内で楽しく快適に過ごせるように、キャンプ場やサイトや宿泊施設の内容をよく調べることです。

子供連れの家族におすすめ子供が遊べるキャンプ場

関東 関西 東海 九州

人気がある温泉付きのキャンプ場

関東 関西 九州

綺麗なコテージのあるキャンプ場

関東 関西 東海 九州 北陸

口コミで人気のあるおすすめのキャンプ場

山梨 千葉 愛知 静岡 長野 岐阜 北海道 群馬 神奈川 埼玉 宮崎 滋賀 熊本 栃木

コロナウイルス感染予防対策ができているキャンプ場

全国

キャンプ関連記事

サイトの種類と選び方 キャンプ場の選び方 キャンプ混雑時期 キャンプの楽しみ方 キャンプのシーズン 宿泊施設の種類 AC電源サイトとは 虫除け対策 冬・防寒グッズ 冬・暖房器具 コロナウイルス感染回避 コロナウイルス感染対策 春・服装と暖房器具 調理器具 調理電化製品 テントの選び方