九州の子供が遊べるキャンプ場おすすめ15選!川遊びを楽しめる

自然と触れ合い、家族で楽しめるキャンプは人気が高まっています。土や木、花に触れたり。広々とした大地でのびのびと過ごせます。

九州には、子供が遊べるキャンプ場が沢山あります。その中でも施設が充実していて綺麗で、小さな子供連れの家族でも安心して川遊び、水遊びができるキャンプ場を紹介しています。その他にも、アスレチック、プール、魚釣りなど楽しめるキャンプ場もあるので、夏のシーズンはおすすめです。

ゴールデンウイークや春休み、夏休みの大型連休に家族でキャンプに行ってみてはいかがでしょう。

 

川遊びができるキャンプ場

九州のキャンプ場で、子供が川遊びできるキャンプ場を厳選しました。小さなお子さんでも、川に入って遊べるじゃぶじゃぶ池もあります。

1.岩屋公園キャンプ場(鹿児島県)

岩屋公園キャンプ場は、1年を通じて利用できる本格的なキャンプ場です。春は1000本を超える桜、夏はホタルや天然の川を利用したプールやウォータースライダー、秋は紅葉と、自然を活かしたレジャーを楽しめるキャンプ場です。

▲ 1年を通して、様々な楽しみ方があるキャンプ場です。子連れの家族が安心して泊まれる施設が充実。遊具で遊んだり、スポーツをしたり。川遊びもできます。近くには道の駅、清水磨崖仏群、アスレチック遊具がある諏訪運動公園もあります。

▲ 夏季限定で「万之瀬川」の流れを利用した自然流水プールが開放されます。流水プールに併設する約70メートルのウォータースライダー。水深の浅い幼児用プールもあるので、小さなお子さんも川遊びができます。バトミントンコート、卓球、ソフトバレーボール、バトミントンが楽しめる体育館。子供広場では、遊具で思いっきり遊べます。

▲ ロッジ、ケビン、持ち込みテント、オートキャンプサイトの宿泊施設。キャンプ場内にあるBBQ専用スペースで、バーベキューも楽しめます。キャンプファイヤー場もありますので、グループ、団体での利用もおすすめです。近辺には観光スポット、温泉施設、旅館もあって便利です。

住所  :鹿児島県南九州市川辺町清水3882
電話番号:0993-56-5465(8:30〜17:30)
詳しい情報は岩屋公園キャンプ場公式ホームページまで

<アクセス>
こちらを参照

 

2.大野城いこいの森キャンプ場(福岡県)

福岡県にある大野城いこいの森キャンプ場は、宿泊施設が豊富で設備も完備。子供が遊べる遊具や、水遊びもできます。初心者から子供連れの家族まで、安心して泊まれます。

▲ テントサイトの近くにはトイレがあって便利。ファミリーキャンプサイトやロッジもあるので、赤ちゃん連れや小さな子供連れの家族にもおすすめです。

中央公園に設置されている巨大トランポリンは、子供たちに大人気です。小さなお子さんも遊べる砂場もあります。ターザンロープやボールブランコなど、子供から大人まで楽しめるアスレチック広場。「せせらぎ広場」では水遊びができます。

▲ ロッジ、常設テント、フリーテント。そばに炊飯棟、トイレ、避難場所があるファミリーテントなど宿泊施設が豊富。管理事務所内にはお風呂もあります。レンタル用品も数多く用意。バーベキューサイトでは、日帰りバーベキューがも可能です。

住所  :福岡県大野城市牛頸667-58
電話番号:092-595-2110(9:00〜17:00)
休日  :月曜日(但し7/8月は除き)
詳しい情報は大野城いこいの森キャンプ場公式ホームページまで

<アクセス>
福岡市内から車で約40分

 

3.県立吹上浜海浜公園(鹿児島県)

吹上浜海浜公園は、鹿児島県薩摩半島の西海岸に広がる豊かな白砂をベースに、110ヘクタールの区域に設置された公園です。広大な敷地の中に、様々な施設が設けられています。子供が遊べるアスレチックや広場、スポーツ、レクリエーション、キャンプも楽しめます。

▲ 吹上浜海浜公園から松林の中を通って海の方に歩いていくと、日本三大砂丘の一つに数えられている吹上浜に出られます。砂浜を歩いたり、季節によっては潮干狩りや地引網等も楽しめます。吹上浜海浜公園に隣接する万之瀬川では、11月頃から4月頃まで、東アジアにのみ生息する世界的な絶滅危惧種「クロツラヘラサギ」が飛来します。

▲ アスレチック、児童公園、じゃぶじゃぶ池、プール、ローラースケートと遊べる施設がいっぱい。1日では遊びきれません。運動公園、サッカー場もあり、スポーツも楽しめます。足をのばして吹上浜海岸へも行けます。

▲ オートキャンプやフリーテント、常設テント、バンガローなのキャンプ施設が充実。キャンプ場内には、調理場、洗面所、水洗トイレ、洗濯室、温水シャワーがあります。

住所  :鹿児島県南さつま市加世田高橋1936-2
電話番号:0993-52-0910(8:30〜17:00) キャンプ場管理事務所:0993-52-7600
休日  :通年営業(12月28日~12月31日は利用できません)
詳しい情報は県立吹上浜海浜公園公式ホームページまで

<アクセス>
こちらを参照

4.清流の森 大川原峡キャンプ場(鹿児島県)

清流の森 大川原峡キャンプ場は、鹿児島県霧島市と宮崎県都城市の間に位置し、水と森に囲まれた自然いっぱいのキャンプ場です。 8月には清流祭り、4月には溝ノ口岩穴祭りが開催。若者や、子供連れの家族連れに人気のキャンプ場です。

▲ 夏の期間は、キャンプ場に沿って流れる大淀川の一部を区切った河川プールで、泳いだり魚を捕まえたりできます。夏になると大勢の親子連れや若者で賑わいます。近くには、三連轟の滝、桐原の滝、溝ノ口洞穴などの観光スポットもあります。

▲ キャンプ場内にあるじゃぶじゃぶ池で水遊びができます。施設から車で約15分で行ける公園には、遊具と芝生の広場があります。夏休み期間中は、人工の滝やウォータースライダーのあるプールが無料で解放。美人湯と親しまれる「財部温泉健康センター」は、公園に隣接しています。

▲ レンタルテント、常設テント、バンガローなど。車でそのまま宿泊できるオートキャンプも楽しめます。

住所  :鹿児島県曽於市財部町下財部6472
電話番号:0986-78-1100(10:00~17:00)
休日  :通年営業(12月28日~12月31日は利用できません)
詳しい情報は清流の森 大川原峡キャンプ場公式ホームページまで

<アクセス>
こちらを参照

5.グリーンパル日向神峡(福岡県)

グリーンパル日向神峡は、日向神ダムの下流に隣接したキャンプ場です。三方を岩山に囲まれ森林と湖を間近に、自然を活かした多彩な遊びができます。子連れの家族にも人気のキャンプ場です。

▲ サニタリーハウスや売店などもあるので、キャンプ初心者にもおすすめ。焚き火やバーベキューだけでなく、ピザ釜もあってピザ作りを楽しむこともできます。

▲ 魚釣り、川遊び、星空観察や野鳥観察。昆虫採集、山菜採り、森林浴など自然の中でしかできない遊びが楽しめます。

▲ オートサイト、フリーサイト、風呂・トイレ完備のコテージがあります。テントやバーベキューセットなどのレンタル用品もあるので、忘れ物をしても安心です。

住所  :福岡県八女市黒木町北大淵44100-2
電話番号:0943-45-1001
詳しい情報はグリーンパル日向神峡公式ホームページまで

<アクセス>
こちらを参照

 

6.歌瀬キャンプ場(熊本県)

歌瀬キャンプ場は阿蘇山の南に位置し、周辺に阿蘇山、高千穂峡、通潤橋の観光スポットもあります。シーズン期間中ブルーベリー園で摘み取りができます。自然に恵まれ、施設も充実していて、人気が高まっているキャンプ場です。

▲ キャンプ場から矢部方面へ19.9km行くと、沢山国の重要文化財に指定された通潤橋。キャンプ場から阿蘇方面へ37km行くと、放牧された牛たちがのんびり過ごしている様子が見れる阿蘇山があります。大観峰から見下ろす光景は圧巻です。運が良ければ雲海が見えるかもしれません。高千穂峡には、歌瀬キャンプ場から30分ほどで行くことができます。高千穂峡を下から望める手漕ぎボートは大人気です。高千穂峡からさらに8kmほど進むと、パワースポットとしても大人気の、天安河原という洞窟があります。

▲ 7月中旬から9月中旬頃までプールが解放され、水遊びができます。釣りが楽しめるスポットも沢山。ごぼう畠登山口から向坂山までの登山道は整備され、家族で楽しめるトレッキングコースもります。新緑、花、紅葉、樹氷など1年を通して楽しめる山です。

▲ テントサイト、オートサイト、バンガローなどの宿泊施設が完備。温泉施設や医療施設、道の駅、スーパーなども周辺にあるので便利です。

住所  :熊本県上益城郡山都町菅尾1344-1
電話番号:0967-83-0554(8:00~18:00)
休日  :木曜日(祝日および夏休み期間中は無休)
詳しい情報は歌瀬キャンプ場公式ホームページまで

<アクセス>
こちらを参照

7.ピクニカ共和国(福岡県)

ピクニカ共和国は福岡県にある、動物や八木山高原の自然とふれあえる人気の複合施設です。バーベキューやキャンプも可能。芝生広場にテントを張ることができます。自然の形をできるだけ生かして、設備を作っています。

▲ 園内には子供が喜ぶ小さな人工川が流れており、夏季シーズンには水遊びなどを楽しむことができます。園内の動物は、小動物から大型動物、爬虫類と多種多様。ポニーやヤギとの触れ合いができます。

▲ チリーフラミンゴ、ヤマアラシ、カピバラ、ハリネズミ、リクガメ、ラット、ポニー、ラバ、アカカンガルー、ウサギウサギ、ヒヨコ、ひつじ、ヤギなどの動物と楽しく触れ合うことができます。

▲ 園内芝生広場を16:30から翌日9:30までキャンプ場として利用可能。車はテント近くに駐車できます。貸し出しテント2,500円、フリーサイト代1,000円とリーズナブル。シャワー室は無料で使用できます。

住所  :福岡県飯塚市八木山長倉2288
電話番号:0948-26-4822
業時間:10:00 ~17:00 7・8月は10:00~18:00
休日  :水・木曜日(GW、春、夏休みは無休) 12月~2月まで冬季休園(土日祝日のみ開園)
詳しい情報はピクニカ共和国公式ホームページまで

<アクセス>
こちらを参照

8.花房峡 憩いの森キャンプ場(宮崎県)

宮崎県との県境、山菜、薬草など豊かな自然を満喫できる花房峡にあるキャンプ場です。美しい自然を誇る花房峡では、特に、安楽川渓谷の美しさはすばらしいです。大自然の中にある「花房峡憩いの森キャンプ場」は、研修施設や宿泊施設、遊具施設が整い、川遊びもできるキャンプ場です。

▲ 広大な敷地には、テニスコート、バレーコート、パターゴルフ場、散歩コースなど、自然を満喫できる場所がいっぱい。周辺には、安楽川の清流が静かに流れている安楽川渓谷。両岸の渓谷林は、シダやコケ類などが数多く自生する照葉樹の原生林があります。

▲ ゴーカート場、ローラースケート場、遊歩道など自然とふれあえる施設が充実。ロバ広場では、場内にいるロバのさくらちゃんと触れ合えます。キャンプ場より遊歩道を約6分ひど歩いて安楽川に降りると、水遊びだけでなく魚釣りも楽しめるポイントもあります。沢の水を引き込み、人工的に作った幼児向けの池で水遊びもできます。

▲ トイレ・、シャワー付きのバンガロー、常設テント、持込テント、オートキャンプもできます。屋根付きのバーベキューハウスで、ご家族で気軽に食事も。憩いの森キャンプ場から車で約25分のところには、温泉施設もあるので、ゆっくりと温泉を楽しむこともできます。

住所  :鹿児島県曽於市末吉町南之郷11391-1
電話番号:0986-78-1100(10:00~17:00)
営業  :通年(休館日:月曜日、第1・3は月火連休。但し夏休み期間中は無休。
※利用期間は、バンガロー5月1日~10月31日、常設テント5月1日~9月30日
詳しい情報は花房峡 憩いの森キャンプ場公式ホームページまで

<アクセス>
こちらを参照

9.鹿児島県県民の森(鹿児島県)

鹿児島県県民の森は、鹿児島県姶良市と霧島市にまたがって位置している、1千ヘクタール余りの広大な森林の中にある公園です。公園内にはキャンプ場、子供広場、イベント会場などさまざまな施設があります。テントサイトには電源やバーベキューコンロが設置されていて、アウトドアライフが手軽に楽しめます。四季を通じて色々な森が楽しめる、自然を満喫できる県民の森のキャンプ場です。

▲ 近くにある自然薬草の森で歴史見本園、水生・湿生植物園、林間植物園などが見学できます。ターゲットバードゴルフ場やハイキングコース、運動広場など施設の施設もあります。

▲ 子供広場には、木製の遊具や長い滑り台があり、無料のソリで草スキーもできます。丸太や角材を用いた遊具にある冒険トリム。水辺の森では、森に囲まれて水遊びが楽しめます。

▲ バーベキューコンロが付いたバンガロー、コテージ。一番高いところにあるテントサイトは、高さが約450mあって絶景。霧島連山や桜島などが望められ、夜は鹿児島空港の夜景を楽しむことができます。

住所  :鹿児島県姶良市北山3464-119
電話番号:0995-68-0557(8:30~17:00)
休日  :水曜日(水曜日が祝日の場合は翌日) 12月29日~1月3日  ※ 7月1日~9月30日は無休
詳しい情報は鹿児島県県民の森公式ホームページまで

<アクセス>
こちらを参照

10.須美江家族旅行村(宮崎県)

須美江家族旅行村は、須美江海水浴場を中心にさまざまな施設が完備されています。テニスコート、パターゴルフ場、水族館、キャンプ場など、1日では遊びきれないほどです。須美江海水浴場は「日本の水浴場88選」にも選ばれている、宮崎県内の海水浴場の中で最も波が穏やかな海で、夏には大勢の人でにぎわいます。波打ち際では、小さなお子さんが水遊びもできます。

▲ 須美江海水浴場では、小さな子供連れのご家族でも安心して海水浴を楽しめます。オフシーズンには静かな砂浜で水遊びもできます。海釣りに絶好のポイントもたくさん。遊歩道を歩いてバードウォッチングも楽しめます。

▲ ビーチの森すみえは森林レクレーション施設で、子供から大人まで、一日中楽しむことができます。憩いの広場には、大型すべり台、ゴーカード。すみえファミリー水族館には、ケブカイセエビ、ヤマメ、オオフトトゲヒトデ、全国的にも珍しいアカメも見られます。その他、テニスコート、多目的広場、パターゴルフ、草スキー場もあります。

▲ 炊事棟・温水シャワー・水洗トイレ隣接している、台付きテント、オートキャンプ場などもあります。バス・シャワー・トイレ完備のケビンもあるので、小さなお子さんがいるご家族でも安心して泊まれます。

住所  :宮崎県延岡市須美江町1450-2
電話番号:0982-43-0201
詳しい情報は須美江家族旅行村公式ホームページまで

<アクセス>
大分ICから約1時間30分
宮崎ICから約1時間40分
熊本ICから約2時間

 

子供が遊べるキャンプ場

子供が遊べる遊具も沢山あって、子供の連れのご家族が、安心して泊まれる宿泊施設が完備しているキャンプ場です。

11.ながさき県民の森(長崎県)

キャンプ場は、オートキャンプ場と一般キャンプ場に分かれています。バンガロー、常設サイトなど様々なタイプの宿泊施設が整っています。アスレチック施設、子供の森広場、運動公園など色々な広場があり、バードウォチッングも楽しめます。

住所  :長崎県長崎市神浦北大中尾町693-2
電話番号:0959-24-0181(9:00〜17:00)
宿泊予約:0959-24-1660(キャンプ場管理棟)
休日  :12月29日~1月3日
詳しい情報はながさき県民の森キャンプ場公式ホームページまで

<アクセス>
こちらを参照

12.バルンバルンの森(大分県)

持ち込みテント、スタンダード、バンガローなどの宿泊施設があります。ディキャンプもできて、バーベキューや石窯ピザ体験も楽しめます。ハンモックでお昼寝したり、星空を眺めたり、のんびりとした時が過ごせます。

住所  :大分県中津市 本耶馬渓町曽木459−9
電話番号:0979-52-3020(9:00〜12:00/13:00〜17:00) (火水休)
詳しい情報はバルンバルンの森公式ホームページまで

<アクセス>
こちらを参照

13.オートキャンプ森のかわなべ(鹿児島県)

宿泊キャンプ、デイキャンプが楽しめます。バーベキューコンロやピザ釜のレンタルもでき、飲料品を中心とした売店、レンタル自転車、ボルダリングジムもサービスステーションにあります。丸太吊り橋、ネットわたり、滑り台など子供が遊べる遊具施設も充実しています。

住所  :鹿児島県南九州市川辺町野崎8138-1
電話番号:0993-56-4342(8:30~18:00)
詳しい情報はオートキャンプ森のかわなべ公式ホームページまで

<アクセス>
こちらを参照

14.アグリランドえい(鹿児島県)

テント持ち込みのフリーサイトやロッジがあります。フリーサイトでは、オートキャンプ場としても利用OK。ゴーカード場やソリスキー、小動物園、ゴルフ場などさまざまな施設がある公園で、子供が遊べます。売店や温泉もあります。

住所  :鹿児島県南九州市頴娃町頴娃町牧之内15025-5
電話番号:0993-36-3535
詳しい情報はアグリランドえい公式ホームページまで

<アクセス>

15.霧島ヶ丘公園(鹿児島県)

市の西端、標高176mの霧島ケ丘にある、四季を通じてカラフルな花々が楽しめる、展望公園内にあるキャンプ場です。園内には、ゴーカート場、大型遊具、ベビーカー、展望台、ゴルフコース、キャンプ場などがあります。8ヘクタールの面積を誇る日本最大級のばら園「かのやばら園」も楽しめます。

住所  :鹿児島県鹿屋市浜田町1250
電話番号:0994-40-2170
休日  :月曜日
詳しい情報は霧島ヶ丘公園キャンプ場公式ホームページまで

<アクセス>
国分ICから車で1時間40分

自然と触れ合うキャンプ場

キャンプ場は、自然豊かな環境で思いっきり、子供を遊ばせることができます。

九州には子供が遊べるキャンプ場がたくさん。特に、川遊びができるキャンプ場をここでは取り上げて紹介しました。その他にも、子供連れの家族が楽しめる、遊具施設などが充実しているキャンプ場など。ニーズに合わせて選べます。

夏休みだけでなく、春休み、ゴールデンウイークの大型連休にキャンプ場に行ってみましょう。

子供連れの家族におすすめ子供が遊べるキャンプ場

関東 関西 東海 九州

人気がある温泉付きのキャンプ場

関東 関西 九州

綺麗なコテージのあるキャンプ場

関東 関西 東海 九州 北陸

口コミで人気のあるおすすめのキャンプ場

山梨 千葉 愛知 静岡 長野 岐阜 北海道 群馬 神奈川 埼玉 宮崎 滋賀 熊本 栃木

コロナウイルス感染予防対策ができているキャンプ場

全国

キャンプ関連記事

キャンプ平均予算 サイトの種類と選び方 キャンプ場の選び方 キャンプ混雑時期 キャンプの楽しみ方 キャンプのシーズン 宿泊施設の種類 AC電源サイトとは 虫除け対策 冬・防寒グッズ 冬・暖房器具 コロナウイルス感染回避 コロナウイルス感染対策 春・服装と暖房器具 調理器具 調理電化製品 テントの選び方