キャンプの寒さ対策!電源なしでも暖か冬の防寒グッズ10選

冬のキャンプ場は、とにかく寒いです。冬にキャンプに行くに場合は、備えが必要。電源ありサイトでキャンプができればいいのですが、空きがなくて電源なしサイトでしか予約ができない場合もあります。

そこで、冬キャンプの寒さ対策グッズを紹介します。電源なしサイトで、これさえあれば電化製品がなくても、あったかく過ごせる防寒グッズです。

キャンプ初心者でも寒さ対策をしっかりとすれば、冬の電源なしサイトでも快適にキャンプを楽しめます。

 

冬キャンプの注意点

冬のキャンプ場は、環境が厳しいです。

寒さ対策は必然、防寒テントや防寒服は必須。

保温性の高い防寒寝袋などもあるので、こういった防寒グッズも冬のキャンプで利用しましょう。

 

ラリ
電化製品が使えなくても大丈夫なの?

 

その他にも、電気を使わない防寒グッズは沢山あります。

最大限に利用して、冬キャンプを楽しみましょう。

ただし、冬のキャンプは、キャンプ初心者や子供連れの家族には、あまりおすすめできません。

冬キャンプをする場合は、キャンプサイトではなく、コテージなどのような宿泊施設を利用しましょう。

エアコンなどの設備が充実していて、暖かく快適に過ごせます。

関連記事

キャンプ場にはキャンプサイトと宿泊施設があります。キャンプは決められた敷地内にテントを張って泊まりますが、それとは別に宿泊施設があります。 宿泊施設いっても、ロッジ、ケビン、キャビン、バンガロー、ログハウス、コテージなど。その他にトレ[…]

 

ガスストーブ

キャンプ用サイズの小さいカセットガスストーブは、安全で便利です。

スイッチオンですぐ付いて、あったかいです。

軽くて、運びも便利。

電気コードもないので、コードを足に引っ掛けることもありません。

燃料のカセットボンベが切れてしまっても、キャンプ場の売店などで購入できます。

「カセットガス」が燃料のストーブは、価格も安くリーズナブルで人気があります。

 

▲ カセットガスストーブ

石油ストーブ

アウトドア用の石油ストーブは、コンパクトで持ち運びしやすいです。

電気も電池もいりません。

部屋で使用だけでなく、屋外でも使用できて便利。

但し、燃料が石油なので気を付ける必要があります。

 

▲ 石油ストーブ

 

薪ストーブ

薪ストーブは、キャンプに落ちている木の枝などを、燃料として燃やすことができます。

 

ラリ
他に燃料はいらないの?

 

ガス代も電気代もかかりません。

石油もいりませんね。

暖房費がかからず、しかも料理もできて重宝!

我が家は、ちょっと寒い時期は、キャンプのお供にいつも薪ストーブを持って行きます。

アウトドア気分が味わえるし、薪を燃やすのも楽しいです。

 

 

▲ 薪ストーブ

 

防寒テント

防寒・防水・防風用のテントだと冬キャンプは安心。

冬キャンプの寒さ対策は、まずテント。

 

ラリ
防寒テントってあるの?

 

ルル
防風テントでも、寒さ対策になるよ!

テントの中に風が吹き込むと、中の温度がぐっと下がります。

防寒テントではなくても、風をしっかりと防いで、内部の温度を最大限に維持してくれるテントを選びましょう。

 

▲ 防寒テント

防寒寝袋

寒くて眠れないことがないように、防寒寝袋を用意しましょう。

冬キャンプでは、夜の寒さは応えます。

保温性の高い、軽量でコンパクトに収納できる防寒寝袋を選びましょう。

最近では、洗濯機で丸洗いできるタイプの寝袋があります。

丸洗い可の防寒寝袋だと、洗濯が楽です。

 

▲ 防寒寝袋

防寒カーペット・マット

防寒カーペットやマットをテントの中に敷くと、座ったときあったかです。

冬のキャンプは床が冷えます。

軽くてコンパクトな防寒カーペットやマットがあるので、1つは持って行くことをおすすめします。

 

▲ 防寒マット

 

防寒服

冬のキャンプ場では、寒さ対策の服装は重要です。

 

ラリ
どんな服装をすればいいの?

 

防寒服やマフラー、帽子など。

テントの中で履くあったかいスリパッも持って行くと、足が暖かいです。

その他、防寒手袋、靴下なども使用すると万全です。

 

▲ 防寒服

 

▲ 防寒手袋

 

▲ 足の冷えない靴下

防寒靴

足先が冷たくなると、体全体が寒く感じられます。

冬のキャンプ場では、防寒靴を履きましょう。

防水加工のある防寒靴だと、よりベスト。

防寒靴は高いのではと思いますが、そんなに高くありません。

3,000円くらいの価格でも、しっかりとした防寒靴が購入できます。

 

▲ 防寒靴

使い捨てカイロ

オフィスや家庭でもよく使う、使い捨てカイロ

貼るタイプは胸や背中に貼って、貼らないタイプはポケットに入れて冷えた手を温めたりします。

意外と、これだけで体がポカポカします。

 

関連記事

冬にキャンプに行くには、寒さ対策が必要です。暖房器具を持って行かないと、キャンプ場の寒さはしのげません。 そこで、冬のキャンプ場での寒さ対策に、テント内でも使用できる電化製品や暖房器具をまとめてみました。電化製品は、電源ありのサイトで[…]

 

▲ 使い捨てカイロ

湯たんぽ

湯たんぽは、程よく足を温めてくれます。

直火対応の湯たんぽだと、電気がなくても使用できます。

本体に水を入れて、直接たき火で温めるだけ。

電気あんかと比べて安心安全で、人気が高まっている商品です。

 

▲ 直火対応の湯たんぽ

 

★ キャンプやバーベキュー関連は、こちらの記事でも紹介しています。

 

子供連れの家族におすすめ子供が遊べるキャンプ場

関東 関西 東海 九州

人気がある温泉付きのキャンプ場

関東 関西 九州

綺麗なコテージのあるキャンプ場

関東 関西 東海 九州 北陸

口コミで人気のあるおすすめのキャンプ場

山梨 千葉 愛知 静岡 長野 岐阜 北海道 群馬 神奈川 埼玉 宮崎 滋賀 熊本 栃木

コロナウイルス感染予防対策ができているキャンプ場

全国

キャンプ関連記事

キャンプ平均予算 サイトの種類と選び方 キャンプ場の選び方 キャンプ混雑時期 キャンプの楽しみ方 キャンプのシーズン 宿泊施設の種類 AC電源サイトとは 虫除け対策 冬・防寒グッズ 冬・暖房器具 コロナウイルス感染回避 コロナウイルス感染対策 春・服装と暖房器具 調理器具 調理電化製品 テントの選び方

バーベキュー関連記事

食材 変わり種食材 おやつ・お菓子 おつまみ デザート お酒・ドリンク 便利グッズ 炭の選び方 炭の処理方法 炭の保管方法

冬のキャンプは寒さ対策で快適に過ごす

冬にキャンプに行く場合は、寒さ対策はしっかりしましょう。ここで紹介した防寒グッズは、電源なしサイトでキャンプした場合だけでなく、もちろん電源ありサイトでも利用できます。

冬キャンプには、その季節ならではの魅力があります。冬景色や冬の星空、大自然が見せる絶景など。できるならば、冬キャンプは電源ありサイトでキャンプすることがおすすめなのですが、電源なしサイトでしか予約が取れなかったときは、防寒グッズで寒さ対策をしてキャンプを楽しく過ごしましょう。