バーベキュー炭の正しい処理や処分方法!火の消し方や捨て方

バーベキュー が終わった後の炭を、どのように処理していいのか迷ったことはありませんか。できるなら、安全に簡単に処理したいですね。

そこで、バーベキュー の使用した炭や余った炭の、簡単で安全な処理方法、処分方法をまとめてみました。キャンプ場や自宅でも、処理方法は同じです。

間違った処理や処分をすると危険です。必ず正しい方法で炭の後始末をしましょう。

 

バーベキュー炭の処理方法

バーベキューの炭を簡単に処理する方法です。間違った処理をすると危険なので、注意しましょう。

火消し壺で消す

バーベキューで使用した炭の処理は、火消し壺で消すと簡単です。

火のついた炭を入れて蓋をするだけで、放っておけば火が消えるので、安全かつ簡単に消火できます。

火消し壺はホームセンターなどで購入する事ができます。

炭の量にもよりますが、完全消火にかかる時間は約1~2時間位が目安です。

 

完全に炭を燃やし切る

時間に余裕があるならば、完全に炭を燃やし切るのが良いでしょう。

バーベキューでよく使われる黒炭は、約2時間ほどで燃え尽きます。

待っている間は後片付けをしたり、炭を囲んでゆっくりと時間を過ごしたり、完全に灰になるまで燃やし尽くします。

後は、灰を冷ましてゴミ袋に入れるだけです。

 

 

バケツの水の中に炭を入れる

炭の量が少ないなら、水で消火することもできます。

金属製のバケツに水を張って、トングで一つずつ静かに炭を沈めて消化します。

一度にまとめていれると、勢いよく沸騰する恐れがあります。

全てバケツの水の中にに入れたら、完全に消火するまで待ちましょう。

表面は消えたように消えても、まだ火がくすぶっていることがあるので、そのままバケツの中に30分位は置いておきます。

完全に消火できた炭は、ごみ袋に入れて自宅に持ち帰ればよいです。

 

金属製の缶を使用する

お菓子が入っていた缶でも、炭を消火することができます。

ステンレス缶やブリキ缶など、なんでもよいです。

缶の中に炭を入れ後、蓋を閉めて密閉して約1時間~2時間くらい放置するだけで完了です。

炭を中に入れると缶が高温となるので、やけどしないように注意しましょう。

 

 

バーベキュー炭の処分方法

バーベキューに使用した炭や余った炭の処分方法、捨て方にはルールがあります。周りに迷惑をかけないように炭は処分します。

キャンプ場やバーベキュー場に捨てる

キャンプ場やバーベキュー場によっては、炭や灰を処分する場所を設けたりしています。

事前に確認しておくと、火消し道具を持って行く必要はないです。

そのまま、灰捨て場に捨てましょう。

 

ゴミとして処分

キャンプ場やバーベキュー場に炭を捨てる場所がない場合は、自宅に持ち帰ってゴミとして処分します。

炭は燃えるゴミとして処分します。

使用しなくて、余った炭も同様です。

燃せるごみは無色透明か白色半透明の袋に入れて出しますが、自治体によってルールが異なるので、必ず確認してからゴミ捨てに出しましょう。

関連記事

バーベキューで残った炭や、使い終わった炭を捨てていませんか。炭は保管状態がよければ、何年でも使用できるんです。捨てるなんてもったいないです。 そこで、バーベキューで残った炭の保管方法や、使い終わった炭の再利用法を紹介します。消し炭は次[…]

 

 

間違った炭の処理方法

土に埋める

土や砂に埋めるのはやめましょう。

火のついた炭を土に埋めても消化されず、やけどをしたり火事を引き起こす危険性があります。

過去にもバーベキューの炭の不始末が原因で、山火事を招いたこともあります。

直接水をかける

燃えている炭に、直接バケツの水をかけるようなことはしてはいけません。

温度変化の影響で、コンロやグリルが変形したり破損してしまう可能性があります。

灰などが舞い上がって、周囲の人にも迷惑がかかることがあるのでやめましょう。

関連記事

バーベキューにとって、大事なのが炭です。選び方を失敗すると、バーベキューが台無しになってしまいます。 ここでは、バーベキューにはどんな炭が適しているのか、炭の種類にはどんなものがあって、着火や値段の違いなどをまとめています。 バ[…]

まとめ

バーベキューの使用した炭は、完全に消火して処分する必要があります。余った炭も燃えるゴミになるので、捨てる時にはどのように捨てたらよいのか確認しましょう。

キャンプ場やバーベキュー場に捨てる場所があると良いのですが、ない場合は自分たちで処理しなくてはいけません。必ず正しい方法で処理、処分をしましょう。