キャンプ場が最も混雑している時期は!大型連休で避けたいのはいつ

キャンプに行くなら、できるだけキャンプ場が空いている時期を選びたいですね。混雑していると、トイレもシャワーも、バーベキューハウスも人が一杯。何かと不便を感じたということはありませんか。

キャンプ場で最も混む時期はいつかというと、大型連休です。その中でも、最も混む時期があります。できるだけ空いている日を選びたい方に、大型連休で最も混む時期を調べてまとめてみました。

キャンプの予算に余裕のある方は、宿泊施設を選ぶ事もおすすめです。キャンプサイトや宿泊施設の事も含めて、分かりやすく説明していきましょう。

 

1年の中で最も混む時期は

キャンプ場は1年中、混んでいるかというとそうでもありません。

比較的空いている時期もあります。

 

ラリ
1年の中で混雑していないのはいつなの?

 

1年の中で混雑するのは、大型連休です。

その次に連休や週末。

オートキャンプやディキャンプなどで、バーベキューを楽しむ家族やグループなどで賑わいます。

 

ラリ
大型連休には春休み、ゴールデンウイーク、夏休みなどがあるけど、どの時期も混雑するの?

 

ルル
大型連休でも混雑状況は違うんだよ

 

大型連休でもかなり時期によって違いがあり、かなり空いている時期もあります。

 

大型連休の中で最も混む時期は

大型連休で一番混むのは夏休みです。

その次にゴールデンウイーク、春休みと続きます。

だったら、冬休みも混むだろうと思いがちですが、冬休みは混みません。

年末年始は、お休みするキャンプ場も多いんです。

秋から冬にかけては、キャンプ場は最も空いている時期。

だから、11月から3月までは営業していないキャンプ場もあるんです。

四季の中でいうと、夏が最も混む時期です。

1年の内8月がピークで、7、9、10月も多いです。

 

8月の混雑時は避けた方がベスト!

 

5月も多いので注意ですね。

逆にこの時期を外すと、がらりとキャンプ場は空いてきます。

ただし、人気の高いキャンプ場は混む可能性もありますからご注意を。

 

ラリ
大型連休にしかキャンプに行けないんだけど、混まない日ってあるの?

 

ルル
夏休みやお盆が一番混むから、ちょっと外して休みを取ればいいよ

 

春休みにキャンプに行く

春休みの場合、ゴールデンウイークは混みます。

ゴールデンウイークは避けた方がいいのですが、どうしてもこの日にしか行けないという人いますね。

その場合、ゴールデンウイーク後半は、ピークの時より比較的空いているキャンプ場もあります。

でも、人気の高いキャンプ場は混むので注意しましょう。

キャンプの予算に余裕があるなら、宿泊施設を選ぶのもおすすめです。

これは、後半で説明します。

 

夏休み・お盆にキャンプに行く

夏にご家族でキャンプ場に行く場合、お父さんが休めるのは夏休み。

お盆休みを、夏休みとして取る方もいますね。

お盆は、8月13日からです。

この時期はお休みを取る人が多いので、キャンプは避けた方がいでしょう。

では、お盆を外して夏休みを取った場合は、いつが空いているのでしょう。

 

お盆は外した方がベスト

夏休みやお盆の時期で比較的空いているのはいつ

お盆にどうしても行きたいならば、お盆の後半は空いているキャンプ場もあります。

でも、人気のあるキャンプ場はやはり混むので、よくキャンプ場を選ばないといけません。

夏休みも、8月後半から9月にかけてならピークの時よりは空いてきます。

それでも混むので、キャンプサイトや宿泊施設の検討をした方がいいです。

 

ラリ
キャンプサイトや宿泊施設で混雑を避けられるの?

 

ルル
利用料金が高くなってしまうけどね

 

キャンプサイトや宿泊施設を選ぶと、料金は高くなりますが混雑を回避することはできます。

ここから、キャンプサイトや宿泊施設の種類と料金について説明していきましょう。

 

キャンプサイトを選んで混雑を回避

キャンプサイトには、フリーサイトと区画サイトがあります。

区画サイトでも、一般的な区画サイト、オートサイトの2つがあります。

簡単に説明すると、フリーサイトは自由にテントを張れるサイト

決められた敷地内に自由にテントを張れるので、混雑した時は、隣との距離が近くなります。

隣がうるさくても我慢。

だから、利用料金も一番安いんです。

 

ラリ
フリーサイトは大型連休は避けたほうがいね。

 

区画サイトは、決められた敷地内に、テントを張るスペースが割り当てられているプライベートなサイト。

お隣さんとの距離が離れてるので、或る程度プライベートが保たれます。

オートサイトは、区画サイトの中に車を乗り入れできるサイトです。

キャンプ場は決められた駐車場に車を止めて、キャンプサイトに入らなけらば行けないのですが、オートサイトは車ごとキャンプサイトに入れるんです。

だから、区画サイトよりもお高くなります。

 

ラリ
区画サイトを選ぶといいんだね

 

区画サイトを選ぶと、テントでのプライベートはある程度保たれますが、混雑時はキャンプ場の施設や設備も思うように使えなくて不便を感じることもあります。

我が家は、家族で大型連休にキャンプに行くときは、いつもコテージを利用します。

コテージだとトイレやお風呂などの設備も充実。

ほぼ手ぶらで泊まれます。

バーベキューの設備が完備しているコテージもあるので、ゆっくりとBBQを家族で楽しめますよ。

関連記事

キャンプ場には様々なサイトがあって、キャンプ初心者や慣れていない人はどのサイトにしたらよいのか迷うのではないでしょうか。 そんな方に、キャンプサイトの種類とそれぞれの違いをまとめてみました。選び方にもポイントがあるので、迷わずにキャン[…]

 

宿泊施設を選んで混雑を回避

宿泊施設にはロッジ、バンガロー、コテージなどがあります。

 

ラリ
宿泊施設によって違いがあるの

 

簡単に説明すると、ロッジはほぼ建物だけを提供。

バンガローは、建物と簡易設備を提供。

コテージはほぼ手ぶらで泊まれるだけの設備が完備

おすすめは、やっぱりコテージです。

混雑していても、別荘感覚で泊まれます。

いつも、快適に楽しく過ごしています。

小さいお子さんがいるご家庭には、特におすすめです。

後は、キャンプの予算との相談ですね。

宿泊施設は快適なだけに、利用料金が高いです。

できるだけ、混雑する大型連休は避けた方がいいのですが、どうしても行きたい方は、キャンプ場や宿泊のタイプを選んで予約しましょう。

 

大型連休は、キャンプサイトや宿泊施設を選んで混雑を回避できる

 

関連記事

キャンプに慣れている人なら、1泊のキャンプに使う費用はこのくらいが妥当と分かりますが、キャンプ初心者や慣れていない人はちょっとわかりませんね。 そこで、家族でキャンプに行った場合、キャンプにかかる費用はどれくらいか、1泊の平均予算をま[…]

大型連休でキャンプに行く場合は早めに予約しましょう

大型連休にキャンプ行く場合は、早めに予約をしましょう。

予約をしたら全て埋まって、空きがなかったなんてこともあります。

人気の高いキャンプ場は、特にそうです。

ちなみに、バーベキューハウスも予約が必要なキャンプ場が多いので気を付けましょう。

 

★ キャンプやバーベキュー関連は、こちらの記事でも紹介しています。

 

子供連れの家族におすすめ子供が遊べるキャンプ場

関東 関西 東海 九州

人気がある温泉付きのキャンプ場

関東 関西 九州

綺麗なコテージのあるキャンプ場

関東 関西 東海 九州 北陸

口コミで人気のあるおすすめのキャンプ場

山梨 千葉 愛知 静岡 長野 岐阜 北海道 群馬 神奈川 埼玉 宮崎 滋賀 熊本 栃木

コロナウイルス感染予防対策ができているキャンプ場

全国

キャンプ関連記事

キャンプ平均予算 サイトの種類と選び方 キャンプ場の選び方 キャンプ混雑時期 キャンプの楽しみ方 キャンプのシーズン 宿泊施設の種類 AC電源サイトとは 虫除け対策 冬・防寒グッズ 冬・暖房器具 コロナウイルス感染回避 コロナウイルス感染対策 春・服装と暖房器具 調理器具 調理電化製品 テントの選び方

バーベキュー関連記事

食材 変わり種食材 おやつ・お菓子 おつまみ デザート お酒・ドリンク 便利グッズ 炭の選び方 炭の処理方法 炭の保管方法

計画的なキャンプで混雑を回避

何でもそうですが、事前に計画を立てて事を進めるとキャンプを快適に過ごせます。

我が家も今では楽しくキャンプしていますが、初心者の頃は何かと不便を感じたり快適に過ごせなかったりしました。

何か気になることがあったら、前もってキャンプ場に問い合わせることが大事です。ちょっとしたことで、キャンプが違ってきます。