上白石萌歌のプロフィール、大学、経歴、家族を紹介

2020年1月の日本テレビ系、情報番組「ZIP」金曜日のパーソナリティに決まった、女優の上白石萌歌さん。

第7回「東宝シンデレラ」オーディションで、44,120人の中からグランプリに選ばれ、当時史上最年少、10歳で芸能界入りしました。

お姉さんも、映画「君の名は。」の主演声優を務めた、上白石萌音さんです。

姉妹揃って美人で、可愛いです。

ZIPのパーソナリティで注目を浴びている、上白石萌音さんはどんな人でしょう。

気になりますね。

上白石萌歌のプロフィール、大学、これまでの経歴や家族をまとめてみました。

上白石萌歌のプロフィール

本名:上白石萌歌
読み方:かみしろいし・もか
生年月日:2000年2月28日
出身地:鹿児島県鹿児島市
学歴:現役大学生
身長:163cm
血液型:A型
職業:女優
星座:うお座
干支:辰

所属事務所:東宝芸能
著名な家族:上白石萌音(姉)

受賞:「東宝シンデレラ」オーディション、グランプリ

上白石萌歌の家族

上白石萌歌さんのお姉さんは、上白石萌音(かみしろいし・もね)さんです。

上白石萌音は、2016年に大ヒットした映画「君の名は。」でヒロイン役の宮永三葉の声を担当した女優さんです。

なんと、萌音さんも、第7回「東宝シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞しています。

同年11月にはNHKの大河ドラマ「江~姫たちの戦国」の最終回で、ドラマデビューを果たしています。

2014年には、映画「舞妓はレディ」で主人公の「春子」役を演じ、数々の賞を受賞。

第38回日本アカデミー賞新人俳優賞
第26回山路ふみ新人女優賞
第19回日本インターネット映画大賞 日本映画部 ニューフェイスブック賞、ベストインパクト賞
全国映連賞 女優賞

上白石萌歌さんのお姉さんは、映画「君の名は。」でも、第11回声優アワード 主演女優賞を獲得しています。

お父さんは、中学校の先生で社会科を担当されているとか。

お母さんは、音楽の先生をしているそうです。

兄弟は他にいるかというと、いません。

父親と母親、姉妹2人の、4人家族なんです。

上白石萌歌の学歴・大学や高校

お父さんは、2006年頃にメキシコで日本語教師をして、家族も3年間ほどメキシコに住んでいたそうです。

小学1年生から3年間住んでいて、メキシコの公用語である、スペイン語での日常会話もできるそうです。

上白石萌歌さんは、実践学園高校を卒業。

お姉さんも同じ高校だったようです。

大学を調べてみると、明治学院大学、社会学部に通っているらしいです。

競争が激しい芸能界で、勉学と芸能活動を両立させているなんてスゴイですね。

現在は、お姉さんの萌音さんと2人で暮しています。

同じ芸能界で仕事をしているので、お互いにライバル意識もあると思いますが、一緒に暮しているので仲がいいんでしょうね。

遠い鹿児島から上京して、お互いに助け合っているのかもしれません。

姉妹とも目がパッチリとした二重で可愛らしく、姉妹だけあって似ています。

上白石萌歌の経歴

上白石萌歌さんは、2012年2月にドラマ「分身」で女優デビューしています。

2015年6月には、NHK Eテレのテレビアニメ「はなかっぱ」の主題歌「ス・マ・イ・ル」でCDデビューし、歌手としても活躍。

2016年8月には、『2万人の鼓動 TOURSミュージカル「赤毛のアン」』でミュージカルに初出演。

主人公「アン・シャーリー」役を、史上最年少で演じています。

2018年には舞台「続・時をかける少女」で主演。

同年公開の「羊と銅の森」では、姉の上白石萌音さんと初共演をして、第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

映画や舞台、テレビドラマ、CMなどで活躍しています。

まとめ

ますます、ブレイク中の上白石萌歌さん。

今後も、活動の幅を広げてさまざまなジャンルでの活躍が期待されます。

今後も目を離さず、注目していきましょう。