みさき公園が3月末で閉園、撤退!動物の引き取り先や撤退後は

2020年2月13日、南海電鉄は大阪府岬町で遊園地と動物園を運営する総合遊園地「みさき公園」を、3月末で閉園すると発表しました。

昨年3月、経営難を理由に施設運営からの撤退を発表し、撤退後の後継事業者を求めていましたが実現に至らず、3月31日で閉園となりました。

閉園後の動物の引き取り先や、撤退後のみさき公園の活用方法はどうなるのか、まとめてみました。

みさき公園が3月末で閉園、南海電鉄が事業撤退

南海電鉄が大阪府岬町の総合遊園地「みさき公園」を、2020年3月31日で運営を終了すると発表し、約62年にわたる「みさき公園」の歴史は幕を閉じることとなりました。

みさき公園は1957年にオープンし、動物園や遊園地、イルカ館、プールなどを併設。

1989年には、年間来場者数は約72万人を記録しました。

しかし、その後は入場者数が振るわず、2018年度は約33万6千人とピーク時の半分以下まで落ち込みました。

動物園のほか、開園当初から動いている西日本最古のジェットコースターや、イルカショーを楽しめる遊園地としてファミリー層を中心に人気。

和歌山県からの来園者も多かったのですが、2009年度からは年間2億~3億円の赤字が続いていました。

昨年3月に南海電鉄施が設運営からの撤退を発表した後、事業譲渡先を探していましたが、複数の企業と交渉するも条件面で折り合いませんでした。

「南海電気鉄道株式会社」は「みさき公園」事業からの撤退について、2019年3月26日このように公表しています。

「みさき公園」事業からの撤退について

南海電気鉄道株式会社(社長 遠北 光彦)では、このたび2020年3月31日をもって、「みさき公園」事業から撤退することといたしました。

みさき公園は1957年に開園、以後約62年間にわたり動物園やイルカショーを核とした自然につつまれた総合遊園地として、沿線にお住まいのファミリー層を中心にご支持いただいてまいりました。

1989年度には年間来場者数は約72万人を記録いたしました。

「みさき公園」3月末閉園の理由を、こう述べています。

しかしながら、その後はレジャーの多様化により、年間来場者数の減少傾向が続いており、2017年度はピーク時の半分の約36万人にまで減少しております。

2017年度の決算において、同公園事業にかかる約33億円の減損損失を計上し、その後もあらゆる再建策について検討してまいりましたが、当社としては事業継続が困難であると判断し、2020年3月31日をもって、「みさき公園」事業から撤退することを決定した次第でございます。

そして、こう綴っています。

長年みさき公園をご愛顧くださいました皆さまには、大変申し訳なく存じますが、何とぞご理解賜りますようお願いいたします。

みさき公園の動物の引き取り先は

「みさき公園」で飼育している約450頭の動物は、和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」をはじめ、複数の動物園等に引き取ってもらう事に。

受け入れ先が決まらない動物については、2021年3月31日までを目途に。全ての動物の移転を目指している事を発表しました。

アドベンチャーワールド

報道関係者各位 2020年2⽉13⽇
南海電気鉄道株式会社の「みさき公園」事業撤退に伴い飼育動物を譲り受けいたします

⼤阪府の総合レジャーランド「みさき公園(所在地︓⼤阪府泉南郡岬町)」について、運営会社である南海電気鉄道株式会社(以下 南海電鉄と称する)の事業撤退に伴い、 2020年4⽉1⽇付で、みさき公園で飼育されている動物(すでに移転先が決定もしくは交渉中の動物は除く)をアドベンチャーワールド(所在地︓和歌⼭県⽩浜町/運営会社︓株式会社アワーズ)が譲り受けることとなりました。

「みさき公園」で飼育している全ての動物の移転について、こう述べています。

2021年3⽉末を⽬途にみさき公園から全ての動物の移転をすることを⽬指し、アドベンチャーワールドで動物たちを受⼊れるための準備と新たな受⼊れ先について関係各所と協議を進めてまいります。

この度の決定に際しまして、ご尽⼒くださいました南海電鉄様に感謝を申し上げますとともに、みさき公園で地域の皆様に⻑年愛されてきた、⼤切な動物たちが安⼼して暮らせる未来に責任を持って取り組んで参ります。

 

南海電鉄 事業からの撤退後は

南海電鉄撤退後の「みさき公園」の活用方法は未定だそうです。

南海電鉄は今後の活用方法についてこのように、公表しています。

当社は「みさき公園」事業からは撤退いたしますが、同公園の今後につきましては、地元地方公共団体である岬町とも十分に協議してまいりたいと考えております。

岬町も新たな事業者の下で「みさき公園」存続できるように努力していきたいとしていますが、大型複合施設だけにそのままの規模で運営できる事業者は少ないと地元メディアの報じています。

「閉園」となる可能性もある、とされています。

また、今回の運営終了決定を受けて、同園では「みさき公園の卒園式」を開催します。

みさき公園を「卒園」するイベントや様々な催し、歴史を写真などで振り返る「卒園展~みさき公園63年間のあゆみ~」などを実施する予定です。

みさき公園の卒園式
開催日時:2020年2月29日(土)~3月31日(火)
場所  :みさき公園 イベントホール
入場料 :無料※別途入園料が必要
開場時間:9:30~閉園時間まで

まとめ

南海電鉄が遊園地と動物園を運営する「みさき公園」は、残念ながら経営難で、3月末で閉園となりました。

閉園後の動物の引き取り先は2021年3⽉末には決まりそうですが、撤退後のみさき公園の活用方法はどうなるのかまだ分かりません。

「閉園」とならず、運営できる事業者が現れることを期待します。