子供が喜ぶ人気のそうめんレシピ!栄養たっぷりで夏でも食が進む

夏は、何といってもそうめんが美味しいですね。つるつると喉越しのよいそうめんは、そのまま食べても美味しいですが、色々な食べ方があります。

また、そうめんは炭水化物で、これだけだと栄養不足になってしまいます。そうめんに具を添えることで、栄養満点になります。

子供が喜ぶそうめんの具やレシピを、ここでは紹介しています。栄養たっぷりで夏でも食が進み、つるりといただけます。そうめんに飽きた時にもおすすめです。料理が苦手な人でも、簡単に作れるレシピになっています。

 

 

目次

1.人気があるそうめんの具
2.人気があるそうめんのレシピ
3.お好み乗っけ盛りそうめん

4.サラダそうめん
5.ひき肉とねぎのそうめん
6.豚バラきのこのそうめん
7.納豆キムチそうめん
8.まと

そうめん人気があるそうめんの具

大人だけでなく、子供にも人気があるそうめんの具です。

そうめんに付足すだけで、栄養満点の食事になります。

野菜

1.きゅうり

2.トマト

3.レタス

4.おくら

5.とうもろこし(スイートコーン)

6.パプリカ
a
果物

1.オレンジ

2.パイナップル

3.スイカ
a
たんぱく質

1.豚肉

2.ハム

3.ツナ(缶詰)

4.豆腐

5.納豆

6.卵(卵黄、ゆで卵、錦糸卵)
a
その他

1.キムチ

2.キノコ類(しめじ、マッシュルーム)

a

 

人気があるそうめんのレシピ

人気がある、子供が喜ぶそうめんのレシピです。

つゆは市販のそうめんのつゆでOK。

誰でも簡単に作れるレシピです。

栄養もたっぷりで、暑い夏でもつるつると美味しくいただけます。
a
そうめんや具材の量はお好みでどうぞ!

1.お好み乗っけ盛りのそうめん

2.サラダそうめん

3.ひき肉とねぎのそうめん

4.豚バラきのこのそうめん

5.納豆キムチそうめん

a

 

お好み乗っけ盛りそうめん
材料

きゅうり        

ハム         

錦糸卵        

トマト           

のり(海苔)        

つゆ:めんつゆ

作り方

1.きゅうり、ハム、錦糸卵は短冊切りに、トマトは食べやすい大きさに切ります。

2.茹でたそうめんを皿に盛って、きゅうり、トマト、ハム、錦糸卵、のりを適量を上にのせます。

3.そうめんのつゆを上からかけていただきましょう。

サラダそうめん
材料

レタス        

きゅうり         

おくら       

トマト

スイートコーン

ハム           

ワカメ       

つゆ:めんつゆ

作り方

1.きゅうり、おくらは輪切りに、ハム、トマトは食べやすい大きさに切ります。

2.レタスは食べやすい大きさにちぎります。

3.乾燥ワカメを使用する場合は、水かお湯で戻します。

4.茹でたそうめんを皿に盛って、きゅうり、おくら、トマト、レタス、スイートコーン、ハム、ワカメを上にのせます。

5.そうめんのつゆを上からかけ、具とそうめんを混ぜていただきましょう。

a

 

ひき肉とねぎのそうめん
材料

合いびき肉(豚・鶏・牛)      

万能ねぎ        

のり(海苔)        

卵黄             

つゆ:めんつゆ

作り方

1.合いびき肉(合いびき肉は好みの肉を使用)を油で炒めます。

2.小ねぎは、小口切りにします。

3.茹でたそうめんを皿に盛って、炒めた肉、ねぎ、卵黄、のりを適量のせ、つゆを上からかけていただきましょう。

豚バラきのこのそうめん
材料

豚バラ       

しめじ         

万能ねぎ       

卵黄                 

つゆ:めんつゆ

作り方

1.豚バラを油で炒め、火が通ったらしめじを入れて軽く炒めます。

2.小ねぎは、小口切りにします。

3.茹でたそうめんを皿に盛って、 炒めた豚バラとしめじ、ねぎ、卵黄を上にのせ、そうめんのつゆを上からかけていただきましょう。

a

 

納豆キムチそうめん
材料

納豆       

キムチ        

万能ねぎ                  

のり(海苔)        

つゆ:めんつゆ

作り方

1.納豆は糸をひくまで混ぜましょう。

2.小ねぎは、小口切りにします。

3.茹でたそうめんを皿に盛って、納豆、キムチ、ねぎ、のりを上にのせ、そうめんのつゆを上からかけていただきましょう。

まとめ

夏の暑い時にはやっぱりそうめんですが、そうめんだけだと栄養満点とはいきません。

また、毎日そうめんだけだとお子さんも飽きてしまします。

夏バテしないためにも、栄養があって子供が喜ぶ具をそうめんに添えましょう。

美味しいレシピで、暑い夏を乗り切りましょう。