日焼けは曇りや雨の日でも焼ける!紫外線の正しい対策法

晴れた日の外出に日焼け止めは欠かせません。でも、曇りの日や雨の日は日焼け止め対策をしているでしょうか。

曇りの日や雨の日でも日焼けする言われていますが、本当なのか調べてまとめてみました。曇りの日、雨の日の紫外線量や、室内では日焼けするのかなど。

曇りの日、雨の日の紫外線対策や、どんな日焼け止めを使ったらよいのかなどの正しい使用なども説明してあります。

 

曇りの日・雨の日の紫外線

曇りの日や雨の日にも日焼けはするのでしょうか。年間のデータを基にお話しましょう。

曇りの日、雨の日も紫外線はある?

今日は雨が降っているから、紫外線なんてない!

日焼け止めを塗らなくてもいい!

なんて、思っていませんか。

雨の日でも、紫外線は地上に降り注いでいるんです。

曇りの日も紫外線が少ないと思いきや、意外と多いんです。

日焼け止めは、晴れの日、曇りの日、雨の日でも必要なんです。

 

では、晴れの日、曇りの日、雨の日の紫外線量はどのくらい?

 

晴れの日・曇りの日・雨の日の紫外線の量

晴れの日、曇りの日、雨の日にはどれくらいの紫外線が観測されるのでしょう。

快晴の時と比べてみたデータです。

 

出典:気象庁ホームページ「雲と紫外線」(気象庁ホームページより)
気象庁「雲と紫外線」を加工して作成 気象庁ホームページ

 

曇りの日や雨の日の紫外線量は意外と多いです。

 

晴れの日  :約90%~100%

うす曇りの日:約80~90%

曇りの日  :約60%

雨の日   :約30%

 

曇りの日でも、雲の間から太陽が出ている場合は、雲からの散乱光が加わって、快晴の時より紫外線が多いこともあるんです。

曇りに日でもその時に雲や太陽の状況によって、紫外線の量が変わってくるので要注意です。

雨になりそうな曇り日和りだからといって日焼け止めを塗らずに出かけると、雲の合間から太陽の光が射してきて、日焼けしてしまったなんてことにもなります。

 

曇りの日が日焼けするって本当?

 

曇りの方が日焼けする?

曇りの日の方が焼けるって、聞いたことはありませんか。

そんなバカなと思いますが、意外と本当なんです。

何故かというと、「曇りの日だから日焼け止めしなくてもいい」

そういった思い込みで日焼け止めをしないで外出して、紫外線を直接浴びて日焼けしてしまうからです。

晴れた日の方が紫外線の量は多いのですが、油断から紫外線を多く浴びてしまうのです。

 

紫外線対策

曇りの日、雨の日の紫外線対策と、さらに、室内での紫外線対策は必要なのか明らかにしました。

曇りの日の紫外線対策

曇りに日でも、紫外線対策が必要です。

晴れた日のような厳重な紫外線対策は必要はありませんが、日焼け止めを塗って出かけましょう。

SPF、PAの数値はどの位がいいかというと・・・

 

SPF20 PA++

 

これぐらいでOK!

SPFは20以上で PA++

曇りの日だからといって、手抜きしてはいけません。

でも、SPFは20以上でなくても、20以下でもいいのではと思いませんか。

 

曇りの日でも日焼け止めを外出の時と同じSPF、PAにするのはどうして?

 

日焼け止めは、紫外線効果が高いのはお肌によくないことは分かっていますが、屋外だけでなく室内にいる時も紫外線は窓ガラスを通過するので、私たちは部屋の中でも紫外線を浴びているのです。

紫外線を浴びない窓から離れた位置にいるならよいのですが、1日中動かずに同じ場所にいることはあまり考えられないですよね。

日焼け止めは、室内にいるときも塗った方がベストです。

顔にムラなく、塗り残しがないように均一に塗ります。

頬、口周り、額・・・などと塗る順番を決めておくと、塗り忘れる部分がないです。

 

関連記事

日焼け止めのパッケージを見ると、SPF、PAと表示されています。SPFには数値、PAには+が続いて表示されていますが、これはどのような意味を持つのでしょうか。 日焼け止めのSPF、PAとは何で、意味やその効果の違い、使い分けをまとめて[…]

 

雨の日の紫外線対策

雨の日でも快晴の時に比べて、約30%も紫外線量があります。

外出する時は日焼け止めを塗りましょう。

 

SPF10~20くらい  PA++

 

傘は、紫外線カット率が高い黒色の傘がおすすめです。

もしくは、UVカット加工の傘だと紫外線をさらにカットできます。

 

関連記事

日焼けをしないためには、まず第一に日焼け止めクリームを塗ることです。夏だけでなく春や秋も紫外線が、多く降り注ぎます。 日焼け防止には、日焼け止めクリーム選びが大事です。夏の紫外線をブロックするだけでなく汗や水にも強く、塗っても白くなら[…]

 

室内での紫外線対策

先に説明したように、紫外線はガラスを通して室内でも紫外線を浴びてしまいます。

現在、使用されている板ガラスはほとんどがフロートガラスです。

窓ガラスになどによく利用されます。

フロートガラスは紫外線B波はほとんど透過しないといわれていますが、紫外線A波はフロートガラスも通ります。

紫外線A波を長い時間をかけて浴び続けると、シワやたるみの原因になり、肌の老化を招いてしまうこともあります。

室内でも日焼け止めを塗るか、UVカットカーテンを使用して紫外線をカットすることをおすすめします。

まとめ

曇りの日、雨の日、室内に居る時でも日焼けしてしまいます。でも、毎日、朝からずっと日焼け止めを塗っているのも大変ですね。しかも、日焼け止めもあまり肌にはよくありません。

外出時は日焼け止めだけでなく、UVカットの服や帽子、日傘なども使用。窓のカーテンはUVカットを使用するなど工夫をしましょう。