紫外線で日焼けする季節・時期・時間帯はいつ!1年中油断できない

1年を通して紫外線が多いのはいつなのでしょうか。月別の紫外線の量を知っておくと、日焼け予防できます。

そこで、1年の中で紫外線で日焼けする時期や季節、時間帯などを、月別や時間帯別に紫外線量を表にしてまとめてみました。どの月が、どの時間帯が一番紫外線が多いのか、また、紫外線がなくなる時間帯も分かります。

さらに、UVA(A派)と UVB(B派)で、月別の紫外線量の違いも調べてみました。

 

時期・季節

紫外線に注意しなくてはいけない時期はいつなのか、それを知ることによって日焼け防止ができます。

紫外線が多い時期は

1年を通して、地上には紫外線が降り注いでいます。

日焼けしないためには紫外線対策が大事です。

どの月が紫外線量が多いか知っていると、それに合わせて日焼け対策ができます。

月別の紫外線量はどれくらいでしょうか。

東京の月別紫外線量を表にしてみました。

 

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
数値 1.8 2.6 3.5 4.3 5.1 5.1 6.1 6.0 4.4 3.2 2.1 1.7

出典:気象庁ホームページ「日最大UVインデックス(解析値)の月別累年平均値グラフ」(気象庁ホームページより)
気象庁「日最大UVインデックス(解析値)の月別累年平均値グラフ」を加工して作成 気象庁ホームページ

 

3月頃から、紫外線の量が増えてきて、

5月~8月が紫外線量が多いです。

10月頃から少なくなっていき、

11月~1月が紫外線量が少ないです。

 

5月~8月が紫外線量が多く、11月~1月が紫外線量が少ない

 

ただし、4月も紫外線が多いので気を付けなければいけません。

9月も多いですね。

3月頃から、紫外線を強く気にするようにしするといいです。

 

紫外線が多い季節は

紫外線が多い季節は、言うまでもなく夏です。

でも、夏だけだと思っている油断すると日焼けしてしまいます。

春から徐々に紫外線は強くなっていき、夏にピークとなります。

夏が終わったからといって、秋になっても油断できません。

夏より紫外線量が減っても、9月もまだまだ紫外線量は多いです。

春や秋でも、からりと晴れた快晴の時には、夏よりも紫外線が強い時もあります。

日焼け止めを塗って紫外線対策をしなければいけません。

 

夏だけでなく春や秋も注意!

 

A派とB派とでは紫外線量が季節によって違う

紫外線にはA派、B派、C派がありますが、C派ほとんど地表には届かないので、日焼けに関係あるのはA派とB派です。

UVA(A派)と UVB(B派)では、月別の紫外線量に違いがあります。

UVB(B派)は、4月から徐々に増え始めて、5月~8月がピークです。

9月から少なくなってきて、10月〜3月は比較的少ないです。

しかし、UVA(A派)は、4月~8月がピークですが、それ以外の月もピーク時の1/2以上の量があるので、1年を通して注意する必要があります。

関連記事

日焼け止めのパッケージを見ると、SPF、PAと表示されています。SPFには数値、PAには+が続いて表示されていますが、これはどのような意味を持つのでしょうか。 日焼け止めのSPF、PAとは何で、意味やその効果の違い、使い分けをまとめて[…]

 

時間帯

日焼けするのは昼間だけではありません。紫外線のピーク時や、なくなる時間帯を抑えておきましょう。

紫外線が多い時間帯

紫外線量は、1日いつも同じではありません。

4月の東京、朝6時から夕方18時までの紫外線量を表にしてみました。

 

時間 10 11 12 13 14 15 16 17 18
数値 0.1 0.6 1.6 3.1 4.6 5.7 5.8 5.1 3.7 2.1 0.9 0.2 0.0

出典:気象庁ホームページ「晴天時UVインデックスの時別累年平均値グラブ」(気象庁ホームページより)
気象庁「晴天時UVインデックスの時別累年平均値グラブ」を加工して作成 気象庁ホームページ

 

紫外線は朝時くらいから徐々に増えていき

11時~午後1時までが多いです。

午後2時くらいから減っていき

夕方4時以降は急激に少なくなっていきます。

 

11時~午後1時がピーク、夕方4時以降はかなり減る

 

紫外線は太陽が昇ると同時に地上に降り注ぐので、朝起きた時から紫外線に気を付けた方がいいでしょう。

関連記事

日焼けをしないためには、まず第一に日焼け止めクリームを塗ることです。夏だけでなく春や秋も紫外線が、多く降り注ぎます。 日焼け防止には、日焼け止めクリーム選びが大事です。夏の紫外線をブロックするだけでなく汗や水にも強く、塗っても白くなら[…]

 

紫外線がなくなる時間帯

紫外線がなくなる時間帯はいつなのでしょう。

夕方の4時くらいから少なくなってきて

夕方6時以降に紫外線がなくなります。

 

18時以降に紫外線がなくなる
季節によって紫外線がなくなる時間帯が違いますが、太陽が沈むまでは安心できないですね。

まとめ

日焼けは夏だけでなく、春や秋も注意しましょう。冬は肌が乾燥して、紫外線からのダメージが大きいです。1年中気を付けないと、日焼けして、肌荒れだけでなく肌の老化も招く恐れがあります。

日頃から日焼け止めを塗って、紫外線防止をしましょう。