カビが生えやすい湿度は何%で温度は何度!夏のカビ対策、予防は

だんだんと暖かくなって湿気が多くなると、気になってくるのがカビです。お風呂に黒いカビが一面に生える、なんてこともありますね。

特に夏は湿気の多い季節。夏のカビ対策と予防方法をここでは、紹介しています。また、カビが生えやすい湿度は何パーセントなのか。温度は何度なのか、カビ対策には必要な情報もまとめてあります。

初夏、梅雨の季節に入ると要注意です。放置しておくと一気に繁殖してしまいます。カビが生えない環境つくりをすることも大事です。

 

カビが生えやすい環境

カビとは

カビとは、真菌類に属しています。

同じ仲間には、酵母やキノコがあります。

1mm以下の肉眼では見ることのできない、微生物の集落(コロニー)の俗称でもあります。

カビの生えやすい場所

カビには生えやすい場所があります。

 

・浴室
・トイレ
・洗面所
・キッチン
・押入れ、クローゼット
・冷蔵庫やタンス、食器棚の裏側
・敷布団などの寝具の裏側
・窓周り

 

お風呂やキッチン、洗面所などの水回りや結露の発生しやすい場所は、湿気がたまることでカビが生えます。

押入れに収納してある衣類、布団も空気の滞留する所でカビが生えやすいです。

湿気を含みやすい畳や絨毯、敷布団やマットレスの裏側など、冷蔵庫など家具の裏側もえやすい場所です。

その他エアコンのフィルター、換気扇周辺なども注意が必要です。

 

 

カビが生えやすい湿度と温度

カビは、室内の温度が20~30度の状態を好みます。

カビが発育するためには、80%以上の湿度が必要です。

60%以上から活発に活動し、80%以上になる一気に繁殖します。

カビが生える条件は3つあります。

 

・湿度(60%以上から活発に活動、80%以上で繁殖)
・温度(20~30度)
・栄養分(ホコリ、汚れ、食べ物、食べカス)

 

温度は春から夏にかけてゆるやかに上昇し、秋から冬にかけてゆるやかに下がります。

日本の湿度は年間を通じて高く、特に6月後半から7月にかけて温度25度以上、湿度70パーセントを超える日々が多く、カビが発生しやすい状態になっています。

カビ予防・対策

定期的に掃除をする

人間の食べ物、ホコリ、カビの栄養分となります。

食器棚や冷蔵庫、タンスなどの裏にはホコリが溜まりやすいです。

重い家具類などは、普段動かすこことがないので放置しがちです。

でも、毎日家の中を掃除することは、とても無理ですね。

掃除する物や部屋などを決めていて、掃除するといいでしょう。

月曜日は子供部屋、火曜日はリビング。

月初、1日は、食器棚や冷蔵庫の裏側、月末最後の日は窓などと、スケジュールを立てて掃除をすると良いでしょう。

 

水周りは水気をよく拭き取る

お風呂やキッチン、洗面所などの水周りは特にカビが生えやすいです。

6月の梅雨の季節になると、カビが一気に繁殖します。

水気を拭き取って綺麗に掃除し、窓を開けて風通しを良くしたり、換気扇を回したりしましょう。

 

空気の滞留する所は風通しを良くする

押し入れやタンスなどは空気が滞留する場所で、カビが生えやすくなります。

特に、押し入れは物を重ねて入れすることが多いです。

物を詰め過ぎず、少し隙間を空けて空間を作ることも大事です。

衣類は汚れたまま放置しないで定期的にクリーニングし、除湿剤を入れて収納したり、天気の良い日は陰干ししましょう。

 

換気をする

湿気の多い季節は、換気扇を回してこまめに換気をしましょう。

窓を開けたり、空気の入れ替えをしたり。

雨期は特に、換気に努めましょう。

 

除湿機を使用

日本は湿気が高いです。

年中通して湿度が高く、特に夏場は、湿度が75%を超えて蒸し暑い不快な日が続きます。

除湿器を活用して、湿気を摂りましょう。

夏場は、冷房をつけて30度以下に保ちます。

環境省が推奨する冷房の温度は28℃です。

室内に温度計を設定して、管理することが大事です。

関連記事

夏に気を付けなければいけないのが、熱中症です。毎年、多くの人が熱中症で救急搬送されます。熱中症というと屋外で発症すると思いきや、実は室内の方が多いのです。 夏は、室内の熱中症対策も重要といってもいいでしょう。では、熱中症を予防するには[…]

 

 

まとめ

カビは湿度が80パーセントで、一気に発育、繁殖します。梅雨の季節から夏にかけては要注意。気が付くとあちこちにカビが生えていた、なんてこともあります。

日頃から家の中はこまめに掃除し、水周りは水気をよく拭き取って換気を良くすることです。夏は除湿器や冷房試用して、カビの生えやすい環境を作らないようにしましょう。