WordPressのテーマの編集にheader.phpがない場合の対処方法!

WordPressのテーマの編集に、テーマヘッダー(header.php)がない場合があります。

そんな時は、親テーマから「header.php」ファイルを子テーマにコピー&ペーストする必要があります。それには、FFFTPソフトを使用します。

ここでは、「header.php」がない場合、WordPressのテーマの編集にテーマヘッダー(header.php)を追加する方法を紹介しています。FFFTPソフトに慣れていない方でも分かりやすいように、図で詳しく説明しています。

 

テーマヘッダー(header.php)は、サイトを運営していく上で大事なものです。

WordPressのテーマの編集に「header.php」がないと、困ったことになります。

 

テーマの編集に「header.php」がない!とは

WordPressのテーマファイルの編集は、「テーマエディター」から行うことができます。

 

 

1.WordPressの左メニューより「外観」→「テーマエディター」をクリックします。

 

 

インストールしているテーマによっては「テーマの編集」と表示されています(テーマエディター=テーマの編集)

 

 

2.右側の「テーマファイル」に「テーマヘッダー(header.php)」があります。

 

しかし、「テーマファイル」に「テーマヘッダー(header.php)」がない場合があります。

 

 

このような場合は、親テーマから子テーマに、ファイルをコピー&ペーストする必要があります。

a

 

「header.php」で何ができる

テーマヘッダー(header.php)は、GoogleアナリティクスのトラッキングコードやAdSenseコードを貼りつける際に必要です。

アドセンス審査は、2つ目のサイトから追加申請しなくてはいけません。

その申請コードは、テーマヘッダー(header.php)に貼りつけます。

Googleアナリティクスは、サイトを分析する上で重要です。

取得したトラッキングコードは、テーマヘッダー(header.php)に貼りつけます。

テーマヘッダー(header.php)がないと困ってしまいます!

だだし、AdSenseコードに関しては、プラグインで貼りつけることもできます。

 

プラグインでAdSenseコードを貼りつける方法は、こちらのサイトで詳しく説明しています。

 プラグインでアドセンス審査の申請コードを貼る方法!設定や使い方など

a

関連記事

アドセンス審査は、2つ目のサイトも申請する必要があります。しかし、アドセンス申請コードのサイトへの貼りつけで、戸惑う人もいます。 ここでは、アドセンス申請コードを、「Head, Footer and Post Injections」プ[…]

 

「header.php」追加に必要なもの

「header.php」の追加には、FTPソフトが必要です。

FTPソフトとは、ウィンドウの左右にローカルディスク側(PC)とホスト側(サーバー)のファイル一覧を表示して、ファイルを操作することができるツールです。

 

 

ファイルをドラッグ&ドロップしたり、右クリックメニューなどで操作することもできます。

サーバーにアップロードしたり、ローカルディスク(PC)にダウンロードしたり、ファイルの削除やファイル名の変更もできる便利なソフトです。

人気の高い無料のFTPソフトには、「FileZilla」「Cyberduck」「FFFTP」などがあります。

私は、「FFFTP」ソフトを使っています。

a

 

WordPressのテーマの編集に「header.php」を追加する手順

WordPressのテーマの編集に、「header.php」を追加する方法です。

ここでは、「FFFTP」ソフトを使って、説明していきます。

 

FTPソフトを起動させる

FFFTPソフトを導入していない方は、ダウンロードしましょう。

 

 

私は、ダウンロードしてデスクトップに置いています。

アイコンをクリックして、「FFFTP」ソフトを起動させましょう。

 

テーマフォルダ探す

テーマフォルダを探してみましょう。

 

 

1.FFFTP右側画面のホスト側(サーバー)の、「header.php」を追加したい、サイトのフォルダをクリックします。

 

サイトのフォルダ名は、ドメイン名になっています。

サイトのURLが「https://XXXXX.com」であれば、ドメイン名は「XXXXX.com」です。

サイトのURLは、WordPressの左メニューより「設定」→「一般」の「サイトアドレス (URL)」から確認できます。

間違ったサイトを選択しないように気を付けましょう。

 

 

2.「public_html」をクリックします。

 

 

3.「wp-content」をクリックします。

 

 

4.「themes」をクリックします。

 

「themes」の中に、WordPressのテーマがインストールされています。

a

 

親テーマから「header.php」をダウンロードする

「themes」の中にある親テーマを探します。

 

 

1.私は、WordPressのテーマに「THE THOR」を使用しています。上図の「the-thor」が親テーマです。その下の「the-thor-child」が子テーマです。

2.「the-thor」をクリックしましょう。

 

 

3.「header.php」をダウンロードします。「header.php」を選択しましょう。

4. ダウンロードのマークをクリックします。

 

 

5.左側画面のローカル側(PC)から、「header.php」を見付けましょう。ここでは、「デスクトップ」にダウンロードしています。

 

 

上図が、デスクトップにある「header.php」ファイルです。

 

「header.php」を子テーマにアップデートする

「header.php」を子テーマにアップデートします。

 

 

1.右側画面のホスト側(サーバー)を、子テーマのある画面まで戻します。画面上にある「一つ上のフォルダへ」のマークをクリックして、戻しましょう。

2.「the-thor-child」が子テーマです。「the-thor-child」をクリックしましょう。

 

 

3.左側画面の「header.php」を選択します。

4. アップロードのマークをクリックしましょう。

 

 

5.右側画面のホスト側(サーバー)に、「header.php」がアップロードされました。

 

WordPress のテーマの編集で「header.php」を確認する

WordPress で「header.php」を確認してみましょう。

 

 

1.WordPressの左メニューより「外観」→「テーマエディター」をクリックします。

2.右側の「テーマファイル」に、「テーマヘッダー(header.php)」があることを確認しましょう。

a

 

まとめ

「header.php」ファイル追加に、FFFTPソフトを使用しましたが、エックスサーバーを利用している方は、FFFTPソフトを使用しなくてもできます。

エックスサーバーのファイルマネージャーは、FFFTPソフトと同じ機能を持ちます。

エックスサーバーと契約している方は、ファイルマネージャーを開いて、機能と使い方を確認しましょう。