アフィリエイトに向いている人!こんな人はやめたほうがいい人とは?

アフィリエイトは誰でも稼げるかというと、そうではありません。

ここでは、どんな人がアフィリエイトに向いているのか説明しています。また、こんな人はやめたほうがいいといった、向いていない人についても説明しています。

アフィリエイトは簡単に稼げると思っている人もいますが、実際はそうではありません。アフィリエイトを始める前に、本当に始めて大丈夫かチェックしましょう。安易に始めると、お金も時間も無駄になってしまいます。

 

 

目次

1.アフィリエイトに向いている人
1-1.毎日数時間の作業を続けられる
1-2.書き続けることができる
1-3.勉強する意欲がある

2.アフィリエイトに向いていない人

2-1.パソコンの苦手な人
2-2.文章を書くことが嫌いな人
2-3.コツコツとした作業が苦手な人
3.アフィリエイトで稼ぐ人はどんな人?
3-1.アフィリエイト始める時の必需品
3ー2.アフィリエイトで稼ぐ人はどんな人

4.アフィリエイトで稼ぐ人はどれくらい?

5.まとめ

a

アフィリエイトに向いている人

アフィリエイトは、ネット環境が整っているパソコンがあれば、誰でも始められます。

しかし、誰でも稼げるかというと、そうではないのが現状です。

アフィリエイトには向き不向きがあります。

では、どういった人が向いているのでしょうか?

 

■ 毎日数時間の作業を続けられる

アフィリエイトを始めた最初の頃は、記事を書いたり、勉強したり、やることが多いです。

慣れない作業に、長い時間を費やしてしまいます。

 

毎日作業をしなくてはいけないというわけではありませんが、長期間続ける必要があります。

 

アフィリエイトは、始めてからすぐ収益が出るわけではありません。

自動的に収益が出るまでは、毎日のように数時間の作業が必要です。

一般的に稼いでいる人は、最初の頃は3時間以上もの時間を、アフィリエイトに費やしています。

 

■ 書き続けることができる

アフィリエイトに大事なのは、記事を更新し続けることです。

新しい記事を書き続けて、投稿していかなければいけません。

特にアフィリエイトを始めた最初の頃は、早く収益につなげるためには、更新は大事です。

 

収益には検索順位が大きく影響します。

 

しかし、毎日記事を更新すれば検索順位も上がるのかというと、そうではないそうです。

更新頻度は、検索順位に影響しないといわれます。

ただし、記事数が多いと、その分PVが比例するという事が言えます。

1記事で1PVだとすると、100記事書くと100PVという計算ができます。

アフィリエイトでガンガン稼いでいる人の中には、最初の頃は毎日3~7記事書いたという人もいます。

アフィリエイトを始めた頃は、できるだけ記事をたくさん書いた方がPVも伸びると言えるでしょう。

ただし、質の良い記事を書くことが重要です。

 

記事数が多くても、質が悪いとサイトの評価が下がり、検索順位を下げてしまいます。

a

 

■ 勉強する意欲がある

アフィリエイトを始める人は、年齢、職業など様々です。

エンジニアなどのように、Webの知識や技術のある人は、アフィリエイトを始めるにあたって、アフィリエイトの世界に入っていきやいです。

 

しかし、Webの知識がない人にとっては分からないことが多いです。

 

さまざまなトラブルにぶつかって困惑してしまうこともあります。

私もVBAでソフト作ったりしていて、パソコンは得意でしたが、Webは全く別物で、理解できるまで時間がかかりました。

最初の頃は困惑どころか、どうしていいか分からなくてパニック状態になった時もありました。

 

トラブルを解決するために、勉強も余儀なくされました。

 

トラブルだけではなく、アフィリエイトで本気で稼ごうと思うなら、Webだけでなくさまざまな勉強が必要となってきます。

勉強していく意欲がない人は、それなりの金額を稼ぐことは難しいでしょう。

 

アフィリエイトに向いていない人

アフィリエイトに向いていない人は、やめたほうがいいでしょう。

厳しいことを言うようですが、結局、時間とお金の無駄になってしまいます。

 

■ パソコンの苦手な人

アフィリエイトの作業は、パソコンでの作業になります。

パソコンの嫌いな人や苦手な人は、向いていないと言えるでしょう。

毎日のようにパソコンの前に座って、作業をしないといけないのです。

そのうちに、ストレスとなってくるでしょう。

 

■ 文章を書くことが嫌いな人

アフィリエイトでは記事を書いたり、修正したりする作業が多いです。

文章を書くことが得意でなくてもいいのですが、書くことが苦手な人、嫌いな人はあまり向いているとは言えません。

文章を書くことが苦手でなくても、100記事、300記事と書いていくと、嫌になることもあります。

何百記事と書き続けることができない人は、アフィリエイトを続けることは無理でしょう。

a

 

■ コツコツとした作業が苦手な人

アフィリエイトは、作業をコツコツと続けていくことが大事です。

収入が発生するまで個人差はありますが、長くかかるのです。

辞めてしまったらそこで、終わりです。

しかし、収入なしで、1年以内で辞める人も多いのです。

 

アフィリエイトで稼ぐ人はどんな人?

誰でも稼いでいるわけではないアフィリエイトで、どんな人が稼いでいるのか気になりますね。

アフィリエイトで稼ぐ人とは、どんな人なのでしょう?

 

■ アフィリエイトの必需品

アフィリエイトを始めるには、インターネット環境が整ったパソコンとサーバーが必要です。

サーバーは一般的に、レンタルサーバーと契約してWebサイトを持つことがほとんどです。

あと、インターネット環境が整ったスマートフォンなどのモバイルを持つと良いでしょう。

最近では、モバイル経由での集客が多いです。

モバイルでどのように記事が表示されているか、設定などの確認作業に必要となってきます。

 

■ アフィリエイトで稼ぐ人はどんな人

アフィリエイトで稼ぐ人は、最初の頃は作業時間が、1日3時間以上という人がほとんどです。

私も最初は、1日3時間以上は費やしていました。

ガンガン稼いでいる人の中には、毎日3記事以上書いていたという人もいます。

 

また、稼ぐ人は勉強熱心ということも聞きます。

 

ただ、記事を書いていくだけでなく、どうやったら稼げるようになるのか、教材を買ったりセミナーで勉強をしたりしています。

a

 

アフィリエイトで稼ぐ人はどれくらい?

アフィリエイトで100万以上稼ぐ人は、1割もいないです。

アフィリエイトマーケティング協会の調査によると、アフィリエイトで収入のない人は、約3割もいます。

 

0~5万円未満の人は全体の約6割ということから、いかにアフィリエイトで稼ぐのは難しいことが分かります。

 

また、アフィリエイトを始めてからの経過年数は、1年未満の人が約4割もいます。

ということから、収入がないまま1年以内で辞めていく人が多いことが推測されます。

 

まとめ

パソコンが苦手な人や、コツコツ作業が向いていない人はアフィリエイトはやめたほうがいいでしょう。

誰でも簡単に稼げると思っている人もいるようですが、現実はそんな甘くはありません。

また、近年新規参入者も増えてきて、競争が激しくなっていています。

さらに企業サイトも増えてきてきています。

ますます稼ぐのが難しくなってきているので、SEO対策などしっかりとやっていく必要があります。