香典袋の書き方!表書き・金額・中袋なしや横書きなども解説

お葬式の香典袋には住所や名前、金額を書きますが、どこに何を書くかは決まっています。しかし、知らないと封筒のどの場所に何を書いたら良いのか、迷ってしまいます。

ここでは、葬式の香典袋の正しい書き方をまとめてあります。表書き、住所、名前、金額、横書き、縦書きなど、また、中袋なしの場合はどのように書くのかも説明しています。

葬式の香典袋は細かい決まり事があります。間違えると大変、失礼になります。

 

 

目次

1.香典袋の正しい書き方
1.香典袋にはどこに何を書く
2.表書きとは
3.連名で名前を書くときの書き方

2.香典袋の金額の正しい書き方
1.縦書きの場合
2.横書きの場合

3.香典袋の正しい書き方(中袋あり・中袋なし)
1.香典袋に中袋あり
1-1.外袋
1-2.中袋の表面
1-3.中袋の裏面

2.香典袋に中袋なし
2-1.外袋の表面
2-2.外袋の裏面

4.まとめa

香典袋の正しい書き方

香典袋の書き方を細かく説明しています。

お葬式の基本的なマナーなので、恥をかかないように正しく書くことは大事です。

香典袋にはどこに何を書く

一般的に、香典袋には外袋と中袋があります。

では、どこに何を書けばよいのでしょう。

外袋    :表書き・名前

中袋表面  :金額

中袋裏面  :郵便番号・住所・名

表書きとは

表書きとは、慶事や弔事で渡す祝儀袋や不祝儀袋に書く文字のことです。

表書きの基本的な書き方は弔事の場合、上段中央に、御霊前と書きます。

下段中央には、自分の名前を書きます。

上段の文字「御霊前」に比べて、名前は少し小さめに書くことがポイントです。

a

 

連名で名前を書くときの書き方

2人以上の複数人で香典を渡す場合は、一般的に全員の名前を書くのは3人までです。

3人で香典を渡す場合は、目上の人の氏名を中央に、左に2人の氏名を書きます。

目下の人の名前は、一番左側にくるようにします。

4人以上の場合は目上の人の氏名を中央にし、左下に外一同」と書きます。

その場合は誰なのか分からないので、白紙に香典を用意した人の氏名を書いて袋に同封しましょう。

夫妻の場合は、中央に一人の名前をフルネームで書き、その左にもう一人の下の名前だけ書きます。

夫の名前を中央に、妻の名前を左にかくのが一般的です。

香典袋の金額の正しい書き方

香典袋には金額を書きますが、これにも決まりごとがあります。

うっかり、いつものように数字を書くと恥をかくことになります。

縦書きの場合

縦書きの場合は、新字体ではなく漢数字の大字・旧字体を使います。

例えば香典に1万円を包む場合は、金額の頭にをつけて「金壱萬圓」と書きます。

算用数字漢数字大字・旧字体
3,000円三千円参阡圓、参仟圓
5,000円五千円伍阡圓、伍仟圓
7,000円七千円七阡圓・七仟圓
1,0000円一万円壱萬圓
3,0000円三万円参萬圓
5,0000円五万円伍萬圓
7,0000円七万円七萬圓
10,0000円十万円拾萬圓・什萬
横書きの場合

一般的には、香典の金額は縦書きで書きます。

香典袋の中には中袋に、金額を書く欄が横書き用に印刷されているものがあります。

横書きの場合は、算用数字で書くようにしましょう。

例えば3万円の場合は「金30,000円」と書きます。

お葬式の時、どれくらいお金を包んだらよいのか迷うことがありますね。

香典の金額には相場があります。
a
葬式や法事の香典の金額相場については、こちらのサイトで詳しく紹介しています。

関連記事

葬式と法事の時の香典は、同じと思うかもしれませんが、金額の相場が違います。また、故人との関係や、地域によっても違うこともあります。 ここでは、葬式、法事に出席する時の香典の金額相場を、親族・親戚・会社関係・友人・知人など関係別に一覧表[…]

a

 

香典袋の正しい書き方(中袋あり・中袋なし)

香典袋には中袋があるのが多いですが、中袋がないものもあります。

中袋ありと中袋なしでは、書き方が違うので注意しましょ

香典袋に中袋あり

外袋

香典袋に中袋がある場合は、外袋に「御霊前」と書き、その下に少し小さめに自分の名前を書きます。
a
中袋の表面

中袋の表面には金額を書きます。

香典に5千円を包む場合は「金伍阡円」、1万円を包む場合は「金壱萬円」と書きます。
a
中袋の裏面

中袋の裏面には、左下に住所と氏名を書きます

番地やマンション名、部屋の番号まで省略せずに正確に記入しましょう。

ご遺族の方が、香典返しを郵送する際に必要になります。

氏名はフルネームで記入します。

番地や郵便番号は漢数字を使います。

ゼロの場合は、「零」ではなく「0」と書きます。

電話番号を添えて書く場合も、漢数字を使います。

a

香典袋に中袋なし

香典袋には中袋のない、外袋だけの封筒タイプもあります。

この場合は金額は、裏側に書きます。
a
外袋の表面

香典袋に中袋がある場合は、外袋に「御霊前」と書き、その下に少し小さめに自分の名前を書きます。

外袋の表麺は、中袋ありと全く同じです。
a
外袋の裏面

香典袋の裏側に、直接住所と金額を書きます。

左下に住所と氏名を書き、番地や郵便番号は漢数字を使います。

中袋ありの場合と、住所、氏名、金額の書き方は全く同じです。

外袋表面  :表書き・名前

外袋裏面  :郵便番号・住所・名前・金額

a

 

まとめ

葬式の香典袋の金額は、大字(旧字体)で書きます。

一般的には中袋がありますが、中袋なしの香典袋もあるので気を付けましょう。

香典袋の表面の書き方は、各宗教によって異なります。仏教は一般的に「御霊前」と書きます。

遺族がどこの宗派なのか、事前に確認しておくことをおすすめします。