結婚式のご祝儀の相場は?兄弟、親族、友人、知人年齢別一覧表

結婚式に招待されたときに考えるのが、ご祝儀です。少なくてもいけないし、相場はどのくらいなか悩んでしまいすね。

結婚式のご祝儀の相場は、いくらなのでしょう。兄弟、親族、友人、知人、上司、同僚など、新郎新婦の関係と年齢別に、結婚式のご祝儀の相場を一覧表にしてみました。

また、結婚式のご祝儀の金額では、避けた方が良い数字もあります。ご祝儀の金額に良いとされている数字や、縁起の悪い数字も説明しています。

 

ご祝儀の金額の決め方

ご祝儀の金額は基本的に、結婚式の料理や飲物代、引出物の金額が関係してきます。

一般的な結婚式なら、披露宴で振舞われる料理や飲物代が1万円~2万円くらい、引出物が5,000円くらい

1人をもてなす費用は1.5万円~2.5万円

この額にお祝いの気持ちを包んだ金額と考えると、3万円くらいがご祝儀の相場となります。

 

ご祝儀の金額で避けた方が良い数字

ご祝儀に包む金額は、昔から奇数が良いとされています。

ご祝儀の金額は3万円、5万円などの奇数が好まれます。

割り切れる偶数は「割り切れる」という事から「別れ」を連想させ、避けた方が良いと言われています。

2は偶数ですが、ペアとして縁起がいい数字でご祝儀でもOKです。

4は偶数で、また「死」を連想させるので、4万円のご祝儀は避けましょう。

8は偶数ですが、日本では末広がりとして縁起の良い数字とされてるので、ご祝儀でもOKです。

9は奇数ですが「苦」を連想させるので、昔から嫌われる傾向にあり、おめでたいお祝いの場では避けましょう。

 

 

結婚式のご祝儀の 相場 一覧表(関係・年齢別)

結婚式のご祝儀を、新郎新婦との関係と年齢別に一覧表にしました。全国の平均金額を、一覧表にしています。

 

結婚式のご祝儀 相場 一覧表

新郎新婦との関係 20代 30代 40代以上
兄弟姉妹 3万円・5万円 5万円 5~10万円
親族(叔父・叔母) 5~10万円
親族(従兄弟・従姉妹) 2万円・3万円 3万円・5万円 5~10万円
親族(姪・甥) 2万円・3万円 3万円・5万円 5万~10万円
友人 2万円・3万円 3万円・5万円 3万円・5万円
部下 2万円・3万円 3万円 3万円
上司 3万円 3万円・5万円 5~10万円
同僚 2万円・3万円 3万円 3万円
知人 3万円 3万円・5万円 3万円・5万円

 

20代、30代の叔父、叔母は、ちょっと考えられないので「ー」にしています。

 

 

一般的なご祝儀の相場

 

兄弟姉妹

兄弟姉妹の場合ご祝儀は、年齢にもよりますが平均が5万位です。

年齢が高くなると5万~10万が一般的です。

 

親族

親族の場合、いとこ、姪、甥の結婚式には、20代、30代は、2万~5万

40代以上は5万~10万が目安です。

 

友人

友人の場合は一般的に3〜5万円

20代の年齢の若い方は2万円でも許容範囲です。

古くからのかなり親しい友人で、年齢の高い方は5万円以上包まれる方もいますが、平均は3万円くらいです。

上司

新郎新婦の上司なら3〜5万円

年配の方や役職につかれている方は、3万円よりも5万円包む方が多いです。

同僚

会社の同僚なら3万円が平均です。

同じ会社の同僚も出席しているならば、どれくらいご祝儀を包むか相談した方が良いでしょう。

知人

親しいご近所の人や、サークル仲間などの場合は3万円が平均です。

年配の方は5万円くらい包む方が多です。

 

 

地域によってご祝儀の相場は違う?

北海道は会費制の挙式が一般的なので、相場としては1万5千円~2万円が多いそうです。

沖縄県のご祝儀の平均が、1万円くらいだそうです。

どんなに親しくても、1万円というの沖縄での風習らしいです。

東北・関東・中部・近畿・四国は全国平均が3万円

名古屋は昔から結婚式が派手だというイメージがありますが、ご祝儀の金額は全国の相場と変わらないそうです。

 

 

まとめ

結婚式のご祝儀は、相場が決まっていても悩むものです。20代や30代の若い方は、親族以外は平均が約3万です。迷った時は平均にするか、結婚式に行く親族に相談しても良いですね。

会社の同僚の方も、結婚式に招待されてた同じ会社の人に相談して決めると良いでしょう。1人だけ外れた金額だと、恥ずかしい思いをすることにもなります。