法事・法要・葬式で僧侶に渡すお布施や食事代の相場は?

法事・法要・葬式などを行う時には僧侶に来ていただいてお経を読んでもらいます。その時には感謝の気持ちを込めて、お布施をお渡しします。

法事・法要・葬式など経験のない方は、僧侶にどれくらいのお金を渡せばよいのか、迷うのではないでしょうか。

そこで、法事・法要・葬式の時に僧侶に渡すお布施や御膳料(食事代)、お車代の相場をまとめてみました。お布施は、葬式と法事・法要の時に渡す金額相場が違うので、気を付けましょう。

 

 

目次

1.法事・法要・葬式で僧侶に渡すお金の相場(お布施)
1.お布施とは
2.葬式(お通夜、葬儀)で渡すお布施の相場
3.法事・法要で渡すお布施の相場

2.法事・法要・葬式で僧侶に渡すお車代・御膳料(食事代)の相場
1.僧侶に渡す御膳料(食事代)の相場
2.僧侶に渡すお車代の相場

3.まとめ

a

法事・法要・葬式で僧侶に渡すお金の相場(お布施)

葬式と法事・法要の時に渡すお布施の金額相場は違うので、注意しましょう。

 

お布施とは

お布施とは、葬儀、法事、法要の際には僧侶に渡す謝礼の事です。

お坊さんにはお世話になる、その感謝の気持ちを込めて渡します。

お布施は僧侶に渡しますが、実際はお寺の護持のための寄付の意味を持つものです。

そのため、お寺に使われるものといってよいでしょう。

 

a

葬式(お通夜、葬儀)で渡すお布施の相場

葬儀の時に僧侶に渡すお金の相場は、20万円~50万円位です。

宗派や地域によっても違いがありますが、戒名(法名)料を含めて、これぐらいの心づもりをしておくとよいでしょう。

迷った場合は、葬儀屋さんに尋ねてみましょう。

教えてもらった金額を参考にすると良いです。

 

法事・法要で渡すお布施の相場

法事・法要で僧侶に渡すお金の相場はどれくらいでしょう?

一周忌や四十九日などの重要な法要の時には、3万円~5万円位です。

三回忌、七回忌法要以降は1万円~5万円位です。

重要な法要の時は、多めの額を渡します。

 

a

 

法事・法要・葬式で僧侶に渡すお車代・御膳料(食事代)の相場

僧侶には、お車代やお食事代を渡すのが礼儀です。

感謝の気持ちとしてお渡しします。

 

僧侶に渡す御膳料(食事代)の相場

御膳料とは、法事や法要の後に行われる会食の時に、僧侶が辞退された時に用意するものです。

また、食事を省略する場合などに贈ります。

御膳料は辞退された場合に用意するものなので、僧侶が会食に同席した時は用意する必要はないです。

一般的に御膳料の相場は、5,000円~1万円位です。

会場がホテルや料亭などで行われる場合は、1万円~2万円位と言われています。

 

a

僧侶に渡すお車代の相場

お車代は法事の時などの時、会場や自宅に僧侶に来ていただく交通費です。

お寺の本堂以外の場所で行う場合にお渡しします。

僧侶が移動する車をあらかじめ手配した場合や、自分たちで送迎をするときはお車代は必要ないです。

お車代の金額は、地域によって異なりますが、一般的に相場は5,000円~1万円位です。

遠方であるほど金額は高くなります。

分からない場合はどれくらい交通費がかかるか調べて、参考にすると良いでしょう。

 

 

お葬式では、親族やご友人、知人から供花や花輪などのお花を頂くことがあります。

その場合、お礼やお返しはどのようにしたらよいでしょうか?

 

お花のお礼については、こちらのサイトで詳しく紹介しています。

a
関連記事

葬儀・葬式の時にいただいた供花や花輪などのお花のお返しは、どうすればよいでしょう。 品物でお花のお返しをする必要はあるのか、会社や取引先からお花を頂いた場合は、どうすればよいのかなど悩むことがあります。 ここでは、お葬式にいただ[…]

a

 

まとめ

法事・法要・葬式の時に僧侶に渡すお金は、感謝の気持ちです。お布施、御膳料、お車代など気持ちを込めて渡します。

お布施を包むのし袋は白い無地の封筒で、郵便番号を記入する枠など、余計なものが印字されていないものを選び、お盆か袱紗を使ってお渡ししましょう。