葬式での男性の靴、ネクタイ、腕時計は?色やデザイン、形など

お葬式では服装や身につけるものなど、何でも良いというわけではありません。フォーマルな場に相応しい服装があります。

ここでは、特に男性に注目して、お葬式にふさわしい男性の靴、靴下、ネクタイ、腕時計の色、デザイン、形などを説明しています。

失礼にならないように、葬儀の場に相応しい服、靴、ネクタイ、腕時計を身につけて臨みましょう。

 

葬式での男性の靴

葬式での靴の色は

一般的に、葬儀に履いていく靴の色は男女問わず黒です。

明るい色は避け、喪に服すということで黒系の地味な色合いを選びましょう。

茶色、グレーなどの色も避けた方がいいでしょう。

葬式での靴のデザインは

男性の黒の靴といっても、デザインはさまざまなです。

ウィングチップ、プレーントゥ、ストレートチップなどがあります。

葬儀などフォーマルな場では、カジュアルなデザインは相応しくありません。

ストレートチップはつま先の革の切り替えがストレートで、一文字飾りになったデザインの靴です。

ウィングチップは、多くの穴飾りが施されているのが特徴です。

カジュアル度が高いため、葬儀ではマナー違反とされます。

装飾の無いプレーントゥの靴でも問題ありませんが、最も葬儀の場に適したフォーマルな靴は、ストレートチップのデザインのものです。

 

外羽根式と内羽根式のどちらを選ぶ

靴の「羽根」には、「内羽根式」と「外羽根式」の2種類があります。

「羽根」とは、靴紐を通す部分のことです。

外羽根式は着脱がしやすい造りとなっていますが、カジュアルな印象を与えてしまうため葬式には適していません。

葬儀の場では、内羽根式の靴が良いとされております。

ストレートチップの内羽根式の靴が、葬式に最も相応しいです。

 

葬式でNGな靴は

葬式にふさわしい靴の素材は、本革や合成皮革、布などです。

金具がついている革靴や、靴ひもを通す穴に金具の装飾が施されている靴も避けたほうが良いでしょう。

光沢感の強いエナメル素材も、葬儀ではマナー違反とされているので注意しましょう。

 

葬式での靴下の色やデザイン

葬式に相応しい靴下の色も黒です。

黒の無地が良いでしょう。

リブソックスはOKですが、柄のあるものは避けましょう。

 

葬式での男性のネクタイ

葬式でのネクタイの色は

葬儀にふさわしいネクタイは黒の無地です。

濃い色の光沢のない素材を選びましょう。

 

葬式でのネクタイのデザインは

葬儀ではデザインのあるネクタイはNGです。

無地に近い柄など、見てもよく分からないなら許される範囲でしょう。

ネクタイの結び方

お葬式のネクタイの結び方には、特に決まりはありません。

プレーンノットやウィンザーノットが一般的ですが、プレーンノットが1番シンプルで相応しいでしょう。

ただし、ネクタイの結び目にディンプルを作ってはいけません。

ディンプルとは、結び目の下につくるくぼみです。

ネクタイに立体感がでてファッション的な着こなしになり、葬儀の場にはふさわしくないので、ディンプルができないように注意しましょう。

 

ディンプル

 

葬式での男性の腕時計

腕時計の色

時計の色は白または黒または、シルバーの色が良いでしょう。

あまり派手でないものであれば、問題ないとされています。

色がゴールドのものは派手な印象を与えるので避けた方が良いとされています。

 

腕時計のデザイン

時計のデザインはシンプルなものがふさわしいです。

装飾されていない、機能を重視した時計が良いでしょう。

腕時計の文字盤

文字盤の色は白または黒で、シンプルですっきりとしたものが相応しいです。

文字盤に宝石を埋め込んだ時計は、葬儀ではマナー違反です。

男性はどちらかという白の文字盤が良いでしょう。

男性は白いシャを着るので、白の文字盤があっています。

女性は黒色のものが良いです。

黒い喪服を着用する女性は黒の文字盤があっています。

腕時計のベルトの種類

葬式では腕時計のベルトは、黒の革ベルトが最も適しています。

黒い革ベルトは光沢のあるものがありますが、光沢のないタイプがおすすめです。

茶系のベルトは全く駄目ではありませんが、できるなら避けた方が良いでしょう。

 

針の本数

葬儀のようなフォーマルな場面での腕時計は、針が2~3本のシンプルなものを選ぶようにしましょう。

時間の針と分を見る針の2本と、それに秒針が加わった3本です。

時計の針が増えると、カジュアルな印象を印象を与えます。

 

まとめ

お葬式に相応しい色は、基本的に黒です。派手でカジュアルなものは相応しくありません。デザインのあるものや装飾が施されているものも避けましょう。

キラキラしたものも良くないです。不謹慎だと思われる可能性があるので、注意しましょう。