結婚式、挙式、披露宴の違いは!結婚パーティー、二次会も解説

結婚式と挙式は同じことを指しているのでしょうか。それとも、違うものなのでしょうか

そこで、結婚に関する言葉。結婚式、挙式、披露宴とは何のことを言っているのは、これらの違いが分かるようにかまとめてみました。

また、最近では結婚パーティーというのも聞きます。結婚パーティーとはどういうパーティーなのでしょうか。結婚パーティー、二次会、1.5次会の説明もしています。

 

挙式・結婚式・披露宴の違い

挙式とは

挙式とは、神様や参列者の前で夫婦となる事を誓う儀式の事です。

挙式には、チャペルで神様に誓う教会式や、神殿で誓いを立てる神前式、ゲスト全員に結婚の証人となってもらう人前式などがあります

教会式の場合、「誓いのキス」や「指輪の交換」をしたりします。

神前式の場合、「三々九度」などの儀式があります。

 

教会式

教会式は挙式の中でも、一番人気が高いです。

新郎新婦はタキシードとウエディングドレスが多いです。

バージンロードを歩いたりベールダウンなどの演出があります。

神前式

神前式は主に神社で行われ、昔ながらの日本の伝統的な挙式スタイルになります

羽織袴と白無垢、もしくは色打掛など和装になります。

三三九度、玉串奉奠(たまぐしほうてん)などの儀式があります。

人前式

人前式は自由度の高い挙式です。

結婚式に列席しているゲスト全員に結婚を誓い、ゲストから承認を得る挙式スタイルです。

服装は洋装、和装どちらでも大丈夫す。

宗教や格式にとらわれず、場所、衣装、演出など自分たちでプランニングできます。

 

披露宴とは

披露宴とは、挙式が終わった後にお祝いする宴のことです。

お披露目するためのパーティーともいえるでしょう。

料理を食べたり、お酒を飲んだりしてお祝いします。

披露宴では、ウエディングケーキ入刀、余興などがあります。

2時間~3時間程の予定となっていることが多いようです。

結婚式とは

結婚式とは、挙式と披露宴のことを言います。

挙式+披露宴=結婚式

結婚式は挙式と披露宴のセットではないので、挙式だけ披露宴だけ行うカップルもいます。

最近では挙式の後、披露宴はせず親族や親しい人だけで会食を行うカップルも増えています。

 

パーティー・二次会について

披露宴と結婚パーティーの違い・結婚パーティーとは?

結婚式のスタイルも、最近では多様化しています。

結婚パーティー、披露宴パーティーというのも聞きますが、いったいどういものなのでしょう。

披露宴とパーティーは、違うものなのでしょうか。

結婚式、披露宴というと、親族、友人、知人などへの「お披露目」「感謝」の気持ちを込めたお祝いの席で、かしこまったイメージがあります。

パーティーというと、和気あいあいとみんなでお祝いするカジュアル的な印象があります。

結婚パーティー、パーティー婚というのは、披露宴よりもよりカジュアルなお披露目パーティーパーのことを言います。

結婚パーティーには挙式は含まれていません。

結婚パーティーには、披露宴スタイル、会食・食事会、1.5次会スタイルなどがあります。

二次会とは

二次会とは、披露宴の後に開催される宴です。

二人の結婚をみんなで祝福します。

二次会は友人や同僚が主催者になります。

新郎新婦ではなく、友人が開いてくれることもあります。

 

1.5次会とは

1.5次会とは、披露宴後に行う二次会の中間にあるパーティースタイルの事です。

披露宴ほど格式のあるものではなく、二次会ほどカジュアルなものでもありません。

一般的に、披露宴か1.5次会の、どちらか1つを催します。

費用に応じて、披露宴に近いパーティ、2次会よりなど自由に設定することが可能です。

披露宴の場合は結婚式場で行うのが主流ですが、1.5次会はレストラン、ホテル、結婚式場、カフェなどさまざまです。

 

まとめ

結婚式、挙式、披露宴は混同されやすいです。また、最近では結婚式のスタイルも多様化して様変わりしています。

予算に応じて自由に設定できるようになっています。結婚式は一生に一度のものです。どんな結婚式にするか二人で話し合って決めましょう。