お花見の名所 桧木内川堤のソメイヨシノ!桜開花、桜祭り、ライトアップ

桧木内川堤の桜は、毎年、全国から約140万人お花見客が訪れる、秋田県でも人気が高いお花見スポットです。

桧木内川堤のソメイヨシノは国の名勝にも指定され、武家屋敷通りのシダレザク(角館のシダレザクラ)と共に「さくら名所100選」にも選ばれています。

お花見の名所 桧木内川堤のソメイヨシノで開催される「角館の桜まつり」夜桜・ライトアップされ、開花情報をまとめてみました。

 

 

桧木内川堤のソメイヨシノの桜開花

桧木内川堤のソメイヨシノは、4月中旬からが見頃です。

見事な桜のトンネルは、毎年訪れる人を魅了します。

 

 

アクセス

総評:★★★★☆

住所  :秋田県仙北市角館町
問合せ :0187-43-3352(仙北市観光課内)
観光施設:樺細工伝承館、平福記念美術館、武家屋敷

 

アクセス
<電車の場合>
JR :「角館駅」から徒歩20分

 

<車でお越しの場合>
桜並木駐車場(有料駐車場)

住所 :秋田県仙北市角館町北野97-1
台数 :180台
料金 :1日500円
問合せ: 0187-43-3352(仙北市観光課内)

 

桜情報(開花)

桜の見頃:4月中旬~5月上旬

本数  :約400本

桜の種類:ソメイヨシノ

 

 

桧木内川堤の桜 見どころ

桧木内川堤のソメイヨシノは、1934年に第125代天皇御誕生記念として町民により植えられたものです。

1975年には、国の名勝に指定。

桧木内川沿い約2kmにわたって川の左岸にはソメイヨシノの並木が連なり、桜のトンネルがお花見客を迎えます。

1990年には、武家屋敷通りのシダレザクラと共に「さくら名所100選」に選ばれた桜の名所です。

 

武家屋敷・角館のシダレザクラ

秋田県仙北市の角館は武家屋敷の並ぶ美しい街で、角館のシダレザクラは秋田県で人気№1のお花見スポットです。

春になると街中のいたるところに桜があふれるように咲き乱れます。

「みちのくの小京都」とも呼ばれ、桜のシーズンになると街中に桜が咲き乱れ、多くの花見客で賑わいます。

武家屋敷に咲いているのは、ほとんどがシダレザクラ。

 

 

樹齢300年以上の古木から若木まで約450本の枝垂れ桜があり、そのうち162本が国の天然記念物にされています。

武家屋敷に咲いているシダレザクラの由来は、角館をおさめていた佐竹家の2代目当主「義明」の妻、京都三条西家出身のお姫様が、嫁入りの際にを持ってきた3本の桜の苗だといわれています。

武家屋敷のシダレザクラも見事ですが、桜を堪能した後は観光も楽しめます。

 

 

武家屋敷周辺にはお食事どころや菓子店、レンタル着物店、人力車もあります。

人力車でのお花見も格別。

ただし、人力車は大変人気がありますので出払っている場合があります。

 

 

 

桧木内川堤の桜のトンネル

秋田県、市内を流れる桧木内川の土手約2kmに渡って、約400本のソメイヨシノの桜並木が続きます。

毎年、全国から多くの花見客が訪れるお花見の名所です。

 

現在は、国の名勝として指定されています。

 

水面に垂れ下がるように咲く、美しいソメイヨシノが続く桜並木は圧巻です。

頭上に覆い被さるように咲き誇る、桜のトンネルをくぐりぬけることができます。

夜にはライトアップも行われるので、情緒ある夜桜を楽しめます。

 

 

桧木内川堤 角館の桜まつり・ライトアップ
毎年4月20日~5月5日には、「武家屋敷通り」や「桧木内川堤」で「桜まつり」が開催されます。
「角館の桜まつり」では、期間中はライトアップされ、夜桜も楽しめます。
全国から約120万人の花見客が訪れ、賑わいます。

 

■ 角館の桜まつり

開催日:2020年4月20日~5月5日(延長の場合あり)
場所 :秋田県仙北市角館町小勝田中川原、北野
問合せ:0187-54-2700(仙北市観光情報センター)0187-43-3384(仙北市教育委員会文化財課)

<ライトアップ>
桧木内川堤桜並木約2kmに電飾 武家屋敷通りライトアップ
角館武家屋敷通り
:日没~22:30
桧木内川堤   
:日没~24:00

 

 

まとめ

お花見の名所 桧木内川堤のソメイヨシノ、角館のシダレザクラは「 角館の桜まつり」期間中のお花見がおすすめです。

夜桜ライトアップやさまざまなイベントが開催されます。物産展やコンサート、カヌーやボートで川下りなどもあります。