七五三で着る女の子、男の子に適した着物!3歳、5歳、7歳の時に

七五三の時に、女の子、男の子にどんな着物を着せたらよいのしょう。特に決まっているわけ訳ではありませんが、一般的に主流となっている着物があります。

そこで、七五三で着る女の子、男の子の着物をまとめてみました。3歳、5歳、7歳の時では、着る着物が違ってきます。

子供の成長を祝う七五三には、女の子、男の子に相応しい着物を着せて神社に参拝し、ご家族でお祝いしましょう。

 

七五三は男の子と女の子では行う歳が違う

七五三を行う歳

七五三を行う歳は、昔にならうと

男の子:3歳と5歳
女の子:3歳と7歳

一般的に、七五三を行う歳は

男の子:5歳
女の子:3歳と7歳

しかし、地域によっても違いがあります。

七五三は、西日本では3歳の男の子が行うのは一般的です。

東日本でも最近は、3歳の男の子が行うことが増えているそうです。

 

七五三で女の子の着る着物

七五三で着る3歳の女の子の着物

七五三では、3歳の女の子は「三つ身」という子供用の着物を着ます。

帯は締めずに、着物の上に被布(ひふ)を着せるのが一般的です。

3歳の女の子の七五三には、被布と祝い着、その他、肌襦袢(肌着)、長襦袢、半衿、足袋、草履なども必要です。

また、巾着や髪飾りもあると良いでしょう。

 

七五三で着る7歳の女の子の着物

7歳の女の子の七五三では、「四つ身」という着物を着ます。

三つ身は主に2〜4歳の子供が着るものとされ、 四つ身は4〜12歳頃までの着物です。

祝い着の他に、長襦袢、半衿・重ね衿、帯、帯締め、足袋、草履なども必要です。

帯の上には、帯揚げ、志古貴(しごき)

また、七五三で7歳の女の子だけが身に着ける小物には、筥迫(はこせこ)があります。

筥迫(はこせこ)やバッグなどがセットになった、七五三用の箱せこ小物 セットなども売られています。

 

 

七五三で男の子の着る着物

七五三で着る3歳の男の子の着物

一般的に男の子は5歳の時に、七五三を行います。

しかし、最近では、3歳でも七五三をすることも多くなってきています。

七五三で着る3歳の男の子の着物は、羽織袴でも被布(ひふ)でもどちらでも大丈夫です。

どちらかというと3歳の男の子には、着やすい被布がおすすめです。

3歳の女の子と同様に、被布は着物の上に着ます。

デザインや色は、まだあどけない3歳の男の子らしい、可愛らしいものを選びましょう。

 

七五三で着る5歳の男の子の着物

3歳の男の子の七五三には被布、5歳の男の子の七五三には「袴着」の儀式として、羽織袴を着るのが一般的です。

最近では黒無地ではなく、模様が描かれた羽織を着るのが主流になっています。

着物の柄は、兜、鷹、龍、鯉、打ち出の小槌が人気です。

七五三の着物レンタルショップは下の記事を参考にして下さい

関連記事

七五三の着物は、レンタルする人が多いです。レンタルするなら、着物の種類や色、柄も豊富で、できるだけ安いのがいいですね。 そこで、東京で七五三の着物をレンタルできる、おすすめの着物レンタルショップを紹介します。中には、着付け無料、写真撮[…]

 

 

まとめ

七五三では、3歳の女の子は「三つ身」、7歳の女の子は「四つ身」という着物を着ます。3歳の男の子は被布、5歳の男の子は羽織袴を着るのが一般的です。

母親、父親も洋装もありますが、和装が多いです。晴れ着を着て記念写真を撮り、神社でご祈祷してもらい、千歳飴を頂いて、家族で食事をしたり、家でお祝いしたりするのが七五三の過ごし方です。