願い事が叶う短冊の色や書き方!恋愛や結婚などの例文も

七夕の日には短冊に願い事を書いて笹につるしますが、短冊には色があるのを知っているでしょうか。五色の色が基本になっていて、それぞれ意味があるのです。

短冊の五色の色にはどんな意味があって、どんな願い事を書けばよいのでしょうか。また、恋愛や結婚などはどんな色の短冊に、どのように書いたらよいのか例文も紹介しています。

短冊の願い事によって、適した色の選び方や、恋愛、結婚、復縁の短冊の色や書き方などをまとめています。短冊に願い事を書くときに参考になります。

 

短冊の色は五色

短冊にの色には五色です。願い事が叶うように、五色の色を使い分けて、願い事を叶えましょう。どのように書けばよいのか、例文も参考にしてください。

短冊の色と意味

短冊の色の「五色」は、中国の陰陽五行説が由来になっています。

陰陽五行説とは、宇宙のあらゆる物を生成させる根本元素は「木・火・土・金・水」で成り立ち、これら陰陽五行の要素で世の中は回っているという思想です。

七夕飾りに用いられる短冊の色は「青」「赤」「黄」「白」「黒(紫)」の五色です。

五色の色にはそれぞれ意味があります。

 

短冊の五色と意味

元素 意味
「仁」 人を思いやる心、人を愛すること
「礼」感謝の心、人を敬うこと
「信」約束を守ること、誠実であること
「義」正義を守ること、なすべきことをすること、義務を果たすこと
黒(紫) 「智」学業にはげむこと、向上を目指すこと

 

 

 

青色の短冊に書く願い事

青には、人間を高める「成長」の意味が込められているそうです。

 

「人に優しくする」

「兄弟仲良くする」

 

青色の短冊には自分を磨き、向上させる願いが適しています。

赤色の短冊に書く願い事

赤は「感謝」の気持ちが込められています。

 

「おじいちゃん、おばあちゃんいつまでも長生きしてね」

「お母さん、いつもお弁当ありがとう」

 

祖父母や両親へ、感謝の気持ちや願いを伝えましう。

黄色の短冊に書く願い事

黄色は「友情」や「信頼」の意味があります。

 

「○○さんとこれからもずっと仲良くする」

「職場の○○さんと仲良く、上手くやっていく」

 

人間関係の事なども、黄色の短冊に書くとよいです。

白色の短冊に書く願い事

白には「義務」や「規則」といた意味があるので、自分で決めた決まり事を守ることを願うなら白の短冊に書きましょう。

 

「遅刻をしない」

「宿題をする」

「禁煙をする」

 

紫色の短冊に書く願い事

黒(紫)には「学業」に関する意味があるそうでう。

成績アップや、受験や資格取得などの願いを書くといいでしょう。

 

「100点をとる」

「○○校に合格する」

「○○の資格を取る」

 

短冊の書き方

願い事を書くときは、どのように書いたらよいのでしょうか。

 

「○○になりますように」

「○○が叶いますように」

 

と書きがちですが、

 

「○○になります」

「○○します」

 

このように、断言しましょう。

 

「○○大学に合格する」

「7時に起きる」

 

具体的に書いた方が良いそうですよ。

 

 

恋愛に書く短冊の色

恋愛や結婚で悩んでいる人もいますね。恋愛の願い事を書く場合、短冊の色はどの色を選んで、どのように書けばよいのでしょう。恋愛には、五色とは別に適した色があります。

恋愛・結婚の短冊の色

七夕の日は、織姫と彦星が毎年1年に1回出会う日です。

恋愛の願い事を短冊に書くと、きっと叶いそう!

では、恋愛や結婚は、何色の短冊に書いた方が良いのでしょうか。

短冊は「青」「赤」「黄」「白」「黒(紫)」の五色が基本ですが、最近では、五色以上の短冊も増えています。

恋愛や結婚はやはり、淡いピンク色の短冊が向いているでしょう。

出会いを求めている人、結婚したい人など、ピンク色の短冊を求めて願い事を書いてみましょう。

 

 

恋愛・結婚の願い事の例文

恋愛の願い事も、「○○になりますように」ではなく断言した形で書きましょう。

例文としては、次のように書きます。

 

「○○さんと6月に結婚する」

「恋人を1月までに作る」

「○○さんと復縁する」

 

断言することで、意識が高まり、自分の行動も変わってくると言われています。

願い事には、具体的に名前や時期なども入れた方が良いでしょう。

関連記事

毎年、七夕を楽しみしている人もいるのではないでしょうか。子供と一緒に鶴を折ったり、短冊に願い事を書いたり大人も楽しめる年中行事です。 七夕のお飾りというと短冊ですが、それ以外にも七夕のお飾りはありますね。折鶴や吹き流しなど。七夕の日に[…]

関連記事

毎年、子供たちが楽しみにしている七夕。いつも、何気なく行っていますが、七夕は地域によっては7月に開催されたり、8月に開催されたり、統一されていません。七夕って、本当はいつなのでしょうか。 そこで、正しい日付はいつなのか、調べてみました[…]

 

 

まとめ

毎年、開催される七夕は、子供も大人も楽しみです。短冊に願い事を書いて、お祈りする人も多いのではないでしょうか。短冊の色は五色が基本ですが、最近はカラフルで色々な色があります。

恋愛には淡いピンクがあっています。恋愛、結婚、復縁、出会いを求めている人など、ピンクの短冊に願い事を書きましょう。言い切る形で、自分を奮い立たせます。具体的に書いて意識を高め、実現させましょう。