お花見の名所 上野恩賜公園の桜を楽しむ!ライトアップやイベントなど

江戸時代から桜の名所として名高い東京都の上野恩賜公園は、気軽にワイワイ騒ぎながらお花見を楽しめるスポットです。

園内では、桜の開花に合わせてイベントライトアップも行われ、夜桜を楽しめます。上野恩賜公園の桜をより楽しみたい方に、お花見の見どころや開花情報、アクセス、ライトアップ、イベント情報をお届けします。

広大な敷地を持つ園内には、博物館や美術館、近くに上野動物園もあって、親子や家族、友達同士など、誰でも楽しめます。

 

上野恩賜公園へのアクセス

総評:★★★★☆

住所  :東京都台東区上野公園
電話番号: 03-3828-5644( 上野恩賜公園管理所)
営業時間午前5時~23時(23時~翌5時は立入禁止)

アクセス
<電車の場合>

JR:「上野駅」公園口より徒歩2分
東京メトロ:銀座線・日比谷線「上野」より徒歩2分
京成線:「京成上野駅」より徒歩1分

<車のお越しの場合>
駐車場:JR上野駅公園口近くに有料の公園駐車場あります(首都高速1号上野線上野出口からすぐ)
料金 :1時間400円・100台
問合せ:03-3821-0755(東京都道路整備保全公社)

 

 

 

上野恩賜公園の桜情報

桜の見頃:3月下旬~4月上旬

本数  :約800本

桜の種類:ソメイヨシノ、ヤマザクラ、カンヒザクラなど50種

ライトアップ
時間  :17:30~20:00(うえの桜まつり期間中)
内容  :ボンボリ点灯

お花見終了時間:20:00

 

 

上野恩賜公園の桜のみどころ

上野恩賜公園は約53万平方メートルの広大な敷地で、ゆっくり、ワイワイガヤガヤお花見を楽しめる人気スポットです。

昼間からお酒片手に、気兼ねすることなく宴会を楽しめます。

家族や親子連れ、一人でもぶらぶらと桜を満喫できます。

 

「うえの桜まつり」の開催期間はライトアップされ、夜桜が綺麗です。

 

デートにもおすすめ。

 

敷地内には博物館美術館上野動物園があるので、お花見ついでに立ち寄って観覧することもできます。

 

毎年、大勢の人が訪れる賑わいで、江戸時代から桜の名所として有名です。

交通の便もよく、JR上野駅から徒歩2分程なので、迷うことなく公園まで行けます。

上野恩賜公園の敷地内には、ソメイヨシノやオオカンザクラ、シダレザクラなど約1,200本の桜の木があり、開花開花時期には、お花見の様子がニュースで流れるほど。

 

300mの桜並木が続く公園中通りを中心に花見客が押し寄せ、袴腰広場から噴水池あたりまでの桜は圧巻です。

 

 

 

上野恩賜公園のライトアップ・夜桜・イベント

例年、桜の開花に合わせて「うえの桜まつり」が開催されます。

 

期間は桜の開花状況により変動ありますが、17時~20時までは1,300個ものボンボリが灯り、夜桜を楽しめます。

 

不忍池周辺では骨董市などが催され、不忍池や弁天堂参道では露店が出店。

上野の桜は、寛永寺が創建された後、天海僧正が吉野山から桜を移植したことから始まって今日に至っています。

江戸一番の桜の名所で有名な上野の桜は、朝から夜までゆっくりとお花見を満喫できるスポットです。

 

 

まとめ

江戸時代から桜の名所として有名な上野恩賜公園は、一度は行って見たいお花見スポットです。

ライトアップされた公園内は、デートスポットとしても人気です。ぶらぶらとカメラ片手に、園内の桜を撮って回るのもいい思い出になります。