チョコレートダイエットの正しいやり方!効果のある3つの方法で痩せる

ダイエットには様々な方法がありますが、途中で断念して続かないことが多いでが、それは、無理なダイエットや自分に適していないダイエットをしているからです。

ここでは、チョコレートで効果のある、正しいダイエットのやり方を紹介しています。

チョコレートは高カロリーなので、ダイエットなんて嘘と思いますが、正しい方法でやると効果があるんです。

チョコレートダイエットはチョコが好き、甘いものが好きな方にはおすすめです。

チョコレートの栄養素

チョコレートに含まれている、主な栄養素です。

 

・カカオポリフェノール
・テオブロミン
・食物繊維
・カフェイン
・ビタミン類
・ミネラル
・カリウム
・カルシウム

 

一番注目すべきなのが、カカオポリフェノールです。

ポリフェノールが多く含まれる食品では赤ワインが有名ですが、チョコレートは赤ワインよりもポリフェノールの濃度が高いそうです。

カカオの含有率にもよりますが、赤ワインよりも約2倍以上含まれています。

カカオポリフェノールには血行促進の働きがあり、血行不良によるむくみを改善する働きがあります。

血行が良くなると、女性の悩みである冷え性も改善する効果も期待できます。

チョコレートには健康に良い栄養素が豊富に含まれていますが、何故ダイエットに効果にあるのか説明していきましょう。

チョコレートは何故、痩せる効果がある

高カロリーのチョコレートですが、チョコレートには痩せる効果があるんです。

実際にチョコレートダイエットをやって、7カ月で10キロ以上痩せた、2週間で2キロやせたという口コミもあります。

■ 食欲抑制

チョコレートには、カカオの苦み成分であるテオブロミンが含まれています。

このテオブロミンには、血糖値を上げて、満腹中枢を刺激し食欲を抑制する働きがあります。

食事制限などをしていると、どこかで食欲が抑えられなくなって暴飲暴食をし、ダイエットに失敗してしまいがちですが、チョコレートダイエットの場合はそれを防ぐことができます。

チョコレートを食前に食べることで、少量で満足感を感じ、空腹感を抑えられて肥満の抑制になるのです。

また、チョコレートをにはリラックス効果もあるので、イライラからくるストレスで、食欲に走るのを防いでくれます。

■ 便秘解消

チョコレートには、食物繊維が豊富に含まれています。

また、チョコレートに含まれているタンニンには整腸作用があり、食物繊維とタンニンが腸内環境を整えて便秘を解消してくれます。

お通じが良くなる事で、便秘からくるむくみも解消。

余分な老廃物も排泄されて、身体全体がすっきりとなります。

■ 基礎代謝を上げる

テオブロミンには、食欲抑制の働きもありますが、血流を改善する働きもあります。

チョコレートからテオブロミンを取ることで、血流が良くなり、その結果、基礎代謝アップの効果が期待できます。

基礎代謝が上がると、エネルギー消費カロリーが増えて、自然と痩せやすい身体になります。

■ まとめ

カカオ豆に含まれるカカオバターの脂肪分は吸収率が低く、体脂肪になりにくいといわれています。

脂肪になりにくいのも、高カロリーでありながらチョコレートはダイエットに向いているんですね。

チョコレートダイエットの効果のある正しいやり方

チョコレートダイエットは、食べれば痩せられるというわけではありません。

ダイエット効果を得るには、3つの秘訣があります。

元々、チョコレートはカロリーが高く、ダイエットには不向きと考えられがちです。

それよりも、太ってしまうのではないかと思いますね。

でも、正しいやり方をすると、ダイエット効果が得られるんです。

その方法を、これから説明していきます。

チョコレートの種類

チョコレートダイエットの場合は、どの種類のチョコを食べてもいいというわけではいけません。

ダイエット効果に欠かせない、栄養を豊富に含んでいるチョコレートを選ばないといけません。

をれには、高カカオのチョコレートを選びます。

カカオ含有率が70%以上の、チョコレートを選んで食べましょう。

高カカオチョコレートには、含有率が95%など、非常に高いものもありますが、ビターチョコレートが苦手な人は、無理をせずに含有率が低いものから始めましょう。

ただし、70%以上は守りましょう。

■ おすすめの高カカオチョコレート

・明治チョコレート効果72%

・明治 ザ・チョコレート コンフォートビター

・スイーツデイズおいしいハイカカオ72%(ロッテ )

・カレ・ド・ショコラ<カカオ70>(森永)

スーパーやコンビニで手軽に買える、市販のチョコレートです。

通販もあるので、大量に購入したい場合はお得な価格で買えます。

食べる量

高カカオチョコレートといっても、やはりカロリーは高いです。

食べる量は、1日50gを目安に食べましょう。

沢山食べれば、ダイエットに効果あるというわけではありません。

カロリーが高い分、食べすぎて太ってしまうこともあるので、逆効果とならないように食べる量は注意しましょう。

食べるタイミング(食べ方)

チョコレートダイエットには、痩せる食べ方があります。

食べるタイミングは、食前に食べましょう。

食前といっても直後ではなく、食事の10分前が良いとされています。

食前の10分前に食べると、食欲を抑えられてダイエットに効果的と言われています。

1日50gというと、板チョコの半分位の量。

その3分の1の量を3回の食事の前にとるので、1回の量は少量になりますが、チョコレートは少量で食欲を抑えることができるので、それだけでも食事の量を抑えることができます。

食べ方を間違えると、食べた時だけ満腹になって、食事の時にはお腹が減っていつのの通りに食べてしまうことになりかねません。

結局、チョコレートを食べ多分、余分にカロリーを摂取してしまうので、チョコレートの食べ方、食べるタイミングは、守って食べましょう。

チョコレートを食べると美容効果もある

チョコレートのポリフェノールにはすぐれた抗酸化作用があり、シミ、シワの改善する効果や、紫外線による肌の老化を防いだり、肌のダメージを修復する働きもあります。

活性酸素を抑制してくれるので、皮膚の老化を抑え、アンチエイジングの効果も期待できます。

便秘解消の働きもあるので、便秘からくる肌荒れ、肌トラブルの改善。

血流を良くする働きもあるので、くすみの改善も期待できます。

まとめ

ダイエットというと、苦しい、きついと思われがちですが、普段の生活に取り入れるだけで痩せられるダイエットもあります。

ここでは、その1つとして、チョコレートダイエットを紹介しました。

でも、チョコレートダイエットは正しい方法で行わないと、効果が得られません。

チョコレートダイエットの効果的な正しいやり方で、すっきり痩せましょう。