熱中症の症状!初期症状から重症まで重症度別一覧表

夏になると、気を付けなければいけないのが熱中症です。暑くなり始めると、ニュースでも熱中症がよく報道されますね。

熱中症は、夏だけに起こる症状ではありません。熱中症を予防するには、熱中症の事もよくいることが大事です。それによって熱中症に対しても、対策ができます。

ここでは、熱中症とは何か。熱中症にはどんな種類があって、その原因や症状。また、初期症状から重症まで、重症度別に一覧表にしました。熱中症と間違いやすい日射病についても、熱中症との違いを説明しています。

 

熱中症とは

熱中症とは、大量に汗をかいて体内の水分や塩分が失われたり、体温の調節機能が効かなくなったりした結果、起こる症状の総称です。

人間は暑さを感じた時、汗をかくことで熱を体外に放出して体温を調節します。

しかし、すごく気温が高かったり、激しい労働や運動によって熱を放出できなくなると、熱が体に溜め込まれてさまざまな症状が起こります。

軽度のものから重度のものまであり、種類によって分類されます。

めまい、体温の上昇、頭痛、吐き気、けいれんなどの症状でて、初期症状の軽い症状から、重症の場合には熱中症が原因で死亡する事もあります。

熱中症は屋外だけでなく、室内でも発症します。

夏の暑い時だけでなく、高温でない日でも湿度が高いと熱中症にかかりやすくなります。

熱中症の重症度別一覧表

 

熱中症の症状と重症度分類

分類 症状 重症度
I度 めまい・失神
「立ちくらみ」という状態で、脳への血流が瞬間的に不充分になったことを示し、「熱失神」と呼ぶこともあります。運動をやめた直後に起こることが多く、脈が早くなり顔が蒼白になる事があります。

筋肉痛・筋肉の硬直
筋肉の「こむら返り」のことで、その部分の痛みを伴います。発汗に伴う塩分の欠乏により生じ、「熱けいれん」と呼ぶこともあります。

大量の発汗

軽症
II度 頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感・下痢・失神・気分の不快
からだがぐったりする、力が入らないなどがあり、従来から「熱疲労」「熱疲弊」と言われていた状態です。
中等症
III度 意識障害・けいれん・手足の運動障害・過呼吸
呼びかけや刺激への反応がおかしい、体にガクガクとひきつけがある、真直ぐ走れない・歩けないなど。

高体温
体に触ると熱いという感触です。従来から「熱射病」や「重度の日射病」と言われていたものがこれに相当します。

重症

 

熱中症の種類

 

熱中症の種類と症状・原因

種類 原因 症状
熱失神 気温が高い場所や直射日光を浴びることで、血管が広がり血圧が低下して、脳へ送られる血流が悪くなることによって起こります。 顔面蒼白
めまい
失神
脈が速くて弱くなる
熱痙攣 大量の汗をかき、血液中の塩分やミネラルが不足した時に、電解質のバランスが崩れて起こります。塩分補給をしないで水分だけを補給していると起こりやすいです。  

筋肉がけいれんする
筋肉痛
手足がつる

 

熱疲労 大量に汗をかき、水分補給が追いつかず、脱水とともに体内に熱がこもるのが原因で起こります。水分補給をしないでも起こります。 強い疲労感
倦怠感
頭痛
悪心・嘔吐
めまい
熱射病 異常に体温が上昇し、脳の中枢機能に異常をきたした状態です。意識がない、言動がおかしいなど。ショック状態になる場合もあり、死に至ることもある危険な状態です。 40℃以上の高体温
意識障害
ふらつく
発汗停止
血圧上昇
日射病 炎天下で長時間、直射日光に当たることで発症します。大量の汗をかくことで脱水症状を引き起こします。 めまい
頭痛
顔面喪失
失神・倦怠
意識障害

 

熱中症と日射病の違い

熱中症と間違いやすいのが日射病です。

熱中症は、屋内、屋外を問わず、高温や多湿等が原因となって起こります。

室内でも発症するケースが多いです。

日射病は炎天下で長時間、直射日光を受け、大量の発汗で脱水症状になって起こります。

日射病熱中症に含まれるのです。

 

関連記事

夏に気を付けなければいけないのが、熱中症です。毎年、多くの人が熱中症で救急搬送されます。熱中症というと屋外で発症すると思いきや、実は室内の方が多いのです。 夏は、室内の熱中症対策も重要といってもいいでしょう。では、熱中症を予防するには[…]

まとめ

暑い夏に外出する時に、気を付けないといけないのが熱中症です。こまめに水分補給をしたり対策をするのも大事ですが、必要以外は熱い日中は外にでないことです。

でも、室内にいても高温多湿だと熱中症になってしまいます。初期症状などの軽症の場合、熱中症だと気が付かない場合もあります。室内でも、冷房や扇風機、除湿器を使用して熱中症対策をしましょう。ただし、冷房の冷やし過ぎは、体調を崩したり、夏風邪をひいたりする原因になるので、冷房の温度には気を付けましょう。