ダイエット中の正しい体重の測り方!時間帯、タイミングなど

ダイエット期間中は、体重を測定して記録すると、減量の経過が分かります。

しかし、体重は食事や運動などによって、1日中変動します。

ここでは、体重をいつ測定すればよいのか、時間帯、タイミング、測り方などを説明しています。

 

 

ダイエット中の体重の測り方

ダイエット期間中の体重測定は大事です。

正しく測らないと、どれだけ減量できたのか正確なデータが得られません。

正確なデータを得るには、測る時間帯、タイミング、測り方重要になってきます。

 

体重は1日中変動している

体重は1日、同じではありません。

食事など、何か食べたり飲んだりする体重は増えます。

動いたり、運動したりするとカロリーが燃焼され体重は減ります。

また、動いていなくても、呼吸をしたり心臓を動かすために体はエネルギーを使います。

汗をかかなくても、皮膚の表面からは、常に水分が蒸発しています。

そうすると、体重は減るのです。

では、いつ測ると正確な体重が測れるのでしょう?

 

正確な体重を測れる時間とは?

「正確な体重を測れる時間」という、決まった時間はありません。

基本的な体重計の測り方は、2つの条件があります。

 

・同じ時間
・同じ状況

 

毎日、同じ時間、同じ状況で測ると、日々の体重の変動が分かります。

ダイエット中の体重測定は大事です。

毎日、どれだけ体重が変動したか、チェックしなくてはいけません。

 

 

体重を測る時間帯

体重を測る最も適した時間は、朝起きた時です。

 

毎日、起床後にすぐ測るのがおすすめです。

 

起床後は食事をしたり、水を飲んだり、間食したりします。

動いたり、運動したり、お風呂に入ったりして、その度に体重は変動します。

起床後に体重を測ると、正確なデータが得られません。

ダイエット期間中の体重は100㎎単位で測り、正確な体重変化をチェックしましょう。

 

体重を測る時の服装

体重計に乗る時は同じ条件でなくてはいけません。

注意するのは服装です。

重い服を着て測ると、その分加算されて重くなります。

軽いとその逆ですね。

また、服によって重さが違うので、服を着たまま測ることはおすすめできません。

 

ダイエット期間中の体重測定は、下着で測りましょう。

 

 

体重を測ってはいけないタイミング

体重を測る時間を起きてからすぐ、と決めていれば問題はないのですが、朝は忙しくてバタバタする時間です。

起きた後すぐに、体重を測るのを忘れてしまう人もいます。

起床後でない時間帯に測る場合、体重を測ってはいけないタイミングがあります。

 

食後に測るのはNGです。

 

食べた後は体重が増えてます。

また、食べた量で増える重さが違ってきます。

また、入浴後やスポーツをした後も避けましょう。

入浴や運動をすると、汗をかいて水分が減ります。

汗の出る量で体重の減る量が違ってっくるので、正確な体重が測定できないのです。

 

 

まとめ

毎日体重を記録しておくと、ダイエットに対する意識が高まり、やる気も出てきます。

体重の増減が分かり、これから先の目標も立てやすいです。