白湯ダイエットのやり方!飲み方・飲む時間・飲む量・タイミング

白湯は健康や美容に良いことで知られていますが、ダイエットにも効果があります。

ここでは、白湯ダイエットのやり方を紹介しています。白湯の正しい飲み方、飲む時間、飲む量、飲むタイミングを分かりやすくまとめました。白湯の作り方も説明しています。

ダイエット目的でなくても、白湯は健康や美容に良いので、日頃から飲むことをおすすめします。

 

 

目次

1.白湯の作り方
1.白湯の作り方
2.白湯が残った時の保存方法

2.白湯の効果
1.便秘解消
2.冷え性改善
3.美肌効果
4.免疫力アップ
5.肩こり・腰痛の改善

3.白湯ダイエットのやり方
1.飲む時間帯
2.飲むタイミング
2-1.朝の飲み方
2-2.昼の飲み方
2-3.夜の飲み方
3.飲む量
4.飲み方

4.まとめ

a

白湯の作り方

白湯は簡単に誰でも作れます。

時間がある時に、作って保存しておきましょう。

 

白湯の作り方

白湯の正しい作り方です。

水は浄水器の水、水道水でもOKです。

 

1.やかんに水を入れて蓋をして火にかけます。

2.沸騰したらやかんの蓋を開け、火を中火くらいまで落とします。

3.そのまま10~15分沸かして完成です。

 

a

白湯が残った時の保存方法

飲む量だけ沸かすと、飲むたびに沸かさないといけません。

1日に飲む量を、作っておくと良いです。

残った白湯は、冷めないように保温ポットに入れておきましょう。

保温水筒に入れると持ち運びができるので、外出先でも飲めます。

 

a

 

白湯の効果

白湯にはダイエット以外にもさまざまな効果があります。

ダイエットだけでなく、健康や美容にも良いとされています。

 

便秘解消

白湯で内臓が温められるて腸の動きが活発になり、便秘解消が期待できます。

 

冷え性改善

温かい白湯を飲むことで、体の中から温まり冷え性を改善できます。

 

美肌効果

白湯を飲むことで血流が良くなり、体の老廃物が排出されやすくなります。

また、便秘が解消されることでも美肌になるとされています。

 

免疫力アップ

白湯を飲むことで内臓が温まり免疫力がアップ、基礎代謝も上がります。

 

肩こり・腰痛の改善

血の巡りが悪くなると、肩こり、腰痛を引き起こします。

血流が良くなる事で肩こり、腰痛を緩和する働きが期待できます。

a

 

白湯ダイエットのやり方

ダイエットによい白湯の飲み方、飲む時間、飲む量、タイミングで、効果をアップさせましょう。

 

飲む時間帯

白湯はただ飲むだけですが、ダイエットに効果的な飲む時間帯があります。

白湯は朝、昼、夜の食事時に飲みましょう。

仕事の関係などで飲めない時は、朝だけでもOK

朝一番に飲む白湯が、最も効果的といわれています。

 

飲むタイミング

白湯には朝、昼、夜、飲むタイミングがあります。

 

朝の飲み方

朝起きたらすぐ飲みます。

コップ1杯、約200mlを時間をかけてゆっくり飲みましょう。

温かい白湯を飲むことで内臓が温められ、活発になります。

 

昼の飲み方

食前と食事中、または食事中と食後、2回に分けて飲みましょう。

 

① 食前と食事中に飲む場合

食事を摂る30分前に100ml、食事中に100ml飲みましょう。

 

② 食事中と食後に飲む場合

食事中に100ml、食後30分くらいにたってから100ml飲みましょう。

食後すぐに白湯を飲まないことがポイントです。

胃が落ち着くのまでに30分程かかります。

食後30分後に摂ることで、上手に消化してくれます。

 

夜の飲み方

昼と同じように、食前と食事中、または食事中と食後、2回に分けて飲みます。

 

① 食前と食事中に飲む場合

食事を摂る30分前に100ml、食事中に100ml飲みましょう。

 

② 食事中と食後に飲む場合

食事中に100ml、食後30分くらいにたってから100ml飲みましょう。

 

a

 

飲む量

白湯は体に良いからといって、飲み過ぎは良くありません。

飲む量の目安は1日に600ml~800mlまでが適量といわれています。

白湯の1日の摂取量は800mlまでにしましょう。

1回に摂取する量は200mlです。

白湯を飲むことで胃や腸の汚れを流してくます。

しかし飲み過ぎると水分を取り過ぎになり、腸の働きが低下して、むくみや肥満の原因になるそうです。

 

水太りについては、こちらのサイトで詳しく説明しています。

関連記事

水で太ってしまったと聞くことがありますが、このことは本当なのでしょうか。水で太るなんて嘘、という説もあります。意見が分かれてしまう2つの意見は、どちらが正しいのでしょうか。 そこで、水で太るのは本当なのか、さらに、1日に必要な水の量な[…]

 

a

飲み方

白湯を飲む温度は 、50℃くらいが適温と言われています。

沸かした直後は熱いので、冷めるまで待ちます。

一度にごくごく飲むのではなく、時間をかけてゆっくりと飲みましょう。

10分くらいほ時間をかけて飲むようにします。

 

まとめ

白湯ダイエットはやり方を間違えると、十分な効果が得られません。正しい飲み方、飲む時間、飲む量、タイミングを守りましょう。

費用もかからず誰にでも簡単にでき、食事制限などもないダイエットなので、無理なく健康的に痩せたい方におすすめです。