ダイエットにはコーヒー、紅茶、緑茶のどれ?成分と効果を比較

コーヒー、紅茶、緑茶はダイエット効果があるとされています。

成分とその効果から、ダイエットに最適なのはコーヒー、紅茶、緑茶のどれなのかまとめてみました。

美味しく飲んで、ダイエットを成功させましょう。

 

 

コーヒーの成分と効能

コーヒーには、ダイエット効果があると言われています。

それには、コーヒーのもつカフェインとポリフェノールが関係しています。

 

コーヒー成分とダイエット効果

コーヒーというと、真っ先に「カフェイン」という人も多いのではないでしょうか。

コーヒーに含まれる「カフェイン」は脂肪燃焼させる効果があります。

でも最近、注目されているのが、「クロロゲン酸」という成分です。

クロロゲン酸とは、コーヒーに多く含まれているポリフェノールの一種です。

「クロロゲン酸」には、様々な効果があるのです。

 

クロロゲン酸の効果

クロロゲン酸には糖質を分解する酵素を阻害する働きがあり、その結果、糖質の吸収を緩やかにします。

余分な脂肪の溜め込み防ぐので、ダイエットに良いのです。

さらに、脂肪燃焼を促進する効果もあります。

また、クロロゲン酸には血糖値の上昇を抑える働きがあるので、インスリンの分泌を抑えることができるの、脂肪の蓄積を防ぎます。

 

 

コーヒーダイエットのやり方

コーヒーダイエットの基本的なやり方は、食後にホットのブラックコーヒーを飲むことです。

食後にブラックコーヒーを飲むことで、食後の血糖値の上昇を抑えて、インスリンが過剰に分泌するのを防ぎます。

余った糖を中性脂肪に変えるインスリンの過剰分泌を抑えることができ、ダイエットにもつながるのです。

 

 

紅茶の成分と効能

紅茶はリラックス効果もあります。

日常的に飲んでいる人もいるのではないでしょうか。

紅茶がなぜダイエットに良いのか、また、効果的な飲み方も説明しています。

 

紅茶の成分とダイエット効果

カフェインというと、コーヒーというイメージがありますが、紅茶にもカフェインが含まれています。

コーヒーと紅茶のカフェイン含有量は、ほぼ同じです。

カフェインには、脂肪燃焼を促進させる効果があります。

また、紅茶に含まれる紅茶ポリフェノールには、さまざまな効果があります。

 

 

テアフラビンの効果

紅茶ポリフェノールの一種「テアフラビン」には、血糖値の上昇を抑制する効果があります。

また、糖分吸収を促進させるアミラーゼの働きを抑えて、糖分吸収を抑制します。

強い抗酸化力を持っており、動脈硬化など生活習慣病の予防、シミなど老化防止、コレステロール値を下げる効果もあります。

 

タンニンの効果

タンニンは紅茶ポリフェノールの一種で、「カテキン」と呼ばれることもあります。

タンニンには抗酸化作用、抗菌作用の他、脂肪吸収を抑制する作用があります。

また、血中コレステロールの濃度を下げる作用もあるので、肥満防止となり、W効果でダイエットにつながります。

 

生姜紅茶ダイエット

紅茶ダイエットの効果をアップするには、生姜紅茶が良いとされています。

生姜には、シンゲロンやショウガオール、ジンゲロールなどの成分が含まれています。

ジンゲロンには、血行促進や発汗、脂肪燃焼促進などの効果があります。

ショウガオールには、体を温めて血行促進したり、代謝促進、抗酸化作用があります。

ジンゲロールという成分にも、脂肪の蓄積を抑える作用があることが最近分かってきました。

生姜と紅茶を一緒に摂ることで、ダイエットの効果をアップさせることができるのです。

 

ダイエットに効果のある生姜紅茶の作り方については、こちらのサイトで詳しく紹介しています。

関連記事

生姜と紅茶は、健康によい食品として知られています。 その生姜と紅茶を組み合わせた、生姜紅茶は様々な効果があります。冷え性改善、風邪予防、さらにダイエット効果もあります。 生姜紅茶の効能、作り方、効果を上げる正しい飲み方を紹介しま[…]

 

 

緑茶の成分と効能

昔から日本で親しまれている緑茶は、健康によいことで知られていますが、ダイエット効果もあります。

 

緑茶の成分とダイエット効果

緑茶には、カフェイン、カテキン、ミネラル、ビタミンCなどの成分が含まれていて、健康だけでなく美容効果もあります。

その中でも特に、「カテキン」には優れたダイエット効果があることが分かっています。

 

カテキンの効果

カテキンとは、緑茶の「渋み成分」のことです。

ポリフェノールの1種で、抗菌作用や殺菌作用がありますが、脂肪燃焼効果もあるのです。

カテキンは脂質代謝を促進させる効果があるの、脂肪燃焼に効果的なのです。

また、脂肪吸収を抑制、エネルギー消費量増加、コレステロール値の改善、食後の血糖値の上昇を緩やかにする効果もあります。

 

 

緑茶ダイエット

緑茶ダイエットの飲むタイミングは、運動前、食前や食事中、食後の3パターンがあります。

 

運動前     :脂肪燃焼を促進させる

食前や食事中  :食欲の抑制

食後      :糖質や脂質の吸収を抑制

 

緑茶に含まれている、タンニン、カフェイン、シュウ酸は摂り過ぎると体に良くないので、緑茶は飲みすぎてもいけません。

緑茶の飲む量は、1日10杯までと言われています。

ダイエットには1日10杯程度が良いと言われていますが、緑茶とコーヒーをミックスすると、少ない量でもダイエット効果があるそうです。

 

 

ダイエットに効果がある飲み物・飲み方

コーヒー、紅茶、緑茶のどれを飲んだら、よりダイエットの効果を得られるのでしょう?

それには、最も効果的な飲み方があります。

 

ダイエットにはコーヒー、紅茶、緑茶?

ダイエットに効果的なのはコーヒー、紅茶、緑茶のどれかというと、自分に合った飲み物がベストです。

な~んだと思うかもしれませんが、ダイエットは継続して行うことが大事です。

自分に合った飲み物で、ダイエットをしましょう。

最もおすすめは、緑茶コーヒーダイエットです!

緑茶とコーヒーを1:1で割ったものを、1日3杯、食直前に飲むだけの簡単なダイエットです!

コーヒー、紅茶、緑茶で、思ったほど効果がでなかった方にもおすすめです。

 

 

まとめ

緑茶コーヒーダイエットは、2019年12月16日の、日本テレビ系「ヒルナンデス!」で放送されて、話題になりました。

食事制限や過度な運動なしの緑茶コーヒー飲むだけダイエットは、本も出版されて大ヒットとなっています。