水太りとは?水で太るというのは本当か嘘か、水で太る量も調査

水で太ってしまったと聞くことがありますが、このことは本当なのでしょうか。水で太るなんて嘘、という説もあります。意見が分かれてしまう2つの意見は、どちらが正しいのでしょうか。

そこで、水で太るのは本当なのか、さらに、1日に必要な水の量なども追及してまとめてみました。

水太りするなら、どれくらい飲むと太るのかも気になりますね。水で太る量はあるのか、そこらへんも調べてみました。

 

 

水太りは本当、嘘?

水太りは本当なのか、嘘なのか、水で太る、太らないの2説があります。

2つの異なる説は、どちらが正しいのでしょう。

結論から言うと、どちらも間違ってはいません。

えっ!と思うかも知れませんが、条件次第なんです。

では、水太りとは何で、どういうことなんでしょうか。

 

水太りとは

水太りとは、体内の水分量が増えてむくみやすくなり、むくみが続くと太ってしまいます。

だったら、水で太るってことは正しいと思いますが、体内の水分量が増えるのには原因があります。

通常に水を飲んで入れば、太ることはないんです。

そういう意味では、水で太ることはないといえます。

では、水太りする原因は何にあるのでしょうか。

 

 

 

水太りの原因

水太りの主な理由は3つあります。

 

1.水の飲み過ぎ

2.塩分の取り過ぎ

3.糖分の取り過ぎ

 

1日に大量の水を飲み続けていると体内の水分量が増えてむくみ、いわゆる「むくみ太り」になってしまいます。

 

塩分の取り過ぎはいけません。

必要以上に取ると身体は体内の塩分濃度を薄めようとして、水を溜め込みやすくなりむくみやすくなります。

その結果、太ってしまいます。

 

糖分の取り過ぎも、喉が渇いて必要以上に水を飲んでしまいます。

むくみやすくなり、太ってしまう原因になります。

 

私たちの身体に必要な、1日の水の量は決まっています。

どれくらいが適量何でしょうか。

 

 

 

1日に適量な水の量は

1日に必用な水の摂取目安量は、体重の4%と言われています。

体重50キログラムの人なら

 

50×0.04=2 

 

2リットル必要となります。

体重80キログラムの人なら

 

80×0.04=3.2

 

3.2リットルとなりますが、体重だけでなく年齢や性別でも異なると言われています。

また、運動の多い人は汗によって水分が少なくなるので、運動量の少ない人よりも多く水を取らなくてはいけません。

一般的に1日約2ℓを目安にし、喉が渇いたときにこまめに水分補給をするとよいでしょう。

一度にガブガブ大量に飲むと、水中毒を引き起こす可能性もあります。

 

 

 

水で太る量は

1日に必用な水の摂取量を超えてしまうと、太る原因になります。

自分の体重から計算して、どのくらい必要なのか調べてみましょう。

ただ、身体が欲する量とは違うということもあります。

身体が要求しないのに、無理に飲むことはありません。

スポーツの他、お風呂、サウナなど汗を搔いた時は、普段より水分補給をしなくてはいけません。

一般的に1日の水分量は2リットルといわれているので、通常はこの量を目安にするといいでしょう。

 

 

 

水の温度

水は常温で飲みましょう。

冷たく冷やして飲むと、身体を冷やしてしまいむくみやすくなります。

冷え性の人は、特に気を付けましょう。

冷たい水は胃腸へ負担をかけて、お腹が痛くなることもあります。

 

まとめ

水の取り過ぎは水太りの原因になります。塩分や糖分の取り過ぎも注意です。1日に必用な水の量を飲んでいると、太ることはありませんが、このような原因で水太りは起こってしまいます。

代謝が悪くて水太りすることもあります。普段から適度な運動や栄養のバランスのよい食事、十分な睡眠をとって代謝を良くしましょう。