夜だけ飲み物だけで過ごすダイエット方法!1ヶ月で5キロ痩せた成功例

水ダイエットというのがありますが、夕食を飲み物に置き換えるダイエットもあります。

ここでは、夜だけ飲み物だけで過ごす、ダイエット方法を紹介しています。朝食と昼食は普段通りに食べます。夜だけを飲み物に置き換えるのです。

飲む量や飲み方、飲む時間帯、飲んで良い飲み物なども説明しています。私はこのダイエットで1ヶ月で5キロ痩せることに成功しました。

 

夜、飲み物だけダイエット方法とは

夜、飲み物だけダイエットのやり方

夜、飲み物だけで過ごすダイエットとは、その名の通り、朝と昼は普通に食べて、夜は飲み物だけのダイエット方法です。

1日飲み物だけで過ごすダイエットもありますが、これは、苦しいという声をよく聞きます。

痩せる効果は高いですが、減量後にリバウンドする可能性が高いです。

もちろん、スッキリ痩せてリバウンドしない方もいますが、ここでは、誰でも簡単にやりやすい、夜、飲み物だけで過ごすダイエット方法を紹介します。

 

1ヶ月5キロ減量に成功した体験談

私は以前、夜、飲み物だけダイエットを行って、1ヶ月で5キロ痩せました。

その時に体重はというと

 

身長:162㎝
体重:58kg

 

お正月に食べた揚げ餅にはまっていしまい、食べ続けた結果、あっという間に5キロ太ってしまいました。

元の体重に戻したくて、夜だけ飲み物だけにした結果、1ヶ月で5キロの減量に成功しました。

私が行った、夜、飲み物だけダイエットのやり方を説明していきます。

やり方は簡単で、誰でもできるダイエットです。

朝食と昼食はいつもの通りだけなので、複雑なカロリー計算も必要ありません。

 

夜、飲み物だけダイエットのやり方

飲み物の種類

ダイエットの飲み物は、ノンカロリーのものです。

カロリーのない飲み物だったら、基本的になんでもOKです。

ただし、夜飲むのでカフェインの入っている飲み物は避けましょう。

カフェインには、覚醒作用利尿作用があります。

眠りの質が悪くなる可能性があるので、ノンカフェインのお茶を選びましょう。

 

ノンカフェインのお茶

麦茶、はと麦茶、ルイボスティー、カモミールティー、ローズヒップティー、たんぽぽ茶(たんぽぽコーヒー)などが該当します。

 

カフェインが含まれている飲み物

緑茶、紅茶、烏龍茶、コーヒー、プアール茶などにカフェインが含まれています。

 

 

飲む量

ノンカロリーだからといって、いくらでも大量に飲んでいいというわけではありません。

大量を飲み続けると、体内の水分量が増えてむくみやすくなり、その結果太ってしまいます。

一般的に1日の水の摂取量は、約2ℓが目安とされています。

夕食と置き換える飲み物の量は、1ℓ以内にしましょう。

むくみの出やす体質の人は、様子を見て量を調整しましょう。

水太りや1日に必要な水の摂取量についてはこちらで説明しています。

関連記事

水で太ってしまったと聞くことがありますが、このことは本当なのでしょうか。水で太るなんて嘘、という説もあります。意見が分かれてしまう2つの意見は、どちらが正しいのでしょうか。 そこで、水で太るのは本当なのか、さらに、1日に必要な水の量な[…]

飲む時間帯

夜なら、どの時間帯でも飲んでいいというわけではありません。

夜遅くに水をたくさん飲むと、水ぶとりになってしまう可能性があります。

ただし、正しく飲むことでダイエットの効果を上げることもできます。

 

就眠前の水は宝水

寝る前に1杯ほどの水分を補給することで、血流が良くなります。

代謝がアップして脂肪が燃焼しやすくなるので、ダイエットにもつながります。

喉が渇いているのを我慢すると、血液がドロドロになり脳梗塞などの病気を引き起こすこともあります。

就寝前に大量に飲んではいけませんが、適量ならOK

水よりも、ぬるめの白湯がおすすめです。

いつもの夕食の時間帯に水を飲み、寝る前にぬるめの白湯をコップ1杯が良いでしょう。

 

 

飲み方

飲み方は簡単です。

水やノンカロリーの飲み物を、夕食の代わりに飲むだけです。

ガブガブ飲むのではなく、ゆっくりと飲みましょう。

常温か温めて飲むと良いでしょう。

冷たいものを飲むと体が冷えてしまい、ダイエットにも良くありません。

水は常温か白湯で、お茶類はホットで飲むといいですね。

 

飲み物を変えて飽きないようにする

飲み物だけなので、色々なお茶を楽しむと良いです。

私は、好きなハト麦茶やたんぽぽ茶を飲んでいました。

その他に、カフェインレスコーヒー、カフェインレス紅茶も飲んでいました。

毎日の事なので、同じ飲み物だけだと飽きてしまいます。

ダイエットを成功させるには好みの飲み物を選ぶようにしましょう。

もちろん好きな飲み物があるなら、それだけ飲んでもOKです。

水ダイエットに興味のある方はやり方をこちらで紹介しています。

関連記事

水ダイエットとは食事をとりながら、水を飲んでダイエットする方法です。ですが、間違った方法で行うと、効果を得られないことがあります。 そこで、確実に誰でも痩せる水ダイエット方法を紹介します。本当に1日水だけ飲んで痩せるダイエット方法です[…]

 

ノンカロリー飲料の注意点

スーパーでよく見かける、ノンカロリー飲料ですが、これ飲んでもいいのって思いますよね。

実は、この0カロリー飲料は、全くカロリーがないわけではないのです。

厚生労働相が定めた栄養表示基準では、100ml当たり5kcal未満であれば「ノンカロリー」と表示できます。

となると、500m当たり25kcal未満で「ノンカロリー」と表記しても問題無いのです。

1日水だけダイエットの場合なら、0カロリー飲料をとっても痩せる効果はありますが、夜だけ飲み物ダイエットの場合はおすすめしません。

どうしても、飲みたい時は1杯程度にしましょう。

たくさん飲むと、痩せる効果が軽減する可能性があります。

 

夜だけ飲み物で過ごすダイエットの注意点

夜は水だけだからといって、朝食と昼食に沢山食べてはいけません。

間食も基本、NGです。

夜までの間に大量に食べては、飲み物だけダイエットの意味がありません。

朝食と昼食は、普段通りの食事です。

空腹を感じた時は、水を飲むか飲んでも太らない食べ物を取りましょう。

ダイエット中に間食しても太らない食べ物はこちらで紹介しています。

関連記事

ダイエット中は食べ物に神経を使いがちです。 空腹を我慢できない時に、ダイエット中でも間食に食べても太らない食べ物を紹介します。 食べない方がベストですが、我慢するとストレスが溜まって暴飲暴食してしまい、ダイエットに失敗してしまい[…]

まとめ

夜だけ飲み物だけ過ごすダイエットは、手軽に誰でもできるダイエットです。無理な食事制限もないので、成功しやすいです。

ただ、朝、昼の食事や間食で、カロリーオーバーしないように気を付けましょう。夜、口が寂しくて、どうしても食べたい場合は、ノンカロリーの食品なら食べてもダイエットに影響はありません。